猫の 口、あ~ん
あ~ん
ほらほら、おやつだよ。

にゃ。
あ~ん。

目もよる
ぱくり。
目が寄っちゃうぐらい美味いにゃぁ~。
見てる見てる。
にゃんこはこんなに目が寄っちゃうほど食べ物凝視してたなんて、カメラでとらなきゃ知らない事実でした。絶対逃さないよ~という野生の力?
ポッキー
にゃんこと綱引き。
両者互角。はっけよい残った残った。ほれほれ。引っ張るとにゃんこが釣れそう。

ちょっとぉ~、このオヤツはもう私の物にゃ。早く放してにゃ~。

はいはい。

何回か登場したノラにゃんこの姫。とうとう餌付けに成功。ふひひ。
前回のオヤツは減塩イリコ。手からは食べてくれず、断念。
今回はお腹チョー減ってる時間だったのか、それともべてぃに慣れて来たのか、あっという間にぱくり。
あ、素朴なイリコよりもこの進化系のオヤツの方が好みだったのかしらん??
袋
にゃんこがくわえてるのはポッキーじゃなくて、なんと「にぼし」....には見えないけど、そうらしいです。
ん?
見た目はビーフジャーキーなので、猫って肉も食べるんだ、と思ったけどにおいは確かに魚系。
にゃんこの口の形には食べづらそうなこのオヤツなのに、相当食いつき良かったです。
普通は下向いて食べてる姿しか見られないけど、この棒状の形ならほらほら~と、飼い主さんの方むかせて可愛い姿が見られるから、なかなかの優れものでは。
そしてカルシウム、ビタミン配合。むむむ。

ペット飯はべてぃが知らないうちにものすごい進化を遂げてるみたいです。
関連記事
スポンサーサイト
2012/03/30(Fri) | 街で出会ったオモシロ 2012 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
着物リメイクスカート そして 桜
桜
表参道のお宅の庭の桜の木、一週間前に通った時はまだ固い蕾だったのに昨日はこんなに咲いていました。
季節が急激に前に進み始めています。
この桜は種類はなんでしょう。
東京で自宅の庭に桜の木。ゼイタクなことです。前を通る人にもその美しさをおすそ分けしていただける。ありがたいなぁ。
スカート
春になるとさすがの冷え性べてぃもスカートはいてみようか?という気になります。
これは着物リメイク。黒地に地模様のある布を色々パッチワークしたもの。シルクの着物でそれも裏も全面シルクだから結構温かい。春めいてきたけどまだ寒い日が突然やってくることのある季節にはくのにちょうどよろしい。
裏
裏は赤。歩くとちょろっと赤が見えるようにしてみました。
この写真では地模様がイマイチよくわかりませんね。肉眼で見るともっとはっきりわかるのだけど。
黒地の地模様の布は遠目には黒に見えるけど、近くで見ると光の加減でいろいろな見え方して面白いのです。
伝統柄
このスカートにメインに使った布はこれ。
ずっと生き残ってきた伝統柄はいつになっても新しいです。
関連記事
2012/03/30(Fri) | ちくちくお裁縫 2012 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
木の芽も目覚める
木の芽
ベランダの山椒の木。ついこの前まで幹だけの殺風景な姿だったのに、気が付いたら何やらシャコもしくはアルマジロのお腹みたいなものがくっついてました......って、もちろんベランダに突然シャコが現れるはずはないので、葉っぱです。山椒の葉=いわゆる木の芽ですね。
春本番を感じさせるものの一つです。
ムスカリ
「つくし」じゃなくてムスカリです。
ムスカリも花がぐいぐい姿を現して来ています。ちょっと色も紫の部分が出てきて、ムスカリらしくなるのも数日の内の予感。
はくもくれん
こっちはむいたバナナじゃなくてご近所のハクモクレン。皮がむけて今にも咲きそうです。

三月も下旬ともなると身の周りに春だなぁと感じるものが沢山現れますね。
そしてべてぃの手元にはやっと来月から耕す市民農園の区画の通知が届きました。
ラッキーなことに水場が近い。
これは結構重要なポイントなのですよ。かなり大きな農園なので、水場から遠い区画は夏場は大変なのです。
八百万の神様仏様に感謝です。
今期はちょっと新しい菌を取り入れて土づくりをしてみようと、ネットで研究。資材取り寄せ中です。連作障害の気になる市民農園のこと。三年に一度、新区画利用開始時のの土づくりには頭もお金も使って損はないのです。
関連記事
2012/03/29(Thu) | ベランダガーデン 2012 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
セレブ犬のヘアスタイル
横から
連続ペットネタです。
ノラにゃんこと猫じゃらしで遊んだ帰り道、オープンカフェの前を通り過ぎるべてぃの視覚の端に小っちゃいワンコが二匹。猛スピードで歩いていたので通り過ぎちゃって、50メートルほど行ってからなんだか気になる。

今の見たことないヘアスタイルのワンコは一体どうなってたんだっけ???
野生の勘が「こんなおもろいもの、見逃して良いの?」と頭の中で問いかける....。
そうだよね。とくるり踵を返してカフェまで戻ってみるとこんな二匹でした。

ハートにヘアカットしたワンコ...この色と毛の感じからするとトイプードルですよね。もう一匹は村山富一系(なんて系統はないけどべてぃはこの犬見るたびに元首相を思い出すのです)ヨークシャーテリア。
ハートだけじゃなくて、脚、しっぽ、耳はダークブラウン、顔はちょっと薄めのブラウンにヘアダイしてます。
すごい。
ハートの犬
上から見るとこんな感じ。
ね、ハートでしょ?

服でおしゃれしてるワンコには沢山会うけど、地毛だけでこれだけのファッションを見せてる子には初めてあいました。一緒のヨーキーも毛がぴかぴかできっとブラッシングの賜物でしょう。
アニヴェルセル表参道一階のオープンカフェ、それも歩道に接する一番目立つ席でワンコたちを歩道側に座らせた男性飼い主さんでした。すぐそばを人がどんどん通る場所。
それってうちのワンコを見てくれ~ってことだと解釈して、「写真撮らせていただいて良いですか?」とお願いすると即、首縦にふってくださったのでこの写真を。

相当お金かかってますよね。
さすが表参道。同じ東京と言っても、べてぃが住んでいるあたりとは人も犬もファッションが違うのであります。

関連記事
2012/03/28(Wed) | 街で出会ったオモシロ 2012 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
猫の流し目、くりくり目
流し目
猫はマイペース。
名前呼んでもこっち向いてくれるとは限らない。
しつこく呼んでやっと振り向いたらこの流し目。「何よ~、うるさいわねぇ。」

でも振り向いた先には猫じゃらし持ったべてぃの手が。
じゃらす
いきなり別人のように活気づくにゃんこ。
今まで居眠りしてた子とは別人のような変貌ぶりに、猫じゃらし初体験のべてぃの方がびっくりしました。
そばにあるアルミ物置に頭ごんごんぶつけても平気で何度もとびかかる。
じゃらす2
べてぃのカメラのシャッタースピードではとらえきれない速い動き。
より目
つかまえたよ!!褒めて褒めて~ と目で訴えてる?
黒目大きいくりくり目の猫を昼間見るのは珍しいです。
猫の瞳って明るい時には細くなってるはず。もしかすると捕まえた~って、うっとりして瞳孔開いてるんでしょうか?くりくり目、可愛い♡
基本形
この目が昼間の基本形。
「猫の目のように変わる」というけど、本当に猫の目は短時間のうちに色んな表情を見せるもんなんですね。

この子は通っている治療院にやってくるノラにゃんこ。名前は「姫」。
べてぃのカメラにちゃんと目線をくれるようになりました。ちょっと慣れてきたかしらん。
関連記事
2012/03/25(Sun) | 街で出会ったオモシロ 2012 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
路上の影絵
影絵スーパーへの道。

今日は風が強いなぁ~と首を縮めて下向いて歩いていると......
なんだ、こりゃ?

路上にこんな模様が延々続いていました。

ただ今街路樹は葉っぱなしのスケルトン状態。
それが歩道にこんな絵を。
気がつきませんでした。
お昼2時ごろの様子。この時間帯に出歩くことは少ないから気づかなかったに違いない。

普段は街路樹の種類なんて気にもせずに歩いてるけど、こうやって観察すると木も一種類じゃなくて色んな種類を組み合わせて植えてあるようです。おかげで影絵も色んな形で面白い~。

影絵2
血管映像みたい。
元の木
元の木はこれ。
影絵3
お隣さんなのにこんなに違う形の陰。
元の木
元の木はこんな形。ちょっと骨っぽい。どんな葉っぱが茂るんだろう....。

影絵の季節ももうちょっと。夏にるとこの裸の木たちは沢山の葉を茂らせて、道を歩く人間たちに涼しい日陰を提供してくれるんですよね。ありがとう。

関連記事
2012/03/24(Sat) | 街で出会ったオモシロ 2012 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
片口、ぐい飲み、焼き上がり
集合
この冬試している白土、黒土を組み合わせて作った器がまとまって焼きあがりました。
片口1、ぐい飲み2、小皿が一枚。
片口
白土と黒土を軽く混ぜてマーブル状になるのを狙ってみました。
先日このブログでもご紹介した富士山鉢と同じ手法。そして土も同じ。でも富士山鉢は黒い部分がグレーに上がったので、今回は釉薬を変えてみたら黒い部分が黒くなり、イメージに近い色合いになって嬉しい。
お皿として使うこともできるけど、やはり本来の目的はお酒を注ぐ器。
焼きあがってみると1合半ぐらいの容量で、ちょうど良いサイズになりました。土の状態から大体一割ぐらいは縮むという前提で形成するのだけど、時々予定よりえらく小さく焼きあがったり逆に大きかったりするので、完成するまではどきどき。思った大きさになると嬉しいのです。
ぐい飲み
同じやり方で作ったぐい飲み。大きめサイズです。
内側
これもぐい飲み。マーブルばかりじゃ芸がないので思いついて紐状の黒土を白い中に埋め込んでみました。
丸い紐を埋めて、内側から見ても外側から見ても○模様が見えるつもりだったのだけど......
ぐい飲み2
出来上がってみると外側はcマークに。
ここらへんが陶芸の面白いところです。形成→削る→素焼き→釉薬かける→本焼き という過程を経るのですけど、今回べてぃが試したような土ミックスなんかをやると削ってみると形成時点でイメージしてたのとは全然違う模様になってたりします。というか、まずイメージどおりにならないという方が正しい。
でもこのぐい飲みの場合は意図せずできたこのcマークが結構良い味になって気に入ってます。
小皿
こちらの小皿も紐を組み込んだもの。
裏から
裏はこう。

う~ん。いっぱい飲んじゃいそうで怖い。

関連記事
2012/03/23(Fri) | 陶芸 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
春の陽気にさそわれてホームセンターへ
さくら
風はかなり冷たいけどお日さま燦々輝く日は心も体も温かい。
そんな日にふらふらお出かけしたくなる先はやっぱホームセンターですよね.....って、これは普通じゃないか。でもガーデナーならこの気持ちはわかるはずです。特にこれからゴールデンウィークまでのホームセンターはどんどん目新しい苗、種、道具類におめにかかれるワンダーランドなのですよ。

春分の日にあわせて春がやってきたような昨日は歩いて行けるホームセンターへ。
途中で見つけた楚々として下向いて恥ずかしそうな姿で咲くこの花はきっとヤマザクラ。時々通る道だけど桜があるのは初めて知りました。道端の空き地に一本だけ。花の期間が短いから、ちょうどその時期にとおらなければ気づかぬ花です。一斉に豪華に咲くソメイヨシノと違って木にぽつりぽつりと花のつくこの桜。豪華さはないけれど気品ある清楚な咲きぶりはなんだか良いなぁ。可憐。

種
昨日のお買いものはこれ。
じゃがいもの「インカのひとみ」と人参の種。そしてイチゴの種。
イチゴの種なんて買うつもりは全然なかったんだけど、たまたま目についた新企画の種に興味津々で思わず買っちゃいました。
いちご
手に乗ってるのが種....というか「シードボール」。
直訳すると種の玉。直訳過ぎるか。特許取得商品だそうです。
イチゴの種自体はあの赤い実の表面のツブツブの中にあるらしいので、極小。シードボールに目をよせてよく見ると五ミリほどの玉の表面にいくつか種らしきものが張り付いています。

土に埋めてはダメ。土の上に置いて上から水まくだけで確実に発芽するように工夫されたもののようです。確かに種って蒔いても発芽しないこともあるんです。光が好きな種類と嫌いな種類があったりするので、種類によって蒔いた後にかぶせる土の厚さを変えなきゃダメだったり。その問題をクリヤーした商品ということでしょうか。
袋には「種でも球根のように楽々発芽」とあります。
初めて見ましたよこんなの。正直言ってイマイチこのキャッチコピーの意味がわからないのではありますが。球根だって発芽しないこともあるし、発芽させるのが難しい種類は沢山蒔くという手があるので、種自体に加工してこういう形にするのと余分に種蒔くのとどっちがコスト的に割安か....そんな話のはず。余程貴重な種でもなければコスト的には余分を蒔いた方が安いんじゃないかなぁ。ま、他にも何かメリットがあるのかもわかりません。
とにかく珍しいものは試してみたい病のべてぃは買いました。こういう消費者もいるしね。
イチゴの他に人参などもありました。人参は普通の種より一袋あたり100円プラス。中に入っている種の数は相当少ないはずです。人参は今までも普通の種で問題なく発芽、収穫できているし、種が多いほど収穫も多いから人参はパス。イチゴはそんなに沢山株数植えることはないし、一袋苗一株程度の価格なのでこれは試してみよう!ということでカゴにぽい。

それにイチゴに四季なりのものがあるのも初めて知りました。春に巻くと夏から秋にかけて実がなるようです。秋に蒔くと春から初夏に収穫。イチゴは鳥との闘いなのでお世話が結構面倒だけど、とれたてイチゴは美味。楽しみ~。
関連記事
2012/03/21(Wed) | 菜園は今 2012 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
着物リメイクのスカート
スカート
春分の日の東京は日差しもたっぷりで暖かいです。
この季節になるとそろそろ真冬に着ていたものを仕舞って、春物作らなきゃ....と気持ちだけはあるけれど、体に気持ちがついて行かない。菜園の作付計画もまだ全然手つかずだしね。今日は春分の日です!とかテレビで言われて、それならと重い腰上げて、もう今シーズンは着ない真冬の衣類を片づけることにしました。

その一つがこのスカート。
着物リメイクの巻きスカートです。そして実は表地と裏地の間に薄い化繊綿(シンサレート)を挟んで作ったもの。冷え性べてぃは冬にスカートはくなんてとんでもない!と思っていたけど、何と言ってもこの綿入りスカートは温かいので真冬の愛用品なんです。
綿入りと言っても見た目にはわからない薄い仕上がりなので、自分から言わなければ気づいた人はまだないです。パンツを綿入れにするのは難しいけど、こういう単純な形のスカートなら綿入れも可。冷え性さんにはお勧めです。
うしろ
後ろはこんな感じ。
布は6種類をはぎ合わせています。ほとんど男物の着物や羽織だったもの。
光の加減でこの写真では青い布がえらく目立ちますが、実物はそうでもない....というか見る角度や光の加減で色んな色合いに見えるのが面白いので気に入ってます。
ちなみに青い部分はよくあるお父さんの縦縞の着物地。黒、茶、青。無地、縞、一部地模様の布の組み合わせです。

この冬は普通の布の服づくりに忙しくて着物リメイクから遠ざかってました。骨董市にも行ってないし。でもやはり着物リメイクは布合わせていくのが楽しいので、そろそろ再開しようと、ただ今バッグ制作中。
今までのとは違う新しい素材づかいを思いついたので、その思いつきを形にしようと布と格闘中です。イメージどおりに仕上がるかな。
関連記事
2012/03/20(Tue) | ちくちくお裁縫 2012 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ひよどりとの闘いは続く
じゅるじゅる
うまそう~。じゅるじゅる.......よだれを垂らす音が聞こえる。
鳥に唾液があるのかどうかは知らないけど.....。

犯行現場目撃。
やっぱ君だったのね。
かじられた
すくすく伸びてるスナップエンドウの葉っぱがこんなことになってるのを発見して、犯人はあいつに違いない!と思ってたところでした。
ブロッコリーと違ってスナップエンドウはここまで被害に合わずに来たので、グルメひよどりの好みじゃないに違いないと思っていたのが甘かったです。よくみると葉っぱだけじゃなくてこれから伸びようとしている枝の先が何本も食いちぎられてなくなってました。
こりゃいかん。
対策
ということで、またまた麻紐ぐるぐる巻き作戦敢行。
ブロッコリーはこの手で被害を受けなくなったから、今度もいけるのではと。
張った紐が足場になって余計にかじられちゃったら.....という不安もあるけど、ブロッコリーのケースを見ると紐張って以来、紐の中だけじゃなくて紐から出ている葉っぱもかじられなくなりました。
野生の危機察知能力があるから鳥は羽がひっかかる可能性がある場所には飛んでこないのではないか?と思い、へ紐張りはエンドウからちょっと離してできるだけ立体的に張ってみました。
ふっふっふ。どうじゃ、ひよどり諸君?
関連記事
2012/03/19(Mon) | ベランダガーデン 2012 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
植物には♡がある
♡久しぶりに見つけた「植物にはハートがある♡」シリーズ。

ベランダに置いておいたらしもやけになっちゃって、現在部屋の中で養生中の多肉植物「金のなる木」。
大分しもやけも治ってきて新しい葉っぱも出て来たなぁとよく見るとこんな葉っぱが。
緑のハートだ♡ 隣りの葉っぱとすりすり頬ずりしてるみたいで可愛い。

もげた
生まれくる者あれば去りゆく者あり。

今朝起きたら異変が。
なんと昨日まで一本だけひょろひょろ~っと斜めに伸びていた枝がぽろりと落ちてました。
え~??さわってもいないのに。

この枝は以前に部屋の窓辺で育てていた時、やはり室内では光量が足りないらしくひょろ~っと徒長してしまった枝。以来、3年ぐらいベランダでそのまんまひょろりと斜めながら元気そうだったのに。
がしっと元気そうな若者葉っぱが出てきた今、お役御免ってことですかね。

ここが植物のえらいところ。
活力ある若者が出てきたら、文句も言わず身を引く......政治家のおっちゃんと違うところです。はい。それに多肉は強いから、このぽろり落ちた枝も土に挿してやるとまた立派な一株になるんです。元の株の一部としてはお役御免だけど、新天地で自分が中心になって新しい生命を立派にはぐくむ。
立派だわ~。
harvest
スナップエンドウの収穫が始まりました。
と言っても2つだけ。
菜の花、スティックブロッコリーと一緒に春野菜のパスタになりました。
2つだけだけど、とれたてのスナップエンドウは甘くて、ああ春だなぁ~と納得のお味。
関連記事
2012/03/17(Sat) | ベランダガーデン 2012 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
枝ぶりのアートにうなる
怒髪日に日に春めいているとは言え、落葉樹にはまだまだ葉の気配なし。

太い幹の巨木も枝は以外に繊細で、空をバックに色んな絵を描いています。
墨絵のごとし。

この写真の木のテーマは「怒髪天をつく」でしょうか?

枝振り観察はべてぃの冬の楽しみの一つなんです。
特に夕暮れ時に空に映える巨木の枝は何とも言えぬアートぶり。人間には真似のできぬ絶妙&思いもかけぬバランスに、ほぉ~!とうなります。
特に京都など古い街には樹齢の長い木が多いから、時々ほれぼれする木を発見できて、冬の旅の楽しみの一つでもあります。この冬はどこも行かなかったけど。


もにゃもにゃこちらは幹はこんなにどっしり立派なのに、枝はバカボンパパの鼻毛みたいにひょろひょろもにょもにょ。

じばらく観察してたらもぞもぞ動くんじゃないか?と思わせる形状。

ぐるぐる
この木はどうしてこんな複雑なぐるぐる幹になっちゃったんだろう.....?
葉っぱが茂ると観察することのできぬ部分です。

どの木もまだ葉の気配は感じられないけど、きっと幹の中では春をそして葉っぱ全開になる夏に向けて着々と準備が進んでるに違いない。もう3月後半です。早いわ~。
関連記事
2012/03/16(Fri) | 街で出会ったオモシロ 2012 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
花の便りいろいろ
梅
ご近所の梅の木はこんな可憐なベビーピンクの花を咲かせ始めました。
純白も良いけど、この何とも言えぬ淡いピンクの梅はべてぃが一番好きな梅です。このお宅の梅が咲くのを毎年楽しみにしています。
沈丁花
そしてこちらは通りすがりに見かけた沈丁花。最初の一花が咲いたところ。
ぱくっと口開けて、しゃべりだしそうです。
きっとこれからどんどん咲いて、甘い香りの季節到来です。この道をお散歩ルートに加えなきゃ。
ムスカリ
ベランダのムスカリ、水やりの時に覗き込んだら......おお!花の頭が見える。
真ん中のぽっちが花。紫の小さいブドウの房みたいな花がここからにょきにょきっと現れます。べてぃの好きな花の一つ。もうすぐね。
桜
梅~咲い~たか、桜~はまだかいな?
ご近所の桜はただ今こんな感じ。蕾が目立つようになってきました。
気が付けば3月はもう半分過ぎ。春は加速度つけて近づいてきてる感じです。
関連記事
2012/03/14(Wed) | ベランダガーデン 2012 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スナップエンドウ爆伸び
伸び行くエンドウ
今朝のスナップエンドウの様子。
快晴の空に向かってぐいぐい伸び行く様子を表現してみたつもりなのですが、伝わるでしょうか?

ここ数日、気温は10度を切っていても太陽燦々降り注ぐと体感温度は春。クロッカスも一気に満開になり、エンドウは支柱の間に張ったネットの高さを越えて成長。上の方にもネット張らなきゃね。

昨日、市民農園の申請に行ってきました。
今回から何と住民票の提出が求められることになりました。不正に複数区画利用している人が多いことについてクレームがかなりあったと見ました。
そして前回はなかった利用にあたっての注意事項の説明がかなり沢山。
役所の担当者の口ぶりから、どれもクレームが沢山あったので申請に行った人に口頭で注意することになったようです。
一家族一区画しか利用できないのに実は複数利用者が多いことについてクレームがある。あなたは大丈夫ね?から始まって延々。
その中でべてぃがへぇ~と思ったのは「朝七時前には作業しないこと」という注意事項でした。
何でも早朝に作業&集まって大声でおしゃべりする人がいてご近所はそれで目が覚めるのでどうにかしてほしいというクレームがすごい様子。「そんな朝早く大声で起こされる人の身になったら、どれだけ迷惑かわかるでしょう?」って、延々このことについて注意されるんだけど、べてぃは早起き苦手なのでそんな時間に畑に行くことはないのですよ。「いや。その時間はまだ起きてません」と正直に言ったら「あ、そ。」と拍子抜けした様子でした。
広大な畑ならわかるけど、市民農園にそんな早朝から出てる人がいるんだ.....。

そういえばお一人、いつ通りかかってもいらっしゃるおじさんがいて注目してました。
駅に向かう道路のすぐそばの区画なので目立つのですよ。
朝8時に通っても12時に通っても、夕方5時に通っても、とにかく見かける。毎日見かける。雨の日にすら見かける。
もしかするとここに住んでる??ってぐらい。
15平米の畑でそんな長時間やることがあるのか......。謎です。

一昨年の異様に暑い真夏もいつ通っても見かけたので、お体大丈夫ですか?と声をかけたくなったべてぃでした。そして夏の終わりには「日本人ですか?」と尋ねたくなる顔色に変身。皮膚がん気になる。

色んな人に会える市民農園の新たな始まりは4月です。
水場に近いか?日陰じゃないか?そして困ったチャンのお隣さんがいないか.....とか区画によって条件いろいろなのでこれも運です。今回はどんな区画を貸してもらえるのかな。
関連記事
2012/03/14(Wed) | 菜園は今 2012 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
クロッカスの一番花と共に朗報舞い込む
くろっかす
今シーズンのクロッカス一番花です。
今年は早咲き品種、それも花が一つじゃなくて次々に花が咲く品種です。クロッカスは花は一つしか咲かないと思っていたので、ホームセンターで球根見つけた時、ラベルに書いてある「一月に渡って開花」というのはどういう意味でしょう?と売り場のお姉さんに確認しました。実は売り場の人もご存じなくて、種苗会社に電話して確認してくださったもの。ということは珍しいということのはずです。

よく見ると既に開いた花の下には次の花が見えます。
良い感じ♡

そしてクロッカスの開花と共に舞い込んだのは市民農園の当選通知。
やった~!!! (^^)/

前回三年前の抽選倍率は5倍強。その後、隣接する畑をプロの農家の方が耕作をやめられて市民農園に貸し出されたので面積は広がってるけど、最近野菜づくりはある種ブーム来てる感じだし、団塊の世代の退職ラッシュで応募者は増えているに違いない。今回の倍率は?ですが、相当の激戦だったはずです。

これで4月から三年間、べてぃは菜園を続けることができます。もし落選してたらこのブログも「にこにこ菜園日記」というタイトル返上、中身も模様替えしなきゃいけないところでした。
ホンマ嬉しい。
八百万の神様仏様へのお願い、聞き届けていただけたようです。
久しぶりの富士
クロッカスに加えて今朝はべてぃの当選祝うように久しぶりに富士山くっきり。
3月1日以来、ずっとお天気悪かったから10日ぶりです。
それも雪を頂いた手前の山々まで全部くっきり見えるのは珍しい。お山も祝ってくれてる?(^^)

実は今回から、べてぃの菜園は面積が広がります。
今までは全区画15平米だったのに、今回から一部21平米の区画が設定されました。数は圧倒的に15平米区画の方が多いから、確率的にはそちらに応募した方が良い、しかしもっと広い菜園を持ってみたい!という永年の夢を叶えてみたい.....どっちにするか迷いに迷って、結局大きい区画に応募したのでした。
こりゃ博打だなぁと思いつつ。
そして当選。
意外に同じように迷って当選確率の高そうな方に応募した人が多くて、大きい区画の方が倍率低かったのかもね。
15平米に応募したお友達は落選した人も沢山いたので、ホンマラッキーでした。運使っちゃった。でもここは運使うべきところなのでOKです。

ついでに市民農園について書いてみると、ルールとしては一家族一区画しか利用はできないということになっています。でも実際には現地でお会いする人とする話の中で4区画、5区画を一人で利用されている方が沢山いらっしゃるんです。人の名前を借りて沢山申し込んで、当選した区画は全部一人利用。それもこっそりじゃなくて、堂々と使い、複数区画やってると自分でしゃべってるし。
べてぃはこれまで二回当選、そのたびに区画も変わるのでお隣の方も変わります。そして二回ともお隣さんは4区画持ってると、堂々と言われてました。それも半分ぐらいの面積、空けてたりして「他に沢山あるから、良いのよ」と言われたのには驚きました。
べてぃのまわりにだけそういう人が発生しているとは考えられないので、確率的には相当の人数が複数区画利用者。ということはもし本当にルール通り一家族一区画が徹底されたら、使いたい人はほぼみなさん利用できるということになります。

何度申し込んでも当たらないという人も多いのにね。
小心者でルールは守らねばと思ってるべてぃにはそんなことできないけど、そういうルール違反やっても何とも思わない人も多いんだなぁ....と市民農園を利用させてもらうようになって驚きました。

一人で欲張らずに、特に小さいお子さんと一緒に土いじりされてる若いご夫婦などに使わせてあげて欲しいなぁと思うのですけど。幼児の頃から畑で野菜を育てる楽しさを体験するのって良いことだと思うので。東京では市民農園ぐらいしかそんな経験できる場所はないのでね。
それに菜園に小さい子がいてママやパパとおしゃべりしながら一丁前に仕事してる気分になってるのが聞こえてくると、周囲で自分の区画の世話している他人もそれだけで楽しいのですよ。少なくともべてぃは。作業しながらニマニマ。時々一人声を殺して大笑いしちゃう。小さい子は面白いもん。

ああ、21平米♡
15と21比較すると1.4倍。プラス6平米。今まで面積の制約で植えられなかったものも植えられるのだ。
早速作付計画考えなきゃ。嬉しいなぁ。
関連記事
2012/03/12(Mon) | 今日の富士山 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
あれから一年
釈迦と菜の花

あれからもう一年。
スーパーが薄暗かったのも今は昔。東京に住む我々の生活はすっかり元に戻り、日々のあれこれに頭を占領されて、ともすると一年前のことが記憶から薄れてしまいがちな毎日になっています。
でもあの日のことは忘れてはいけない。被災された方々のことは忘れてはいけない。
そして首都直下型地震がいつ起きるかわからない中、東京に住む身としてはもしもの時に向けての備えを忘れてはいけない。3.11はそんな 忘れてはいけない! を改めて確認する日です。

ただ今べてぃは仏像彫刻一時お休み中。
なので新しい作品もないし、この日に当たってはやはり昨年一年間かけて、鎮魂の祈りを心に彫った釈迦如来がふさわしかろうということで、お正月同じ仏像を再度掲載させていただきます。

東北に早く明るい春が訪れるようにという気持ちをこめて菜の花お供えして写真撮ってみました。

一年たっても被災地の方々の多くはこれからの生活の目途が立ったとは言えず、街の復興も進んでいるとはとても言えない状態。大体復興庁ができたのがつい先日。政治はいったい何をやっていた一年だったのか....。
そんな現実には暗い気分にさせられますが、でも政治に頼らぬ人々のたくましい活動によって被災地にも新しい未来に向けての動きが出てきている様子も伝わってきます。

明けぬ夜はない。来ない春はない。
2012年は東北にとっても日本にとっても明るい未来が見える年になりますように。


関連記事
2012/03/11(Sun) | 東日本大震災  | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
流行りの形で作った二枚
グレーチュニック最近気温の上下が激しいから、出かけるときに暖かくてもダウンのコート着用のべてぃです。
でも既に三月。
春先の服装選択は冷え性さんには難しい課題なんです。
薄着で出かけて風邪ひかないようにせねば。
かと言ってずっとダウンのコート着てるのも如何なものか...と気になります。ま、東京には色々な人がいるので、いつまでもダウン着てたって誰も何も言わないんですけどね。

ダウン着ててもそろそろ春の服装が気になる頃。
写真は秋に作ったチュニック。
薄いウールの紳士のスーツ用の布で。上質の薄手ウールはしわになりにくく、きれいにドレープが出るはず....ということでこんな形に。
袖はドルマンスリーブ+胸元にドレープ。
春も活躍の予定。首があいているので、下にセーターかシャツを着た上に着ます。

流行は繰り返す。
今年はドレープやドルマンスリーブ(袖の付け根が太い)が戻ってきています。
このチュニックを作ってみて気づいたのは、ドルマンスリーブの服を着ると上に着る上着やコートも袖の太いものじゃなきゃダメだってこと。
コートは袖が太いものもあるから何とかなるけど、上着は....ということで、上着もドルマンスリーブで作ってみました。
紫ドルマンスリーブの上着袖
ちなみにドルマンスリーブとはこういう形の袖のこと。
素材はウール。

これでどんな太い袖の服にも上着がなくて困るということがなくなるはず。
懐かしい昭和の服の形が今良い感じです。



関連記事
2012/03/09(Fri) | ちくちくお裁縫 2012 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
視覚の不思議 その2
富士山
先日の夕暮れ時に見かけた富士山。
不思議なんですよね~。
前にブログアップした写真もそうでしたが、線路沿いを歩いていて見かける富士山は何故かすぐ近くにある大きな裏山みたいに見えるんです。べてぃの家から見える富士山とは別のもののように。なんでこんなに大きく見えるんだろう....。

視覚の不思議。

べてぃの家から朝、富士山が見えた日数、2月は12日でした。
クリヤーに見えた日が11日。クリヤーじゃないけど、存在は確認できた日が1日。
1月の富士山見えた日数は21日。

東京から富士山が見える日数が一番多いのは12月と1月という気象庁のデータは正しいようです。
去年は2月に「笠雲」と「二重富士」という二つの珍しい富士山の現象を自宅から見学できて、富士山に縁があったべてぃですが、今シーズンはまだ特別な富士山にはおめにかかれていません。残念。

それに3月に入って富士山が見えたのは1日だけ。
ここのところお天気悪いからね。
でもまだしばらく富士山が見える季節は続きます。
関連記事
2012/03/08(Thu) | 今日の富士山 2012 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
季節の進行が加速中
水仙
水仙マウントフットの球根。根っこが出たのは大分前に確認できたけど、地上部分は変化せずに今に至るので、もしやダメになっちゃったの??と、半分あきらめてました。何せ水仙というと1月には咲くものだと思っていたので。
でも今朝見たら、あらら~。

アマガエルがべ~と舌出してる....
じゃなくて、やっと芽が出始めた様子。良かったわ~生きていたのね。

昨日、今日の東京は14度の気温。桜の咲くころの気温とのこと。どうりでダウン着て出かけたら暑いはずだわ。
この季節は温かい日が数日続くと植物たちは急激に変化します。クロッカス
クロッカスは前回花芽が見えたと紹介してから3日でこんなに大きく変身。
ぶるーべりー
ブルーベリーの葉っぱの元はつい先日まで丸い玉状だったのが開いて葉っぱになり始めました。

3月に入ってテレビで流れるCMも一斉に春バージョンに。
何のコマーシャルか?だけど、「もうすぐは~るですねぇ...」とキャンディーズの春一番をスローテンポでカバーした曲が流れるものがあります。流れるたびに嬉しい。名曲ですよね。春一番。
いくつになってもこの季節になると思わず鼻歌で歌っちゃう一曲なんです。

とか言いながら、今日は陶芸教室で鍋焼きうどん用の一人用小土鍋を作って来たべてぃでした。
あれが焼きあがるころには鍋焼きの季節は過去のものになってますね、きっと。
春来たりなば夏遠からじ。
関連記事
2012/03/07(Wed) | ベランダガーデン 2012 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
啓蟄のベランダは花の季節到来の予感
ぶろっこりの花
食べようと思って収穫したのにメニュー変更のため、水に活けておいたブロッコリー。今朝見るとこんな可愛い花が咲いてました。
エンドウ
スナップエンドウはただ今ぐいぐい成長中&どんどん開花中。
こんなシスターの帽子みたいな真っ白い花が沢山。満開になるに従って外の花弁がぐっと反って、なんだかこのまんまパタパタ飛んでいっちゃいそうです。

バラの芽
そしてバラは既に新しい枝を伸ばそうとしつつあります。
....ああ、今年こそは土換えしようと決意して既に数か月。本当は毎年鉢の土は換えてあげないといけないのに無精して既に3年ほど放置。たまにマグアンプをパラパラまくだけで何もしてあげてないのに、このバラは文句も言わず毎年芳香を放つ美しい花を咲かせてくれます。それに去年は二か月も水ももらえなかったのにちゃんと生き延びていてくれた子。今シーズンは絶対換える!と決意したけど、寒いなぁ~としり込みしてたらこんな季節じゃん。
土換えは根っこの休眠期にやるべきもの。何故なら大切に扱っても、土換える作業でどうしても細かい根っこが切れてしまうから。3月に入ってやって良いものか??と迷ったけど、思い切って作業してみました。

根っこ土を落とした根っこはこんな感じ。もっと鉢中に張って鉢から抜くのが大変ではないかと予想してたのに、案外簡単にスポッと。きっと去年は水もらえなかった期間があったから根っこの張りも減ったのかも。細かい根も少なくて土落としも簡単だったから、やはり勢い衰えてたねぇ。
時期は逸したけど、栄養たっぷりの新しい土にかえたのは正解でした....と思いたい。

完成土を新しいものにして完成。
剪定が下手でどんどん幹が斜めになってたのをまっすぐに植えてみました。斜めだと前を通るたびにトゲに服がひっかかるから....とべてぃの都合で。

こんなことやって良いのか??
重力の方向が変わって今頃バラくんはめまいを起こしてないと良いんだけど。

今日は啓蟄。虫も活動を始める日のベランダは花の季節到来の予感でいっぱいです。
関連記事
2012/03/06(Tue) | ベランダガーデン 2012 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
最近作った服、ワンピースとジャンパースカート
わんぴ超格安で手に入れた(おそらく)ウールの伸縮素材のハギレ。ハギレだから何メートルあったのか?だけど、二枚の洋服になりました。

最初につくったのが上のワンピース。ただ丸めて売られていたハギレで素材表示がないから何なのか不明だけど、圧縮ウールのような布なので暖かくて着心地よろしい。

残りの布も結構沢山。何か作ろう。何作ろうか?
沢山残ったとは言っても中途半端で袖のあるものは難しいかも....

下から
ということでこんなジャンパースカートにしてみました。

裾ラインは最近はやりの脇が垂れたスタイルに。
襟はアクセントとしてねじってくしゅくしゅに。この写真じゃわかりにくいですが。

な~んとこのハギレ、アパレルメーカーの事務所(普段は何も売っていない、ただの事務所)が自社工場で使ったのこりの布をハギレとして丸めて一巻500円均一で売ってたもの。それも事務所の外に無造作に置いた段ボール箱の中に色んな生地が。気づかない人は気づかない。そして洋裁しない人には何の価値もない。でもべてぃにとってはお宝がそんな道端の段ボール箱の中にころがっていようとは。
持ちきれないぐらい買っちゃいました....もう一生買わなくても良いぐらい布はあるのに。
はは。

500円で二枚。ものすごく得した気分。
それに安い布なら大胆なデザインに挑戦し易くて創作意欲がわきやすい。布屋さんで正規価格で買う布は冬物ウールだと一メートル3,4千円のものもざらだから、布だけで1万円近くになっちゃう。そうなると失敗確率の高い大胆なデザイン試すのはちょっとね。さすがにためらいます。

そろそろ春物が欲しくなる季節。
せっせと縫わなきゃ。
関連記事
2012/03/05(Mon) | ちくちくお裁縫 2012 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
雛桃の花はないので、お雛様と一緒に梅盆栽飾ってみました。

例年より二か月も開花が遅れた白梅盆栽は散り始めたけど、鼻近づけると甘い香りがぷ~んと。
お雛様はまだべてぃが若い会社員だったころ、先輩社員の愛さんにいただいたもの。愛さんは苗字が愛さん。勿論本名です。

「愛」さんのお雛さま....めでたいいただきものなので捨てられません。紙製なので色あせてきたけど。

クロッカス
もう三月なんですよね。新しい年に入ってもう二か月が終了。早すぎる。何やってたんだっけ?
でも植物たちは確実に成長してます。
今朝のクロッカス。花芽が見えてきました。
チューリップ
チューリップはこんな感じ。芽から一段上がって葉っぱに進化済み。

エンドウそして受粉してるのか知りたくて、我慢できずに花むいちゃったスナップエンドウはこんなサイズに。

今シーズン初収穫はこの子で決まり。
もうすぐです。
関連記事
2012/03/03(Sat) | 今日の富士山 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
にゃんこ、オヤツの前で葛藤す
思案中
美味しいもののにおいがするにゃ~。
でも食べちゃって大丈夫なんだろうか?むむむ....と、激しく葛藤中。
しばらくガン見した後はじっと目を閉じて考える。
食べたいにゃ~、でもこんな怪しい人のくれるもの、食べちゃいけないよにゃ~。

通っている治療院にご飯食べにやってくるにゃんこ。まだご飯時間じゃないのにべてぃがいる時間にやってきました。縁があるね。
「おやつ持って来ればよかった」と残念がるべてぃに「これどうぞ。」と先生が差し出してくれたのは「ペット用減塩イリコ」。ほぉ~。ペットの世界も今や減塩なのね。

さっそく一匹つかんでにゃんこの鼻の前へ。
「ほらほら、おやつだよ~。」
オヤツあげたらすぐにぱくつくかと思っていたけど、そんなことないんですね。危険を察知する能力は高い。でも食べたい。
逃げるでもなく、ずっとイリコの前で目をつぶってハムレット化。食べるべきか食べざるべきか、それが問題にゃ~。
このまんまにしておくわけにも行かないから、ご飯用のお皿にイリコをぽい。
我慢できず
すぐに食べずにまずは手で確認。
うまいにゃー
がうがう、ぺろり...イリコうまいにゃ~♡

何度もやってたら手から食べてくれるのかしらん?
仲良くしようよ。



関連記事
2012/03/02(Fri) | 街で出会ったオモシロ 2012 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
大根いろいろ
大根
私、体柔らかいの。ほら。
おお~すごい。体操選手みたいだ~。

市民農園の利用期限は昨日まで。
最後に残った大根三兄弟は誘拐されることもなく、ちゃんと最後まで残ってました。
掘り起こしてみるとこんな姿の子が。
股大根はよくあるけど、いくらなんでも脚広げ過ぎじゃないか?....いやいや、こんな姿になっちゃたのは大根のせいじゃなくて、土をちゃんと柔らかく掘ってあげなかったべてぃのせいです。ごめん。
たこ足
こちらはまるでクラゲか火星人。
このままビロビロ脚うごかして泳いで行ってしまいそう。
何でこんな姿に?

畑にはスーパーではお目にかかれないオモシロ野菜が沢山です。
関連記事
2012/03/01(Thu) | 菜園は今 2012 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
 ホームに戻る