節分に桜満開! そして 貰い物の恵方巻き
IMG_20170203_130731.jpg
昨日、2月3日のこと。銀座で用をすませて、徒歩で東京駅に向かう道沿いで出会った光景です。
え~っ!!??
さ、桜満開!!?? それも色の様子はまさか、ソメイヨシノ?まさかね~と思って道を渡って駆け寄ると....

IMG_20170203_131001.jpg
近くに寄ってみても花の色と形はべてぃの目にはソメイヨシノと区別がつかない....でも良く見ると、木の根元に「河津桜」というプレートがありました。河津桜開花のニュースは数日前に聞いたような気がしますが、伊豆とかの話だと思っていました。まさか東京駅からすぐ近くのビル街で満開になっているとは。
そして河津桜というともっと色が濃い、ピンクとは言ってもかなり赤い色だと思い込んでいましたよ。こんな淡い色のものもあるのですね。へぇ~。
気温はそんなに低くないはずなのに風のせいで体感温度がえらく低い日が続いていて、人間の体感的には冬真っ盛りですが、何と今日は暦の上では立春です。庭のサクランボの木はここしばらくで芽がかなりふくらみ、柿もそろそろ芽が動き出しているような。植物の世界は着々と春へ向かって動いているようです。

DSCN6813.jpg
風邪がやっと治って二週間ぶりに東京へも行けるようになり、遅れまくりの畑仕事の最初は新しく耕すことになった畑の雑草処理と掘り起しです。まずは最優先のアスパラの植え替え場所の確保ということで、一畝だけですが。
掘ってみて嬉しいのは、写真のとおり、スコップの刃の部分以上の深さまで掘ってもまだまだ下に土の層があること。スコップが立つ!!!と喜ぶ。ま、当たり前と言えば当たり前のことなんですけどね。今まで耕して来たところは柔らかい土の層が余りに浅くて、掘った穴にスコップが垂直に立つという状態を見たのはほぼ一年ぶりなんです。当たり前のことがこんなに嬉しいとは。

そして土が土なのも、一年ぶりの喜び。
そう。土は土だとずっと思っていたのですが、今の家に来て「土」と一言で言っても色々種類があるんだな~と知ったので。明らかに砂成分が多いんです。でも新しい畑は砂砂してなくて。前に耕された方が10年以上も野菜を作られていて、堆肥や野菜くずなど沢山入れて土を作ってこられた結果です。恐らく微生物が活性化した良い土のはず。
ありがたや。

DSCN6814.jpg
1時間ぐらいかけて一畝分、アスパラ用の場所を作って酸度調整用の苦土石灰を混ぜて作業終了です。
新しい場所をどれだけ使うか、そしてこれまで開墾した菜園をどう活用するかについてはまだ検討中。支柱が必要な夏野菜は新しい方にと思っているのですが、折角開墾した今までの菜園も有効に活用しないとすぐに元にもどってしまいそうなので活用せねば勿体ない。

DSCN6816.jpg
永年かけて作ってこられた土をそのままいただいちゃうことになるわけなので、ご挨拶をしておかねば...と思ったので、東京に行ったついでにお菓子を買って、去年まで耕されていたご夫婦にご挨拶に伺ったところ、な~んと、恵方巻きもらっちゃいました。
勿論、ご辞退申し上げたのですが....結局いただいて帰ることに。良いのかな??
いつもいつも持って行ったものよりお返しの方が立派じゃないのか?と思う、この関係。まだ慣れません。

ご自宅で作られた房総半島特産(とは言わないかな?)の切り口が絵になった太巻きです。ラップをしてあったのですが、ラップ越しでもノリの香りが香ってきて食欲そそる。
勿論お味も美味しくて、ぺろりと全部平らげた節分でした。
スポンサーサイト
2017/02/04(Sat) | 街で出会ったおもしろ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
靴下一つ履き忘れた?タキシード模様のワンコに遭遇
sukku
お腹も引き締まりすっくと立ったその姿はまるでタキシード着て正装した紳士犬。
ボディは黒に見える深いチョコレートブラウンの巻き毛。足先と胸の中心に縦長三角の白い毛が。
白の蝶ネクタイつけたら完全にタキシードです。
ま、タキシードなのに靴下が白なのはマイケルだけかもわからないけど...。

向こうから近づいてくる姿があまりに珍しいので、飼い主さんにお願いして写真をとらせてもらいました。
「可愛いねぇ~」と声かけると大はしゃぎ。
飼い主さん曰く「可愛いって言われると、その人にすり寄って行くんですよ♡ はは。」
そのとおり。すりすりすりすり動き回る。なので写真撮るのが難しい....。

tabi
よ~く見ると、3本のあんよには白靴下履いてるのに、右前だけは靴下なし。
お散歩に出かけるのに大喜びで、一本だけ履き忘れちゃった?

正面
お目目くりくり。
よく見るとアゴも白。胸からアゴにかけて見事に真っ白なんですね。
いや~。よくこんな模様に生まれて来たものです。
遺伝子のいたずらは色々ありますが、この模様はかなりのレア度では。
本当はすっくと立ったところを真正面から見ると、胸の白が本当にタキシードの下の白いシャツのようで、それを写真に収めたかったのですが、あまりのはしゃぎように結局とれず仕舞でした。
お散歩途中の見知らぬ方をひきとめてのカメラで、あまりお時間とらせるわけにもいかず、残念。
だっこ
抱っこされた姿はぬいぐるみみたいで可愛い♡

蝶ネクタイプレゼントしたら着けてくれるかな~ (^^)


2013/10/29(Tue) | 街で出会ったおもしろ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
金木犀の通り抜け道 と 消えないシャボン玉
出口
金木犀の芳香の中で書いています。
ああ~、今年も金木犀が香り始めた♡と思ったのは10月4日。すぐに雨降っちゃったけど、まだ若い花だったお蔭か散ることもなく既に1週間経過した今日になっても窓から入る風が甘い香りを運んできてくれます。去年は香りはじめがえらく遅くて、今年は咲かないのかも??と心配したものですが、今年は大体例年どおりの季節です。

写真は川崎市にある東高根森林公園の金木犀。
入場無料の公園なのですが、色んな植物があったり広場があったりで休日をのんびりすごすのにはぴったり。お友達の車に乗せてもらって初めて行ってきました。色んな野の草が観察できるのですが、何と言っても記憶に残ったのは金木犀の通り抜け。
大阪造幣局の通り抜けは有名ですけど、あれの金木犀版?(狭いけど)がありました。上の写真は歩いた後の出口の様子です。
金木犀
通り抜けの途中の様子がこれ。
生垣の金木犀はよくありますが、何がすごいって両脇が金木犀。ずら~っと、何メートルぐらいあるんだろう。かなり長い距離でした。ちゃんと人一人が楽に歩けるスペースをあけて植えてあるので、金木犀の間を歩いて香りを楽しんでください!という企画なんだと思います。
行ったのは10月6日で、まだ咲き始めの頃です。歩いて行くと両脇から甘い香りがぷ~んと。
ああ、何て幸せ♡
これを考えた人はなかなか粋で太っ腹な人です。一年に一度、ほんの一週間程度のお楽しみのためにこれ作っちゃったわけですからね。本当はちょっと遠出して鎌倉方面に遊びに行く予定だったのですが、お天気イマイチだったために行先を近場に変更してこの公園に行きました。たまたま行った先でこんな素敵なものに出会えるなんて。曇り空に感謝です。

フウセン
同じ公園でもう一つであったのがこれ。
シャボン玉。
ピントイマイチの写真ですみません。
色とりどりの玉が見知らぬおじちゃんの口元から次から次へ出現。色とりどりなのに驚いたのですが、よ~く見るともう一つの驚きが。
玉
このシャボン玉の玉は地面に落ちても消えずに数分間、こうやって草や土の上でまん丸のまま輝いているんです。
へぇ~。
初めて見ましたこんなの。
吹いていた方にお尋ねすると、普通に売ってるシャボン玉セットなのだそうです。

そうかぁ~、シャボン玉=はかないもの という定義は今日では通用しないんですね。
2013/10/12(Sat) | 街で出会ったおもしろ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春を捜して野川散歩
菜の花
ふと思いついて野川を散歩。

野川沿いは車の入らない歩道が整備されているので恰好のお散歩コースです。それに川に降りる出入り口も所々あいているので、一段降りて水のすぐそばを歩くことも可能なので、わんちゃんのお散歩されてる人が多い。
行きかうわんちゃん見物も楽しめます。

毎年、一月中旬には咲き始めるご近所の梅の木もまだ花の気配がない今年。川べりに降りて行っても花はないだろうなぁ....と思いつつも、こんなに寒いのに水にぷかぷか浮いてる鴨の姿に魅かれて降りていくと、おお~、土手と地面の境界線に沿って菜の花が沢山。
春真っ盛りになるとあたり一面、菜の花畑になるのに、境界部分だけ咲いてるということは、そこだけ風が当たらなくて温かいのかも。まだ若い菜の花の可憐な淡い色にうっとり。

ぶらぶらしてると視覚の端をかすめて飛んでいく青い鳥あり。
おお~!
噂には聞いたけど、初めて見ました。きっとあれはカワセミ。
こんなに寒いとさすがにいないけど、望遠レンズのカメラ構えた人が常に狙ってる姿。なかなかお目にかかれぬ鳥なのでラッキー。でも一瞬でした。巣はいずこ?
わんこ
出会ったわんちゃんの中でべてぃが一番可愛いと思った子の写真、お願いして撮らせてもらいました。
レッサーパンダ似のこの子。
後ろから「僕も撮ってよ」と首を伸ばす子もぬいぐるみのような真ん丸お目目が可愛い♡
リードなしでも道草なんかせすにご主人さまの後ろをしっぽふりふり、嬉しそうについて行く二匹。
かわいい~。
こういう子に会うとべてぃもワンコを飼いたくなります。でもマンションじゃ無理ね。
ume
ベランダの白梅は今にも咲きそう。でも咲かない。そんな状態で数日経過です。寒いのね。
2012/02/12(Sun) | 街で出会ったおもしろ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
港横浜は風車の街?
すずめ
ブロッコリーを紐でぐるぐる巻きにして以来、ひよどり軍団の訪問もなくなったべてぃのベランダ。
今朝見るとぷっくりふくらんだスズメが日向ぼっこしてました。
そ~っと近づいてガラス戸+網戸越しに写真を。
小鳥って落ち着きなくいつも動いてるのに、真冬の日向ぼっこの最中は動きが緩慢。シャッターチャンスです。
かなり羽ふくらまして温かい空気を体にためてるのね。

昨日は出かける用意をしている最中に二度の地震。
震源地は富士山付近。震度5弱。ひぇ~。

東京に住むようになって地震は頻繁に起こるし、特に去年の大震災以降は頻度も上がってるので、ああ、またか~と思うしかないんだけど、昨日のように数分しか間をおかずに同じ震源で二度連続の地震は珍しい....びびりました。
実は昨日は横浜、みなとみらいに用事があって出かける準備中。
あえて震源方面に向かって近寄る、それも海は目の前の埋立地に行って良いのか.....?
To go, or not to go. That is the question.

小心者べてぃは真剣に悩んだけど、いやいや行かねば。気を取り直してでかけました。
これで出かけるのをやめてたら、向こう4年以内に大地震に見舞われる確率70%などという恐ろしい場所に住んでいることはできないし。

風車お昼食べつつ、良い天気だなぁと空を見上げて目に入った風景の中に何か違和感のあるもの発見。

ん?こ、これは.....。
デカい扇風機がビルの上にのってる?

拡大拡大してみるとこんな感じ。

しばらく観察。
そうか!風車だ!内側のプロペラはぐるぐる回る。外の輪っかもどんどん向きを変えて風をとらえている様子。
さすが横浜、海辺の街。風が強いのですよ。
コンタクトレンズで行くと、かなりの確率で目にゴミ入って泣くはめになるぐらい。

風車こちらはベイブリッジ横にある巨大風車。
遠くから見ても勢いよく回る姿を見ていると ばすっばすっ という音が聞こえてくるような気がする。

以前、住宅展示場に行った時、エコ住宅の設備で家庭用風車を展示している会社がありました。
「音、うるさくありませんか?」と直球質問してみると、なんと素直に「はい。かなりうるさいです。」って。
プロペラ直径80センチぐらい、200万円ほどの外国製の小さいもの。
取り付けてから音問題が発生すると困るので正直に言ってるらしい。
環境問題に興味ある人が購入されるはずで、つけた人は我慢するしかないけど、ご近所の人は困っちゃいますよね。

ビルの屋上に風車ついてるのってどんな感じなんでしょう?
ビル内で働く人は具合悪くなったりしてないのかしらん?微妙に振動は伝わってると思うのだけど。

風力発電が普及しないのは音問題、低周波が原因の健康被害の問題がクリヤーできないから。住宅街じゃない、それも結構高いビルの屋上につけるのなら人が住む空間とは分離できるわけだし、ビルの屋上は活用されてないケースがほとんどだから効果あるんならバンバン風車建てちゃえば良いのに。
ま、同じやるなら太陽光パネル敷く方が効率良いのでしょうか。
原子力発電に頼らず電力確保の手段、まだアイディアはありそうだなぁと思った横浜訪問でした。
地震は朝の二回だけで何事もなく我が家へ帰宅。
行って良かった。




2012/01/29(Sun) | 街で出会ったおもしろ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
表参道に雪だるま
ゆきだるま
用事があって表参道へ。
道端でカメラ出してる人だかり発見。勿論、寄って行く。
おお~、雪だるま。
え、べてぃの家のあたりではまだ雪降ってないのに、表参道にはこんな等身大の雪だるまできるほど雪降ったの???そんな馬鹿な。

よく見るとここは新潟物産館の隣り。
おそらく新潟から雪を持ってきたのに違いない。
融けちゃったのかな....赤い方の口が曲がってるのはご愛嬌。
東京でこんな大きな雪だるま見るなんてことはないもんね。珍しいもの見せてもらってありがとう。雪国に行きたくなりました。

箸
もう一つ、表参道で見つけたもの。
箸専門店の店先にあった「東京スカイツリー箸」。ほぉ~、確かにスカイツリーだわ。
でもでっぱりが邪魔になって豆はつかめないかも...。
スカイツリーの経済効果はこんなところにまで。

それにしてもこの箸屋さん、ずいぶん前からあります。
ホンマに箸と箸置きだけの店。それであんな賃料の高い場所で商売成り立ってるってすごい!と前通るたびに感心するお店の一つです。
久しぶりに入ってみました。
いくつか持ってみて、おお~この箸はなかなか良い!と思ったもののラベルを見たらなんとそれは黒檀。お値段は....目が飛び出ました。やっぱここは表参道。
2011/12/28(Wed) | 街で出会ったおもしろ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
サザンカ サザンカ 咲いた道~
さざんか
寒くなってきました。
花が少なくなった季節だけど、近所のマンションの生垣はただ今満開。
サザンカ サザンカ 咲いた道~と思わず歌っちゃう。
べてぃの好みの花は小さく可憐で風にそよそよ~っと揺れる花。なのでボタンとか菊のようにどかっと存在感があって大きい花はあまり目に入らないんだけど、この寒空の下で鮮やかな蝋細工のような美しさで咲くサザンカにはやはり目をひかれます。
ちょっと人工的なこの鮮やかさ。近くで見てもあまり水分とか感じない作り物のような花。
落ち葉
道は落ち葉でいっぱい。銀杏の葉っぱが分厚いじゅうたんになってる道は写真撮ろうとしゃがんでみるとプーンと違和感のある臭いが....ギンナンの臭い。く、くさい。
ギンナンは美味しいけど、種のまわりの果肉がくっさいんです。
種
そして駅への道を楽しませてくれているハリセンボンの実が熟してとうとうパッカリ割れてるのに遭遇。
おお~!
黒いゴマみたいなのが種。そして白いほわほわしてる綿は種にくっついていて、風に吹かれて遠くに飛んでいくためのもの。種一個つまんで採取して飛ばせてみたいけど、何せよそのお宅のものだから泥棒はできず。飛んでいく瞬間をこの目で見たい....観察の日々は続きます。
2011/12/16(Fri) | 街で出会ったおもしろ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
お散歩わんこのおしゃれ
shoes
浅草での信号待ちで出会ったワンコ。
ん?んん??
おお~、きみ、靴はいてるじゃないの~。
可愛いし珍しいので、飼い主さんにお願いして写真撮らせていただきました。
信号待ちの短時間ではこっち向いてくれなかった。残念。

2年ほど前の真夏にべてぃの家の近くでもお目にかかったことがあります。
その子はチワワ。ピンクのお洋服着てるのに合わせたのか、ピンクのスニーカーはいてました。写真の子はすぽっと履いて口を締める形のようだけど、その子は見るからにスニーカーの小ちゃいので、紐がアクセントのデザイン。靴履いてるからかどうかは?だけど、なんだか歩きがぎこちなかった記憶が。

初めて見た靴ワンコはあまりに印象的だったので、早速ヨーキーを息子として溺愛しているお友達にメールしたら「小型犬はアスファルトの上を真夏に散歩したりすると、足を痛めるから靴履かせるようにお医者さんからは言われるけど、うちの子は履いてくれない」との返事が。
なるほど。

灼熱地獄東京の真夏のお散歩は夕暮れ時でもアスファルトは相当の高温のはず。きっとべてぃがやったら一発で足の裏大やけどに違いない。
最近のワンコは家中犬が多くて、外歩くのはお散歩の時だけだから余計にダメージが多いはず。でもやっぱ靴履くのはいやなのね。
お友達の家の子はずっと服着てるから、シャンプー終わってしばらく裸(なのか?毛皮着てるけど....)にしておくと、「何で服着せてくれないの?」ってな感じで居心地が悪いらしく、服せがみます。でもその子も靴は履きたくないんだ....。一度履いてみたら病みつきになりそうだけど。

浅草で会ったワンコは服は着てないけど、四つのあんよに靴履いて、しっぽふりふり堂々と歩き去って行きました。素足で歩いているのと同じ動き。夏だけじゃなくて、冬も裸足は寒いよね~。それにお散歩から帰った時に、あばれるのを押さえて足拭くよりも靴脱がす方が簡単そうだから飼い主さんは楽じゃないかな。
前に会ったチワワはなんだか歩きにくそうだったけど、あれはサイズが合ってなかったかまだ慣れてなかったかですかね。
2011/12/13(Tue) | 街で出会ったおもしろ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
空に楽譜が
楽譜
ただ今東京は4時も過ぎると既に夕暮れ時。
夕暮れファーマーのべてぃは4時ごろからのこのこと菜園に出かけていくので、マンションの階段下りる最中にはこんな風景にお目にかかります。

楽譜になったお月様。
これは3日前の様子。

一昨日は皆既月食。11時過ぎから40分ぐらい月は輝きを失った不思議な玉に変身。
べてぃはベランダで見学。でも寒いし、月は真上に。見続けるのは首にくる....。
短時間だけど観察しました。こんなに月食をじっくり観察したのは生まれて初めてかも。
普段の輝く月はべてぃの持っている8倍の双眼鏡程度では平面的に見えるけど、月食の月は不思議に立体的でこちらに迫ってくる感じ。ああ、やっぱ球体なんだなぁというのが感じられました。持ってるコンパクトカメラでは撮影できず。残念。

楽譜2こちらは浅草で見かけた楽譜。

記号は鳩。

スズメよりかなり大きいので迫力ある風景。
しか~し、下を歩く時には要注意です。こんなに並んでると結構長い時間、真下を歩くことになるから。

枯れ木と月
まん丸お月様がコラボするのは電線のみならず。
葉っぱの落ちた大きな木を通してみるお月様はまた格別の味わい。
冬の景色です。
2011/12/12(Mon) | 街で出会ったおもしろ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ハリセンボン空を飛ぶ
hari
ハリセンボンの軍団が頭の上を泳いで行く.....しか~し、ここは道端。
ここしばらく通りかかるたびに気になっていたあるお宅の様子です。
水もないのにハリセンボンぷかぷか泳ぐ。

駅に向かう通勤路で人通りの多い通りの道端なので、きっと「これ、なんですか?」と尋ねる人が多いのでしょう。最近手書きのラベルが登場。それによるとこれは「フウセントウワタ」という名前のようです。
はりせんぼん
寄ってみるとこんな感じ。
ね、フグもしくはハリセンボンそっくり。
これは実?まさか花じゃないよね。
わかんない~。
ってことで、ここまで書いて検索してみました。インターネットって本当に便利。

何でもこれは「ガガイモ科フウセントウワタ属」。アフリカ、アラビア原産。
なに、レディーガガ....違うか。ガガイモなんてものがあるなんて初耳。芋なの?
これは実だそうな。ランのような立派な花が咲くらしい。きっと夏には花が咲いてたんだよね。でもべてぃは全然気づきませんでした。よく通るのに。要するにオモロイもの、珍しいものにしかセンサーが働いてないってことやね。ははは。自分の行動傾向を一つ自覚。

実は熟すと中から綿のような繊維をつけて風で飛ぶ種ができるとのこと。興味津々。
ハリセンボンが割れる日を目撃するまでは駅に行くときはこの道通らなきゃ。
ふふふ~ん。駅までの道が楽しくなりました。
2011/12/03(Sat) | 街で出会ったおもしろ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
大仏?
大仏美容室
恵比寿ガーデンプレイスに行くとべてぃは必ず三越の陶磁器売り場を見て回ります。
作家物の素敵な器が沢山。それに器以外にも素敵な和風の食卓回りの小物が沢山あるのです。器はもちろん買いません。時々ふらふら~っと気を失ってレジに行っちゃうことあるけど、気を失わないよう努力してます。なんたって自分で作るものだけでも台所満杯状態なので。素敵なプロの作品を見て次につくる参考にする。陶磁器売り場に行く目的はこれ。

ただ今シーズンものの土鍋やお正月グッズが色々あって、ほほぉ~、土鍋の取っ手はこんなスタイルもありやね!とか色々発見が。恵比寿は外国人が多いので、外国人にうけるおしゃれな和風グッズが多いので、着物や帯の布でつくったものも。今回はお正月グッズは帯地のテーブルセンターとか色々あって布もののアイディアも参考になります。

ふむふむ.....と見て回ってると.....むむ、これは何じゃ??
マツケンが三つ?
それも頭の部分だけなんだか脳みそ露出状態というか、ぶつぶつがぎゅっと圧縮された素材でちょっと気持ち悪い。
後ろの箱を見ると「笑う大仏 怒る大仏 悟る大仏」とある。
あらぁ~マツケンじゃなくて大仏なんだ。でもべてぃの目にはマツケンにしか見えないけどなぁ。

そして上の棚見ると、こんなものが。
まつけん
ひぇ~。
そうか!これだったんだ。
頭の気持ち悪いぶつぶつはびっちり埋め込まれた種。
水やってるとその内、こんな立派な髪?が生えてくるらしい。怒る大仏だと「怒髪天をつく!」になる。

記憶の底から大昔の記憶が蘇る。確かバブルの時代ぐらいに同じようなおもちゃが流行りましたよね?
その時のものはもっと小さかった。それにもっと可愛くて頼りない顔したものだったはず。
頭に芝のタネが埋め込んであって毎日水やりしたら髪が伸びてくるから、散髪して色んな髪形にカットして楽しみましょうって。結構テレビでも話題になったし、小物屋さんなど至るところで売ってたから周りにも買った人多かったはずです。

20年ぐらいの時間を越えて、インパクトを増した形で再登場ですか。
それにしても何故に大仏?
カットしてもこんなストレートヘアじゃぁラホツはできないし。
それにどう見てもマツケンなんだけど。しつこい?へへ。
2011/11/29(Tue) | 街で出会ったおもしろ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
シャンデリア輝くクリスマスの景色
シャンデリアシャンデリアが煌々と輝く。

さぁ舞踏会が始まる.....じゃなくて、ご存じ恵比寿ガーデンプレイスのクリスマス名物です。
今年は1月9日まで飾られているとのこと。

何度見てもこの豪華さはすごい。
なんとこれはバカラ社製。
グラス一個だけでもウン千円から万円。それがこれだけになると.....いくらするんだろう?と超現実的なべてぃは思わず口にしたら、隣りにいたお友達に夢がないと指摘されました。おっしゃるとおり!はは。

バカラのシャンデリアとしては世界一のサイズらしい。ほぉ~。日本が景気が良かった頃のお買いものだわね....いつの話だっけ??と思わず遠い目になる。そんな時代もありましたねぇと、遥か昔の物語。
下から
下から見るとこんな感じ。
う~ん。やっぱ気分はマリー アントワネットやね。フェルゼンはどこ?
最近暗い話題ばかりだけど、こうやって豪華で美しいものを見ると日常を忘れて気分が盛り上がります。
べてぃは人ごみが嫌いなのでこういうイベントにわざわざ出かけたりしないけど、やはりこういうの、良いですね。

大学時代のESSの同期の忘年会で行きました。
卒業してから既に○○年。大学は広島なので西日本出身の人たちばかりなのだけど、仕事や結婚で関東に住んでいるメンバーで時々集まります。内一人はただ今バンコク赴任中で洪水被害と戦っているのでメンバーは一名減の4人。○○年もこういう関係が続けられているのは本当に有り難いものです。

最近の大学生はいわゆる就活苦のせいで大学時代にとことん自分のやりたい勉強をするとか、大学生活を楽しむとかなかなかできない様子。それって辛いです。大学時代は子供でもなくかと言って大人とも言えず。その端境期に色んなことを体験し学び、仲間をつくり、楽しむ。それ以前にも以降にもできないことができる時代のはずなのに....。べてぃにとってあの時代からの友人は利害関係もなく、ただ単純にあの心底楽しかった特別の時間を一緒に過ごした仲間。今は生活環境は全くバラバラになっているけど、集まると○○年の時間が消え去ってあの時代にタイムスリップするような不思議な感じでとても楽しい。人生それぞれ色々あって辛い時期もあるけれど、ずっとこういう関係を続けられたら良いなぁ。
>ツリー
恵比寿ガーデンプレイスの装飾はシャンデリアだけじゃなくて全体にクリスマス一色。
ツリー
夜になるとこんな感じに。なかなかです。
2011/11/27(Sun) | 街で出会ったおもしろ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
築地でこんなもの見つけました
こんぶ
東京に住むようになって既に15年以上もたっているのに未踏の地だった築地場外市場。
初体験してきました。

まずは腹ごしらえ。勿論お寿司。そして後はぐるぐるお店をめぐる。うむむ。こんなに面白いところに何故今まで来なかったのか....歌舞伎座、新橋演舞場には相当の回数行ったことがあるのに。すぐ近くなんです。

海産物の他にも色んなお店が。有名なテリー伊藤の実家の卵焼き屋さんの周辺には他にも卵焼き屋がいくつもあって、どの店も試食の卵焼きが出てました。卵好きべてぃは各店試食。
築地で売ってるのでおそらく寿司ネタを前提なのか、もしくは東京風のは「だし巻き」と言っても必ず砂糖が入っているものなのか。西日本で育ったべてぃとしては砂糖抜き、出汁の味で勝負してる卵焼きが好きなんだけど、それはないみたいです。そして一口に卵焼きと言っても各店かなり味が違うのを発見。テリー伊藤のお店のが一番甘かったような。

お土産一つ目は卵焼き。「松露」というお店の紀州梅干し入りと鶏そぼろ入りの小さいサイズを購入。
テレビで、色んな具を入れた卵焼きを築地で始めたのはこのお店ですって紹介していて美味しそうだったので。卵焼きと言ってもプレーンなもの以外に各店それぞれ工夫をこらした具が入ったものが沢山ありました。季節限定豪華マツタケ入りとか、鴨入りとかも。

そしてお土産二番が写真のこれ。
この不思議なものは何だろう?...ラベルを読んで納得。おお、これは優れものではないか?と即購入。
昆布で出汁をとるとき、切れ目を入れた方がよく出そうなのでハサミで切ってました。でも勿論こんなに細くカットなんてできないから、気持ちだけ。こんなに見事に切れてたら、きっと効果絶大。いや~ぁ、良いもん見つけちゃいました。
売り子のお兄さんによると、昆布はずっと煮てるとねばりが出るので、出汁が出たらいったん引き揚げて、仕上げに昆布を具として戻すと良いよ~って。この昆布なら食べるのも容易そうです。

でも実はその効果よりもどうやってこの切れ目を入れたんだろう?という方に興味が。
勿論機械でカットだけど、両脇は残しつつ真ん中だけこうやって刃にあてるのはきっと人間がセットしてるはず。うむむ。ご苦労様です。大袋で850円だったから、普段スーパーで買ってる普通の昆布より安いのに。

そしてついでに市場隣りの名前はよく聞くけど行ったことのない築地本願寺へも。
本願寺
その姿を見てびっくり。
ん?んん?  これってイスラム教の寺院か何かじゃないの?

本願寺中中の様子。写真には写ってませんが、反対側にはパイプオルガンもあるし。

内装は和風建築の要素を取り入れたキリスト教の教会。和と和じゃないものが良いバランスでマッチした素敵な空間です。
これはいったいどういうこと??...と説明書を見てわかったことは、この建物は古代インド仏教様式の建築なのだそうです。関東大震災で本堂が消失し、再建の時にこの姿になったとか。京都の西本願寺の別院。そういえば天井とライトは本願寺と同じような。
こんな様式のお寺建てちゃうなんて、仏教は懐が深い。
2011/10/25(Tue) | 街で出会ったおもしろ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
夏の名残の朝顔は茶花の風情
朝顔
時々通る細い道沿いのお宅の壁に淡いブルーの朝顔が一輪。
なんと美しい。

東京にはよくある狭小敷地三階建で、同じようなお家がいくつも並んで建ってる中の一つの壁の様子です。花を植えるスペースはほぼゼロなので、立体を活かしてみようという発想?べてぃだったら一株だけじゃなくて、どうせやるならと沢山の株を植えてしまいそう。一株だけというのが潔く、この空間と花の関係は一株だからこそできるもの。なかなかの上級者です。

夏の名残の一輪の朝顔は姿も色も楚々として、ガルバリウム合金の無機質できりっと冷たい印象の壁を背景に得て、余計なものをそぎ落とした美しさ。しばらく足をとめて見上げてました。
茶花の風情。

朝顔
2011/10/22(Sat) | 街で出会ったおもしろ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
白い曼珠沙華が
曼珠沙華白
近所のお宅の庭先に白い曼珠沙華を発見。
白いものは珍しいです。美しい。こうやって見るとユリのよう。

「曼珠沙華」と言えば山口百恵....確か まんじゅしゃげ じゃなくて「まんじゅしゃか~」と歌ってたはず。この白い花は彼女の最後の舞台のヘッドドレスを思い出させます。舞台に白いマイクをそっと置いたのは何年前?っていうか何十年前か....。

最近よく見る保険のCM?の岡田奈々があまりにすてきなおば様になっていてびっくり。岡田奈々....しばらくテレビで見なかったからべてぃの頭の中にある彼女は可憐な若い女の子の姿のまんまなので、ギャップがあまりに大きくて。年齢がわからないけど確かピンクレディーと同じぐらいのはず。ピンクレディーは今も昔と同じ衣装で舞台で激しく踊ってるのと対極的。初めてあのCM見たとき、「ああ、八千草薫の路線を継ぐ人が出てきたなぁ」と思いました。
同年代でもピンクレディーあり、岡田奈々あり。
昔と違って女性にも多様な生き方、多様な素敵さが肯定される現代社会は良いなぁと思います。
ミックス
こっちは赤白ハイブリッド。
赤
そしてメジャーな赤。つけまつげのごとき上向きカールの雄しべが美しい。
柿
近所の柿の木。緑の実の中にほんのり柿色に変身中のものを発見。
曼珠沙華も柿も秋を告げる植物。気が付けばもう9月も下旬に入ってるんですもんね。

今日の東京は台風15号接近中の影響で雨。昨日は名古屋で100万人以上に避難命令、避難勧告が出たというニュースに驚きました。100万人という数字はあまりに大きい。都市災害というのは発生すると被災人数が莫大になるんだということに改めて気づきました。15号、勢力強めて接近中。何事もありませんように。
2011/09/21(Wed) | 街で出会ったおもしろ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
日本橋散歩でもじゃもじゃビルに遭遇
日本橋昨日は用事で日本橋へ。
最近日本橋付近は新しいビルが増えて話題の多い場所です。

三越前駅到着。ご飯食べてないぞ~!余裕は30分...で思い出したのは「だし場」。三越向かいにできたコレド室町ビル一階に、鰹節のニンベンが出したお店。かつおでとった出汁を一杯100円で飲める出汁bar。テレビで何回か見ました。出汁そのものだけじゃなくて、確か軽食もあると言っていたような。

行ってみたら、あったあった超ファストフード。ランチセットは味噌汁+削りたておかかがご飯にのったおかかご飯500円のセット。かつおだしの味噌汁は3種から選択。ごはんもおかかご飯以外におにぎりもチョイス可能。
べてぃはナメコ味噌汁+鯛飯おにぎり→520円をチョイス。
立ち食いです。お店はビル一階入り口なので、食べてる脇を人がどんどん行きかう。
ま、最近東京では電車の中で立って食べてる人見ても驚かなくなってるし、立ち食い立ち飲みの店も激増。人の目がすごく気になる人は無理かもしれないけど、皆平気でぱくぱく。なんたって注文から食べ終わるまで10分。超ファストなのにハンバーガー食べたりするのに比べて健康的なのはナイスです。
近隣にお勤めなのでしょう、男性サラリーマンが沢山お昼食べてらっしゃいました。

お味は...ナメコ味噌汁はこれでもかというぐらいナメコたっぷり。でもせっかく出汁barで食べるんなら出汁そのものにした方が削りたて鰹でプロがとった出汁が、スーパーで買った鰹節で自分でとったものとどれだけ違うか比較できたのに....べてぃの選択ミスでした。
ま、また来ればよろしい。

お昼がファストだったのでもうちょっと時間がある。ということでだし場の隣りの金沢の金箔会社のお店を見学。金箔を使った素敵な器やアクセサリーなどいろいろ並んだ中でべてぃが驚愕したのがこれ。
金な、なんと上面全部を金箔で覆われて光り輝く金つばとラスク。お菓子です。
ひぇ~、食べたら金歯になる。イカ墨スパゲティと同じ類の食べ物発見。
むむむ。すごい。金は食べても味はないらしいので、自分用に買うことはないなぁ。でも一箱確か1200円ぐらいなので、超どインパクト手土産としてはありかも。都心に来ると普段は目にしない発見があって面白いわ。

そして用事が済んだ後は小道に入ったりして近辺をチェックしながら東京駅へ。徒歩10分ぐらい。
途中で写真の日本橋を渡ります。今日本橋は高速道路の下に隠れてるので、言われなきゃこれがあの浮世絵にもなってる日本橋とは思わない....べてぃが渡ってる時ちょうど橋の下にある船着き場に船到着。どうやらガイドさんのついた観光船のよう。へぇ~。船で回る東京観光ってあるんですね。
船の上に天井のように見えるのが高速道路。川の上をふたするように走ってます。
船
お江戸にっぽんばしを越えててくてく。
するとこんなもじゃもじゃビルがそびえ立っててびっくり。
ぱそな
なんだこりゃ?随分遠くからかな~りの違和感かもしてました。目立つことこの上ない。ビルの壁が一面木に覆われてます。草屋根の家は知ってるけど、壁面を木に覆われたビル見たのは初めて。おお~。
窓
近くでズームしてみるとこんな感じ。ツタとかじゃなくて、枝が突き出てる木に見えます。
入り口見ると「PASONA」。ああ、パソナのビルなんだ。確か中で水耕栽培で稲とかレタスとか育ててるビル。ここにあったんだ....。入ってみたい誘惑にかられたけど、先を急ぐので断念。近いうちに。
べてぃのような植物好きにはたまらないビルです。でもあんなに窓を覆われちゃったら、中、暗いよね。
それも茂ってる窓と枝振りが良くない窓があったりして不公平感もある。
働いてる人はどう思ってるんだろう...。
2011/09/16(Fri) | 街で出会ったおもしろ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アンコールワット化した家にど根性が!!
緑の家
住宅地の中のお蕎麦屋さんへ行く途中で見つけたお家。木造一戸建てのはずなんだけど、見事にアンコールワット化。東京にこんなになるまで打ち捨てられたお家があるんだ.....それにしても見事であるなぁ~と感心して見てると......ん?あ!!こんなところにもど根性植物がいるじゃん!写真左下の一本の木。これは紛れもなく池袋でべてぃが観察を続けているど根性植物と同じ。こんなところにもいたかぁ.....。この子もテンソク?
確認したいと思ったけど、残念ながら家の周囲は壁でぐるりと囲まれてたので足元見ることできませんでした。

そして池袋のど根性くんには異変が。

ど根性散髪木曜日はお裁縫教室の日。ここのところ毎週行ってるので、7日ごとにど根性植物成長観察継続中。
写真は8月11日のものです。
「あれ、ど根性がいなくなってる!!」と一瞬思いました。よく見るといるにはいるけど枝を落とされてヤセギスボディに変身。

ひぇ~。大胆な散髪。しかもカットした枝葉は片づけられもせず道に放置されてしなびてるし。カット後しばらくこの状態で放置されてた様子。
どうういうこと??「P]の看板でわかるとおりここはパーキングの入り口。邪魔だから根本からカットされたならわかるし、枝が邪魔だからそこだけカットしたっていうならカットしたものは片づけると思うんだけど....。行きも帰りもこのまんまでした。

中途半端そして一週間後。さすがにカットした枝葉は片づけられてました。でも何故こんな中途半端に下の葉っぱ、それもいたんじゃって見栄えしなくなった枝を残したんだろう?持ち主(育ててる人?)が管理の一環として剪定したのなら、下まですっきりカットするよね。
もしかすると通りすがりの誰かのいたずらだったりして......。だからテキトーにカットして、ゴミがそのままになってたんだったらわかる。うむむ。謎です。

それにしてもあまりにもしょぼい姿になってしまったど根性くん。こんなに葉っぱてっぺんだけにされて大丈夫なんだろうか。
これじゃカッパの傘じゃん。
2011/08/23(Tue) | 街で出会ったおもしろ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アンコールワット化進行中
ロッカー時々通る道沿いの野菜無人スタンドです。

昔は普通の無人スタンドのように、単なる屋根付きのテーブルに野菜が並べてあったのだけど、ある日突然最新設備化。冷房機能付きロッカーです。

無人スタンドって農家の方が朝収穫した野菜を並べてそのまま置いておくと時間がたつと野菜たちはぐったり。特に夏は葉物はすぐにぐったりするから売れ残りも多いはず。自分家の庭先のお店ならマメに商品補給するという手があるけど、このスタンドのそばにはお家はないので、代わりに機械化を断行されたのでしょう。
それに無人スタンドってお金払わずに持って行っちゃう人も多いみたいだから、その防止の意味もあるはず。それにしても相当な投資のはずです。すごいなぁ。

買う時は窓の外から中身を吟味してコインロッカーと同じくコインを入れるとドアが開きます。何度か買ってみたらやはり夏はひんやり鮮度も維持されていました。

でもここ2年ぐらいは通りかかっても中に野菜が入っているのを見たことがありません。べてぃの近所は東京とは言ってもまだ畑が残っている地域。でも農家の高齢化は進んでいるから、このスタンドの持ち主の方も畑をやめられたのかも。残念です。

以来しばらくただの道沿いの風景として気にも留めない存在になっていたのだけど....何故か今日は視覚に訴えるものが。何?何だか前と違う...そう。ロッカーの中に何やら緑の物が。見ると青々美しい葉っぱが中に。それも真ん中の一列、最上段を除いて全部の窓に。
うむむ。最近錆びてきてちょっと汚くなってきたから模造品の葉っぱを飾りにしてみたのかしらん??でもそんな飾りつけても何の意味もないような...と、間近によってじっくり見ると。ありゃりゃ。こりゃ、プラスチックの葉っぱじゃなくて、本物の葉っぱだ。
無人スタンド
回りを見ると、ありました。同じ葉っぱ。

隣の空き地に今が盛りと茂ってる葉っぱ。窓から見えるということは...機械の隙間から侵入した枝がにょろにょろ伸びてただ今6段のロッカーの5段目まで到達。残すはあと一段。ひぇ~。
ど根性植物はこんなところにも!!

持ち主の方は気付いていらっしゃるのだろうか??放っておくと機械、壊れるよね。
連絡先がわかれば報告するんだけど。連絡先不明。

ここは東京。それも通勤時間帯には列をなして毎日沢山人の行きかう道沿いの最新設備でさえも、マメに手入れしないと自然にのみこまれちゃうんですね。
無人野菜スタンドのアンコールワット化だ。

アンコールワット数年前アンコールワットで撮った写真です。
立派な建造物が人間が住まなくなって打ち捨てられ、ジャングルにのみこまれたまま長い間忘れ去られていました。結果がこんな状態。巨木の根っこに建物が呑みこまれてます。写真では見たことあったけど、実際に現地に行ってみると「ああ、自然の前に人間は小さい」と心底思いました。

今日は長崎の原爆の日。
原爆投下は戦争終結のための正しい手段だったというアメリカ人は多いです。
そして原発は安全だと言い続けて来た日本の政治家や科学者。
すべてを自分の手の内でコントロールできると錯覚してしまった人間が多いのかもわかりません。
原発のことだって、事故が起こってみて初めて真実を知って、こんなよくわからないものをきちんとした体制も整えないまま、安全だと言い張って進めて来たんだと唖然としました。

人間は全知全能ではないし、自然の前には本当に小さな存在です。人間が越えることのできない大きな力に対する畏怖の気持ちを忘れてはいけないということ、そして人間が手を突っ込んではいけない領域があるのではないか?ということを、この特別な日に改めて考えるべきではないかと思います。
2011/08/09(Tue) | 街で出会ったおもしろ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ど根性植物 続報
花
夏に咲く黄色い花。4,5年前のある日、忽然とべてぃのベランダに現れました。
どこから来たんだろう...。種は大きいから風では飛べない。ということは鳥が連れて来たのかしらん。花が終わると黒い種が出来るので、それを植えると球根ができて夏の間この可憐な花を咲かせます。球根は植えっぱなしで毎年咲くし、種で増やすのも簡単です。。姿は可憐だけど、どこからともなく現れてどんどん増える、ど根性系です。
ど根性2池袋のど根性植物、新しい株を発見。一番最初に見つけた子の隣の家の前にもいました。足元は...まさかコンクリート割ったのは君じゃないよね?何で好き好んでこんな隙間に?
ど根性

ど根性3前にこのブログで紹介した巨大など根性植物はべてぃの背丈を遥かに超えて、葉っぱもこんなに巨大。さわってみました。おお!予想外の手触りにびっくり。こういう大きい葉っぱは大体ごつごつ硬いのに、この葉はやわやわ。手触りは高級ビロード...というより高級ティッシュの「鼻セレブ」的柔らかさ。思わず頬ずりしちゃいそうな気持ちよさ。でも正体がわからないので頬ずりしてかぶれちゃったらまずいので、がまんがまん

そしても一つ新たな発見が。
こんなところにもど根性植物が...それも池袋のよりも巨大。
近所のど根性
これは池袋からかなり離れたべてぃの住んでいる街の写真。
ビルと隣の駐車場の壁の間の隙間はエアコン室外機の奥行きギリギリしかない超狭。その隙間に生えてます。壁はこの高さだから、大きくなるまで隙間の土地には日光もささなかったはずなのに。どうやってこんなに巨大に育ったんだろう...もしかするとお日様ささなくても光合成ができる特殊体質?そんな植物ないよね。

今まで見つけたど根性植物は5株。全部、極狭隙間に足をむりやり突っ込んだ恰好で大きく成長。
あんな極狭隙間に生えて、巨大化できるほどの生命力があるんだから近くにある空き地はど根性植物の森になってるのでは?こりゃ東京はど根性植物に占領される日も近いかも...と心配半分期待半分、池袋でもうちの近くでもチェックするんだけど...今のところど根性の姿はゼロです。
おかしい。
もしかするとど根性くんは「俺、てんそくされないと生きてられないんっすよ~」ってな特殊体質なんでしょうか。
謎はどんどん深まる。花の気配もゼロだし。
2011/07/25(Mon) | 街で出会ったおもしろ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
これぞ正真正銘、銀座の看板猫
顔
先日の歌舞伎の後、ぶらぶら歩いて銀座三越方面へ。
中央通りに突き当たったところに人だかりが出来てる。皆さん、何だか空に向かって携帯構えて写真撮ってる様子。何があるんだろう...?と、寄って行くと、あらら~毛並み美しく、お顔も凛々しい美猫がいるじゃないの。
銀座に猫?
きっと露地に入って行くと銀座だって野良猫はいるはずだけど、表通りのこんな場所に猫がいるなんて初めて見ました。日本一地価の高い鳩居堂は目と鼻の先。もしや君はどこかの高貴なお猫さま?

猫それもいたのはこんな所なんです。
自分の体の幅ぎりぎりの狭い看板。衆人環視の中、全く臆することなく凛々しい姿。じっと空を見つめるその顔は青雲の志を抱く若者。良い顔してます。

これぞ正真正銘、「銀座の看板猫」。

地上から2メートルぐらいの高さで、歩道に一本脚で埋め込まれている金属製の看板。上から飛び降りてくるようなものも周囲にはないのに。どうやってここに登ったんだろう?不思議です。
まさか人間のいたずらじゃないよね。ま、怯えてる様子も全くなく、悠然とした姿には無理やりのせられた雰囲気は微塵もなし。ほとんど看板の一部と化してました。

「わたくしこそが銀座五丁目の帝王である!」って感じ。

あまりに悠然としていて動く様子がないので悪戯したくなったのか、一人の男性がどこかから草を抜いて来て猫じゃらし状にぴらぴら振ると...
脚長
あっという間に猫、ぴろーんと伸びた。あ~ら、猫ってこんなに脚長なのね。
あんな長い雑草が鳩居堂付近に生えてたのも不思議。
心和んだ不思議な出会いでした。
2011/07/19(Tue) | 街で出会ったおもしろ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ