グランドカバーになる植物は何が良いのでしょう?
hana
ヒメイワダレソウの花です。

庭を持ったらやはり芝生の緑が一面に広がる風景にちょっとあこがれます。でも調べてみると芝生は管理が大変そう。それにそんなに大きなお庭ではないので、日当たりのよい場所に芝生を植えちゃったら、菜園の面積が減っちゃうし....と、あれこれ考えつつ調べている最中に知ったのが「クラビア」という植物。何でも昔からある「イワダレソウ」を改良したグラウンドカバー用の植物とのこと。これを植えておくとどんどん広がって地面を覆い、他の雑草が生える余地を少なくするらしい。それに小さい花が沢山咲いて、可愛いし。草丈は低く、あくまで地面を覆って低く低く広がっていくとのことです。
ほぉ~。
芝生よりもこっちの方が良いかも。でもネット通販で買うと結構な金額になるんですよね。試しに2,3ポット買ってみようか?という誘惑にかられながらも、送料考えるとまとめて買った方が良いし....と、迷いながら、その日のご飯の買い物に行きました。
カバー
自転車ちゃりちゃりこいでいると、ん?んん??これって、今さっき見た写真と同じでは?
そうなんです。すぐご近所の庭先を覆っていたのはおそらくクラビア、もしくは元の品種のイワダレソウ。どちらかは不明。
ほぉ~。こうなるんだ。庭の一面を葉っぱと小さい花が覆っています。
もりもり
平面は草丈短いまま伸びてますが、看板の立ってる場所は結構茂ってます。
徒長
失礼して手を突っ込んで草丈確認。
う~ん。10センチ弱ぐらいまで伸びてる。日当たり悪くなって徒長しちゃってるのか、それとも本来このぐらいの草丈になるものなのか?グラウンドカバーとしては草丈が長くなるものは×です。あくまでも地面をはうように伸びるものじゃないと、カバーしたつもりの草を草刈しなきゃいけなくなりますから。花のつくものなので、芝のように刈るわけにもいきませんからね。
どうなんだろう?平面を覆っていたように成長するものなら、使えます。

柿の木の下は日当たりが悪いので菜園には不向き。太陽好きの花にも不向き。続々発掘される球根のおそらくかなりの数は水仙なので、日陰でも大丈夫な水仙を植える場所にしようと思っています。でも水仙の季節以外は何もないのは寂しいですからね。こういうのを植えたら緑を楽しめるのでは?と興味津々。

成長もしかすると通販で買わなくても、ホームセンターにあるのかも.....と期待して行ってみると、な~んと、ありましたよ、「ヒメイワダレソウ」の苗。残念ながらクラビアはなし。イワダレソウにヒメがついてるけど、同じですよね。

ヒメイワダレソウ苗はグラウンドカバーとしてお使いくださいと言わんばかりに30センチ角ぐらいのシート状になったものも売っていましたが、とりあえずはお試しなので、198円の小さいポットを2つ購入。ちょっと離して柿の木エリアに植えてみました。植えて半月ぐらいかな。それほど目覚ましい成長でもありませんが、着実に面積広げています。今のところ上に伸びる気配はなく、ひたすら匍匐前進、陣地拡大中。2株で様子みて、行けそうならもうちょっと買い足しです。

いちご
もう一つ、こちらはグラウンドカバーじゃないけれど、同じようにどんどん広がるワイルドストロベリー。
これも試しに一株ポット苗を買ってきました。ヒメイワダレソウと同じ日に植えつけたのですが、あっという間にどんどん子供を作って、ヒメイワダレソウよりも勢力拡大意欲強し。この子も日当たり悪くて大丈夫のようなので、柿の木エリアの住民にしてみました。まだ花の気配はなし。野イチゴ摘みが出来るのはいつかなぁ~?
こんなに激しく成長するものは市民農園では植えられなかったので、初めてちゃんです。
楽しみ~♡



関連記事
スポンサーサイト
2014/07/30(Wed) | 菜園は今2014 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コンポスト容器の掘り出し完了 と 人生初の植木剪定
りっち
ただ今韓国カボチャのリッチーナが絶好調。毎朝のように雌花雄花が揃って咲くのでコンスタントに収穫があります。
今朝はこんなにまとまって花が咲きました。花が大きいのでえらくゴージャスな景色です。
掘る
発掘一日目は途中で断念したコンポスト容器は、2日目に二時間ほど作業してやっと掘りだし完了。あ、二時間なのは周囲にまとわりついたドクダミやヤブガラシの根っこの処理をするのに時間がかかったからです。合計3時間ほどかけて周囲ぐるり掘り返しました。
おーぷん
てこの原理で容器の底のふちにスコップを差し込んで力をかけてみると、意外にも簡単にオープン。
堆肥
で、出てきたのがこれ。
全くの土です。原料は何なのか??まったく不明ですけど、特に臭いもなくて堆肥を通り越して土に変化してます。
不思議ですよね~。
土から生えてきた野菜くずや葉っぱ、そして食べ残しなどがミミズや微生物の働きのおかげで、また土に返って行く。ぐるぐる回る、自然のサイクル。まぁ当たり前と言えば当たり前なのですが、実はコンポストの中身を見るのはお初なんです。市民農園の時は葉っぱや草、シーズン終わりの茎などは地面に掘った穴に直接入れて、そのまんま土に戻していたので、そういうものが堆肥になった姿というのを見たことがないのです。ふ~ん。こんな感じになるのですね。
設置
容器は場所を変えて設置。今回は下10センチぐらいを土に埋めてみました。
調べてみるとこのプラスチック製のコンポスト容器は熱がこもるのであまり良くないらしいのですが.....まぁ既にあるものだし、木で容器をこしらえるのも自分で出来るかどうか??なので、一度、これを使ってみようと思っています。
何せ原料となるものは沢山あるので。
はさみ
これは昨日のお買いもの。
そう。剪定ハサミです。買って自転車のカゴに入れて、鼻歌歌いながら帰ってきました。車持ってないもので。こんな物を自転車のカゴに入れて走っている人も珍しいですよね~。
予想してなかったのですが、庭のある生活にはこれって必需品です。何せ大家さんが植えられた植木があちこちにあって、べてぃが来てからでも結構枝が伸びて来てるんです。
剪定ってこんなシーズンにやって良いのか?と疑問に思いつつも、人生初の植木剪定を実施。
カット
枯れた花がついたまま茶色になってるアジサイと、通路をどんどんふさいでいる楓?の枝をチョキチョキ。生垣もチョキチョキ。
あじさい
アジサイ丸坊主。

生垣生垣を横から見たところ。

あちこち伸び放題になっていた生垣は一応、東福寺の真四角盆栽を思い出しながら直線にしてみたつもりなのですが、曲がってますねぇ。この剪定を繰り返すことでどんどん形がゆがんで行ったりするわけで、う~ん。何年後には違う形になってそうです。ま、それはそれで面白いかも。
こういうものも堆肥になるのか?きっと木を入れてしまうと時間がかかりますね。
コンポストに入れるものもちゃんと考えなきゃ。

引っ越して来た時にはプロが入って草取りしてくださった後で、庭には雑草ゼロだったわけですが、今やあちこちに色んな草がボーボー。そしてしつこく根っこを張る草は手で引っ張ったぐらいでは根まではとれず、中途半端に抜けちゃいます。草取り、庭木の剪定と、庭付き借家はマンション暮らしにはない仕事が多いです。
そしてそれは結構新鮮で面白い。

関連記事
2014/07/29(Tue) | 菜園は今2014 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
先人の残したコンポスト容器を掘ってみると、あら大変
スイカ
スイカちゃん一号はぐいぐい大きくなっています。前に書いて以来二日で体積二倍ぐらいになった感じ。すごいなぁ。

コンポスト
柿の木の下にあるこれ。そう、コンポスト容器です。
不動産屋さんから「コンポスト容器も備品として置いておいて良いですか?」と確認された時、二つ返事で「もっちろ~ん!買おうと思ってたんです。」と答えたべてぃです。

引っ越し前に下見に来た時にこの緑の容器を見て「直径は大きいのにこんなに背の低いのもあるのね。早くいっぱいになって良いかも。」と思いました。ちょっとビクビクしながらフタをあけてみると、中のものは既に堆肥化というか土?みたいになっていて、特に臭いもない状態。結構長いこと放置されていたもののようです。前の人が入れた中身が何かは?なので、菜園にはつかわず、容器のあった場所に残そう、そのためには早く場所を変えなきゃ、と思っていました。
で、今朝はいよいよその作業に着手。

掘る掘る。掘るのは容器ですが、周囲にまとわりつくヤブガラシやドクダミの根っこも処理しつつの作業なので、結構時間がかかります。
掘る掘る.....掘っても掘っても容器の底が出てきません。
掘る掘る....
掘る
ようやく容器の底らしきものが見えたのはここまで掘った時。
な~んだ!普通のサイズの容器だったんじゃん!!
何でこんなに深く埋まってるんだろう?
深い
ほら。深さ30センチ以上。
どういうこと?
コンポスト容器は少し土の中に埋めて設置するもののようです。というのも容器は底がない筒状で、少し埋めて設置することで、猫などはいたずらできないけど下からミミズは入れるようにするとのこと。
でも10センチも埋めれば良いはずなのに。
まさか埋めた後に大洪水で土が流れてきて、こんなに深く埋もれたとか?ないない。だったら家も埋もれているはずです。
う~ん。何か意味があるんですかね?
設置するの、大変だったと思うのですけど。そして使用後を掘るのはもっと大変です。

結局、今朝の作業は中途半端なこの状態で終了です。
明日また続きをやらねば。
やぶがらし
コンポスト容器の近くでヤブガラシの発芽を発見。
この太い根っこは一週間ぐらい前に根っこを追って掘り進み、ここまで来たものの、太陽燦々輝きだしたのでその日の作業は終了。継続して根っこ退治をするために、長めに根っこを空中に出したまま放置しておいたものです。
見事、根っこの途中から発芽。
うむむ。こうやって色んなところから発芽して藪すら枯らしてしまうのですね。
容器の周囲にも根っこが絡まっていたから、中の堆肥はヤブガラシに豊富に栄養補給をしていたのかも。
あらら~。




関連記事
2014/07/27(Sun) | 菜園は今2014 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
スイカ、リッチーナ、そしてヤブガラシとの闘い
suika
受粉作業したことを書いた小玉スイカ、ちゃんと受粉成功したようです。
ブログって便利。受粉のことを書いたのが16日なので、今朝のこの玉の様子は受粉後9日経過の状態ということです。小玉スイカは35日ぐらいで収穫らしいので、収穫予定は8月20頃。ふふふ、楽しみ~♡

りっち
韓国カボチャのリッチーナが絶好調です。
二株、前の市民農園から掘り返して持ってきました。同じ頃に植えて、同じように掘り返して移植したキュウリはその後どんどん元気なくなって全滅してしまったのに、リッチーナの方は一時期元気なかったものの、暑くなってきて益々元気になってきた感じです。毎日大きな花がパカッと。今朝は写真右下に雌花一。そして雄花二。いい感じのバランスで花も咲くので、コンスタントに収穫もできるようになってます。
写真左上にぶら下がってるのが実。収穫サイズです。
最初に収穫した寸詰まりの太い実はあまり美味しくなかったのですが、その後は本体が元気盛り返したせいか、実のお味も普通にもどって美味しい韓国カボチャです。
球根
庭を掘り返す作業は相変わらず続いています。
今朝掘ったのは今まで放置していた東側のエリア。ここもドクダミとヤブガラシのエリアです。
朝も早くから掘る掘る。
そして出てきたのは.......またまた球根。今朝掘っただけでも100は優に超えてます。
今まで掘ったものをあわせると1000は越えてるはず。
不思議なのはこのエリアは家の中からは見えないんですよね~。べてぃなら家の中にいて楽しめる場所だけに植えるのですが、この場所に沢山あるということは、前に住まれていた方は毎日お庭に出て隅々まで見て楽しんでらしたのか?人の行動パターンはなかなか読めません。

色んなところに埋まっていた正体不明の球根は出てくる端からどんどん容器に入れて集めて干して、ただ今ガレージに保管中。今朝ふと思ったのですが、もしかするとあの球根は色んな花の球根、それも色んな色のものがあるのかも.....ということは秋に植えてみて、春に花が咲いた状態はものすごいごちゃごちゃ花畑になっちゃったりして.....。
あらら~。本当はまとまった単位ごとに保管しておくべきでしたね。
でももう後の祭りです。こうなったら植えてみてどんなことになるのか見るしかないです。
ま、それはそれで福袋みたいで楽しいかも。

球根って買うと結構高価なものなのですよ。それなのに土の中から1000球?もただ球根が出てくるなんて、すごい得した感じです。全部の球根が花をさかせるかどうかは?ですが、少なくとも数百の花は確実では。
来年の春、べてぃの庭は花に覆われるはずです。乞うご期待(^^)

やぶ
今朝の作業は球根掘りじゃなくて、これでした。
ヤブガラシ。
べてぃは初めておめにかかる草なので、根絶作業の中で学んだことなのですが、どうやら太い木の枝みたいな根っこが地下をはって伸びていて、根の途中から芽を出して来るようです。
地上に出たのがこれ。まだ出たばかりの小さいヤツですが、これがまた成長が早い。あっというまに伸びて、そこらへんを覆い尽くします。ヤブガラシという名前のとおり、放置しておくと地面を覆って他の植物を全部枯らしちゃう勢い。
地上部だけなら簡単に抜けるので、草取りは簡単なのですが、それだとすぐにまた生えてきて全然退治できないのです。なので、とにかく根っこを何とかせねば。
根
このエリアは耕耘機をかけられなかった隅の方なので、葉っぱが生えてる場所を目安に掘ってみると、こんなすごい根っこでした。べてぃが持ってる側の逆はまだまだ続いていて、庭の先へと伸びています。う~ん。恐るべき生命力。
実はヤブガラシについては全く知らなかったので、最初に作った畝の下にはこの根っこがあるはずなんです。トマトやキュウリの足元にどんどん生えてくるので。
とりあえずそれに関しては地上部をこまめに抜いてしまって、夏野菜シーズンが終わったら、また掘り返して根っこ退治せねば。

根っことの闘いはまだまだ続きます。
大変な作業なのですが、退治した根っこは目に見えて量でわかるので達成感あるんですよね~。結構楽しいのです。
関連記事
2014/07/25(Fri) | 菜園は今2014 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
蕗の収穫 と 緑のカーテンに不思議なものが
おくら
菜園一の美人花、オクラの花は今年も美しく咲いています。
朝も早くからアリンコが花の中をうろうろと。目的は花粉?それとも蜜があるのでしょうか?
ふき
南の塀沿いはフキ、みょうが、ツユクサ、ドクダミ、ヤブガラシの渾然一体ジャングルになっていたのを、不要な草をとって、ようやく小ざっぱりさせました。とは言っても、残したい蕗やミョウガが根っこで増えるものなので、このエリアは掘り返してドクダミやヤブガラシの根絶作戦をするわけにも行かず(根っこの区別が難しいし、色んな根っこが混在するので)きっとすぐに元に戻るのでしょうが。
必要なものだけにするには寒くなって地上部が枯れて休眠期に入った時に掘り返して、選別するしかなさそうです。
fuki
初収穫。
フキを収穫するなんて....ウン十年ぶりです。子供のころに田舎でとって以来のこと。
そしてフキが食卓に上るのも久しぶり、というか、自分が料理して食べるようになってから初のことかも。フキって、みなさん頻繁に食べます?シーズンになるとスーパーで毎日売ってるからには人気の野菜なのかも。でもべてぃは子供の頃食べた、煮もののフキが好きじゃなかったのですよ。
自分の庭でフキノトウが収穫できるのはなかなかオツなので、フキは引っこ抜いてしまいたくはない。でもフキ自体は好きじゃないからどうしよう??としばらく考えてました。で、結論は残す。というのも充分大人になった今は大人の味のフキが美味しいのかも.....と思ってね。今日のおかずになる予定。さぁ久しぶりのフキはどうかな?

カーテン引っ越してきて一月半。
ほぼ毎日2,3時間の作業を重ねて、庭は大分ポタジェらしくなり、緑が増えてきました。

自分で編んだ麻紐ネットに絡ませた緑のカーテンはこのとおり。
ジャングルです。
もっとネットを横に編み足して幅を広げないと、風通し悪くて病気が発生しそうな勢いで茂って行きます。

ここに植えたのはアバシゴーヤとインゲン、朝顔、フウセンカヅラ。でも後者2つは種からなのでまだ小さくて、カーテンに参加できてません。今茂っているのはゴーヤとインゲンです。

ささげ
今朝の発見はこれ。

カーテンから何か変なものがびろろ~んと垂れてる!!なんじゃ、こりゃ!?
写真真ん中に見える、細くてぶら下がってる緑の棒みたいなものです。こんなの植えたつもりはないけど.......そうだ!市民農園から苗を撤収してる時に、ずっと仲良くしてくださっていた向かいの区画のお姉さんが「これも持って行きなさいよ」と下さったツル植物をここに植えました。確かツルムラサキと聞いたような気がするのですが、正体はこれだったのですね。ずっと葉っぱがツルムラサキとは違うなぁ~と思っていました。
調べてみるとこれは「ササゲ」のようです。
インゲンと同じくさやのまま食べられる様子。そして名前からすると、種をとったらお赤飯に使うあの豆になるってことでしょうか?
おお、これは初めてちゃんです。
でもどのサイズで収穫したら良いのか??そしてもうちょっと経つとさやの数が増えるはず。
緑のカーテンに滝のようにこの長いさやが沢山ぶら下がってるのはきっと珍風景。楽しみです。
もろへいや
種を蒔いて一月のモロヘイヤは早くも収穫期に入りました。
なんと効率の良い。たった一月。そして先端をカットして収穫すると脇から枝が出てどんどん一株が大きくなっていく性質なので、食べれば食べるほど増えちゃう、すごい野菜です。栄養もたっぷりだし。
自然の気温で育てられる緑の葉物が減る夏場の強い味方。
梅雨明け宣言とともに気温もぐんと上がり、真夏到来。
この夏も毎日モロヘイヤとトマトのパワーで元気に過ごしたいものです。
関連記事
2014/07/23(Wed) | 菜園は今2014 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
トマトヨーグルト そして 古い羽織の帯紐で防犯対策
収穫
今朝の収穫です。
ロメインレタスを一玉と大玉のゼイタクトマト、そしてミニトマト各種。
初めて黄色のアイコを植えてみたのですが、この黄色が他のトマトと混ざるとアクセントになってカラフルで良い感じ。
朝ごはん
とれたてミニトマトはヨーグルトに混ぜて、少しだけ塩をかけて朝ごはんに。
砂糖じゃなくて塩なのはトルコに行った時に学んだ食べ方です。トルコは野菜の味が濃くて美味しかったのが記憶に焼き付いてます。加えて、生野菜に塩味のヨーグルトをかけて食べる、あの食べ方。ヨーグルトは日本で一般的に売られているものよりももっと濃い感じで味も違うので、日本で市販のヨーグルトで試しても同じ味にはならないのですが、ま、近い味で美味しいのです。

白いヨーグルトに赤、黄、黒のミニトマト。
黒い子は黒とは言っても濃い紫という感じですね。アントシアニンがたっぷり入ってる色。

紐
そして最近えらく減っているお裁縫ネタです。
お裁縫とは言っても、全然縫ってないものですけど。
材料は骨董市で買った羽織についていた紐。同じ色じゃ面白くないので、オレンジと赤のものを使いました。
用途はこれです....
封印
玄関の収納扉の封印。
へ!?何じゃそりゃ??ですよね。

実はべてぃが借りた家はえらく収納スペースが多い家なんです。押入れも沢山あるし、要所要所に色んな収納スペースがあって、マンション暮らしで収納スペース不足に永年頭を悩まして来た身には、なんてステキ~♡な家です。
しかし物事には必ず表と裏があるもので、前の家の倍の面積になった我が家は収納スペースはおそらく前の10倍ぐらいに激増。台所には食品庫ができ、立派な農作業グッズ専用置場も出来....と、用途別に余裕の収納スペースが出来たのですが、余裕たっぷりに使っても、まだまだ余るんです。収納スペースが余るということは、扉がついていて死角になっちゃう場所があいているわけで、ま、気にしなければ問題ないわけですが、結構心配性のべてぃは怖いんですよ。
ほら、ちょっと前にあった三鷹のストーカー殺人の犯人は被害者の家に忍び込んでクローゼットの中に隠れていたじゃないですか。
いや、別にストーカーされてるはずはないのですが、何が怖いって、留守に泥棒が入って物色してる最中にべてぃが帰宅して泥棒と鉢合わせすること、もしくは帰ってきたからどこかに隠れられてしまうこと、この二パターンが怖いんです。
どこかに隠れた場合はそのままそぉ~っと出て行ってもらえれば問題ないのですけど、夜まで潜んで夜中に首絞めて金出せ~とかね。

侵入者が隠れられる場所があちこちにあるのは良くない!
ということで、スカスカの押入れや天袋には空のままの引っ越し段ボールをぎっちり詰めて、一目見て、あ、ここには潜めないや~と思われるようにしました。そして玄関のこの収納はシーズンオフの靴とか入れたのですが、なにせ奥が深い大きな収納なので、スカスカなんです。どうしよう?ここも空段ボールか?とも思ったのですが、押入れと違って、ここの扉は観音開きドアに持ち手がついてるので....
結ぶ
これでどうだ?と。
勿論紐をほどいたら中に入れるわけですが、ほどかれてたらすぐにわかりますからね。

マンションとは違って一戸建ては防犯面で弱点が沢山です。気を付けて暮さねば。
関連記事
2014/07/21(Mon) | ちくちくお裁縫2014 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
スイカの一番花 と え!?無人ヘリで農薬散布??
アメリカンブルー
やっと咲きはじめたアメリカンブルー。
朝の水やりの後なので、花弁がへなへなになってます。本当はもっとパリッとした花です。
市民農園+ベランダガーデンの時のみずやりはもっぱらジョウロだったので、ホースに水撒きシャワーヘッドをつけての水やりは初体験なんです。霧状にして葉っぱ全体に水を朝夕かけるわけですが、植物たちはしずくを垂らして一気に瑞々しくなります。特に夕方は日中かぶったほこりとか虫なんかも洗い流して、人間のシャワー後と同じくこざっぱりと気持ち良さそうです。
当たり前のことではありますが、何だか新しい。

西の花壇
アメリカンブルーは西の塀沿いにつくったボーダー花壇の住人です。
ドクダミの巣窟だった場所をしつこく掘り返して花壇にした場所。本当はアンティークレンガで縁取りなんかしたいのですが、まずはこの土地でずっと住めそうか?をしばらく住んでみて確認してからそういうものはやって行こうと思っているので、花壇と言ってもただの盛り土ですけど。
右手前にアメリカンブルー、その奥はルリマツリ、その隣りにひまわりを並べて植えてみました。ひまわりは越してきてから種を蒔いたものなので、まだチビちゃんです。大きなひまわりに育つのか?
雌花
小玉スイカに雌花と雄花がそろって咲きました。
これは雌花。小さい玉がついています。そしてなんちゅう毛深い.....村山元首相の眉を思い出す白垂れの毛。
受粉
雄花の方をちぎって雌花にすりすり。ちゃんと受粉して欲しいものです。
スイカ
去年は市民農園の狭い場所での栽培だったので、棚を組んで空中栽培にしましたが、今年は何せまだ菜園は開発途上。スイカを植えたあたりはまだドクダミ処理も済んでない空き地なので、今年は好き放題に地面をのたくってもらうことにしました。ただ今脇芽も一本出た状態。

スイカの苗なんて、こんなシーズンになっておめにかかるとは思ってなかったのですが、東京のと違ってこちらのホームセンターはすごいんです。かなり遅い時期になってるのに色んな苗があるのに驚きました。東京のホームセンターは面積が限られているせいか、植え付け適期のほんの短い時期にしか苗を売ってないのです。時期をちょっとでも逃すと明らかに売れ残りのひょろひょろしかなかったり、あっというまにそれすら手に入らなくなるんです。
そのほかにもホームセンターについては色々すごいことが....そのことはまた別の機会にでも。

そして写真はないけど、今日驚いたことが一つ。
防災無線が何か言ってるので耳を傾けてみると「本日の無人ヘリによる病虫害対策農薬散布は終了しました」とのアナウンスが!
......は!??ヘリによる農薬散布?それってどういうこと?もしかするとべてぃの家の上にもバンバン農薬まかれちゃったりしたわけ??窓全開だよ~洗濯物も沢山干しっぱなしなんだけど~と、一気に不安に。

こりゃ事実を確かめねば!とういことで、役場に電話してみました。
するとわかったことは、年に一度、7月にお米の病気予防のための農薬を無人ヘリを使って大規模にまくんだそうです。要するに田んぼの上を無人ヘリが低空飛行して、農薬をまく、あれ。へぇ~。アメリカでは当たり前の景色だし、大分前に日本でもやっているという話は聞いたことがありますが、まさか自分のすぐ近くで行われる日が来るとは。
かなり驚きました。
え!?じゃぁ、この地域では無農薬で野菜を育てることはできないってこと?そのためにわざわざ引っ越して来たのにぃ~......。
色々尋ねてみると、ヘリ農薬散布はその一回だけらしいです。そしてべてぃが住んでいる場所の近くには田んぼはないし、今日は強風でもなかったので恐らく問題はないだろうと、洗濯物もそのまましまっちゃいました。

米どころという感じでもないので、そんな大規模なことやってるとは想像もしてませんでした。もしかすると日本全国の米どころは皆、無人ヘリによる一律農薬散布なんてやってるんですかねぇ?うちの場合は庭の野菜たちにまで農薬が届いているとは思えないので、特に問題なしですが、せっかく家庭菜園で無農薬で野菜をつくろう!と田舎に引っ越したら田んぼの隣りで、一緒に農薬まかれちゃったらガッカリですよね。
う~ん。何だか複雑。
関連記事
2014/07/16(Wed) | 菜園は今2014 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ミョウガの鉢植えを地植えにしました
みょうが
東京から持って来た鉢植えの一番の大物のミョウガ。
ベランダで沢山の鉢植えを育てていた時は、毎日の水やりが体に染みついていて、忘れるなんてことはありえませんでした。具合が悪くても毎日毎日。でもこちらに来て、野菜も花も皆地植えという環境になると、人間とは不思議なもので、忘れちゃうんですよね~水やり。なんといっても鉢植えが少数派になっちゃったから。乾燥に強いものは良いのですが、みょうがは湿ってないとダメだし、既に葉っぱわさわさなので、今のシーズン朝夕の水やりは必須。早く地植えにしようと思いつつも、まずは植えるのに適した日陰の場所に植える場所を確保せねば....つまり、まずはドクダミを退治せねば!ということで、遅れていました。やっと場所の準備が整ったので、ポットから抜いてみると、土の中はこんな状態です。
根
去年はほとんど収穫がなかったので、もしかすると根が詰まってるのかも?と思い、冬に一度掘って、根っこを減らして植えなおしたものです。植えた時は根っこ3塊だったのに、既に細かい根っこが沢山出てます。
場所
植える場所はここ。
ふき、ドクダミ、ヤブガラシ、ツユクサ、そしておそらくミョウガ?が渾然一体となったエリア。
ミョウガは既に生えているので、移植する必要もないかな....とは思うのですが、折角東京から連れてきた子ですからね。
完成
植え替え完了。根付いておくれ。ま、みょうがは強いので大丈夫だと思いますけど。

ロメイン
ただ今、ロメインレタスが収穫期です。
東京にいた時に種を蒔いていたものを苗の状態で持ってきて菜園に植えたものです。
玉レタスは難しいみたいですが、ロメインレタスは特に虫がつく様子もなく、すくすく大きくなりました。
舌平目
そしてお魚シリーズ初の刺身じゃないもの。
立派な舌平目がこの値段なのに驚きました。そして東京と違うなぁ~と思うのは、どのスーパーに行ってもお魚の下処理が既に済んだ状態でパックして売られていること。内臓出して、皮に切り目まで入っていたりとかね。便利です~。
舌平目はムニエルで。ロメインレタスのシーザーサラダを添えて。

関連記事
2014/07/14(Mon) | 菜園は今2014 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
麻紐でグリーンカーテン用のネットを編んでみたら、結構良いです
5
リビングの窓の前に植えたゴーヤ、インゲン、朝顔、フウセンカズラ。グリーンカーテン要員です。
インゲン植えるとコガネムシがぶんぶんやってくるかも....という心配はちょっとあるのですが、引っ越して来た当初に手持ちで苗があったもので、ツル植物ってことで、つい植えちゃいました。
どの子もめきめき育ってきて、ツルを出してるので早くネットを.....と、普通の化繊のネットを張ろうかとも思ったのですが、どうせなら、去年市民農園の他の区画で見たあれを試してみようと思いつき、作ってみたのが麻紐のネットです。
上の写真で張ってあるのが完成品です。

麻紐なら、シーズン終わってカーテン撤去する時に、苦労してツルをほどいてネットをはずさなくても、ネットごと堆肥にしちゃえます。それにサイズが小さかったら、縦横に編み足してサイズ調整することも簡単。
作ってみてわかったのですけど、これは結構良いかも~♡

1
人のものを見た時には、ものすごく根気がいるのでは?と思いましたが、やってみると結構簡単でした。
材料は百円ショップで買った麻紐。
まずは作りたいネットの縦長+結び目分の余裕分として20センチぐらいの紐を作りたい幅になる本数用意します。
もうおわかりかと思いますが、べてぃはこういう時にきちんと定規をあてて計測したりする性格ではござりませぬ。
リビングのフローリングの目を使って編むことにします。
床に紐を並べてみると、フローリング二枚分の幅はちょっとネットの目は粗いですが許容範囲なので、二枚ごとに紐一本置いてみます。

2
そして横糸を結んで行きます。
結び方は適当。
フローリング二枚幅に合わせて、正方形になるようにどんどん結んでいきます。勿論、正方形がひし形になっちゃったり、段によっては長方形になっちゃったりと、色々発生しますが、ま、どうせ緑に覆われるわけなので、気にしない気にしない。
自分の二本の足とお裁縫用の重りを使いながらやって行くと、そんなに変な形にもならず編んで行けました。

3完成。

そしてこれを支柱に結んで植物たちを誘引したのが一番最初の写真です。

ネットを張って一週間ほど経過。ゴーヤの脇芽も何本か出てきて、カーテン化しつつあるところに来たのが超強力台風。
ひぇ~。ニュースで色々なところに大きな被害をもたらしているのは散々見聞きしました。何せ今まではマンション暮らしだったので、台風と言っても特に準備するようなこともなく、できるだけ外出せずに家の中で台風を待ち受けるぐらいでしたが、今は一戸建て暮らし。それも結構年期の入った家なので、風が拭くと家中色んなところから音が聞こえてきます。
ご近所もあることだし、万が一、うちから飛んで行ったものでご近所に被害が出たりしたら大変なことになる.....と、とにかく庭にある物は全撤去。
6
最後まで迷ったのがこのネットです。せっかく設置したのに.....と。
でも支柱は置いてあるだけのものなので、もしかすると飛んでいくかも....と、最後の最後に不安になり、ネットをはずし、支柱も倒して台風に備えました。

朝起きたら最初のニュースは「台風、たった今、富津に再上陸しました」とのこと。
え、富津??....どんな強風大雨がやってくるのか?と、雨戸もシャッターも開けることなく、暗い中で待っていても風の音一つせず。これはもしや「台風の目」に入っているのでは?としばらく待っても変わらず。
結局そのまま晴れて行って洗濯日和になったわけですが、いったいどういうこと?不思議です。
まぁ被害はなかったので良かったです。

支柱とネット、張りなおさねば。
関連記事
2014/07/11(Fri) | 菜園は今2014 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ドクダミのマルチは効果があるのか?
ランタナ
朝露を浴びて輝くランタナは花以上に斑入りの葉っぱが美しい。

トマト
毎日トマトが食べられるようになりました。
中身は黒トマトミニ、赤いのがピッコラルージュ、そして黄色いのがゼイタクトマトのゴールドです。
ぜいたくトマトが例年ほど大きい玉になりません。背もあまり伸びないし。やはり移植の影響がそんなところに出ているのかも。
でも一年ぶりに口にするゼイタクトマトは相変わらず美味です。雨が多いから水っぽいかな?と思って食べてるのですが、それでも相当美味しい!梅雨が終わって太陽燦々の日々がやってきたら、きっともう一段階味のレベルが上がるはずです。

引っ越してきて今日でちょうど一月になります。
いやぁ~、頑張ったよ私.....と褒めてあげよう。ははは。
何頑張ってるかというと何と言っても、あいつとの闘いです。
あいつは.....ドクダミ。

毎日毎日、早朝二時間ほど闘っています。大きいシャベルで一掘りすると出てくる出てくるドクダミの根。見えたら地面に這いつくばって根っこを拾う。その繰り返しです。毎日毎日これをやってるのをお隣の方は見てるわけですが、あの人何やってるんだろう?と思われてるのは必至。べてぃがお隣さんの立場だったら「もしかするとお隣の庭には千両箱が埋まっているのでは!?」と思っちゃいそうです。
拾った根っこはゴミの日に出します。毎週大きいゴミ袋一つ分、出してます。いや~ぁ。すごい。
でも今の時期、毎日のように雨が降るので土が柔らかくて、拾うのは結構簡単なんです。だから出来る。これがカチカチの土になっちゃうと無理です、きっと。なので今の時期に頑張ってます。

RIMG0033_20140709111845106.jpg
今朝開墾したのはここ。わかりますか?土が黒っぽく見える部分です。
家のある側から攻めて行って、どんどんドクダミ城本丸である柿の木の下へ近づいて行ってます。
ドクダミと柿の木はセットのようなものの様子。適度な日陰ができるのでドクダミは柿の木の下が好きみたいです。今朝は太陽が出て来ず、涼しかったのもあって無心に掘ってる内に気が付いたら3時間たってて、あわてましたけど。
土をいじってる時って頭の中、空っぽになるんですよね~。時間たつのも忘れちゃいます。

マルチ
掘っても掘ってもざくざく出てくる根っこ。そして独特の香りの葉っぱがどんどん茂る。
折角ドクダミが沢山あるのだから、ドクダミ茶とかドクダミ化粧水とか作ってみようとは思っているのですが、何せまだ庭を優先するあまり、家の中の片づけすら済んでない状態なので、それは先の話です。
で、最も簡単なこれをやってみました。

きゅうりの苗にドクダミマルチ!
ドクダミの葉っぱを苗の根本に置いただけです。虫もドクダミの強い香りは苦手で、虫除けになると読んだので。
実はえらくウリ葉虫が多いのですよ。キュウリもリッチーナも葉っぱや花をかじられてるので、ドクダミで予防できるかと。
上の写真は植えた当日の写真です。
ドクダミマルチを思いつく前に植えた苗は、翌日には葉っぱかなり食べられてましたが、最初からドクダミに囲まれたこの子は数日たった今も被害なし。
ドクダミマルチ、効果ありそうです。



関連記事
2014/07/09(Wed) | 菜園は今2014 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
七月大歌舞伎 エビ玉の天守物語、見てきました
chirasi
久しぶりの歌舞伎座。玉三郎と海老蔵の天守物語を見てきました。
7月大歌舞伎、夜の部です。
夜の部の演目は
1.悪太郎
2.修善寺物語
3.天守物語

何と言ってもメインは天守物語。結論から言うと、圧巻の美しさ怪しさで、二時間があっという間でした。
実はこの二人のこの演目を見るのは二回目です。あれば何年前なんでしょう?海老蔵のあの事件や結婚よりも前の話なので......と、ここまで書いて調べてみると(インターネットって本当に便利)2006年だったようです。え、そんなに昔?8年前ということですか。あら~。

前回見た時の印象で強かったのは、何と言っても海老蔵の白塗り図書之助の美しさです。歌舞伎の家に生まれても容姿に恵まれるとは限らない中、海老蔵は何と幸運な!と思ったのが鮮明に記憶に残った舞台でした。勿論、玉三郎の美しさは圧倒的でしたが、もう一つ記憶に残っているのは舞台の最中に玉三郎がよろっとよろけたこと。「ああ、玉三郎もやはり年なのね....。」と思いました。
それから8年。
色々あった海老蔵はあの日の美しさかしらん?もっと年齢重ねた玉三郎は今回は?と、色々思いつつ臨んだ舞台です。

海老蔵はこの舞台のために体、絞ったとかですかね?近年見た海老蔵の顔はもっとふっくらしていたのに、図書之助海老蔵は8年前と同じ、しゅしゅっと贅肉のない若々しく引き締まった顔、体で美しい~。
そして玉三郎はやはり頬のたるみとか目の周辺とかに年齢が出ていて、顔つきが変わってきた感じはしましたが、今回はよろけるなんてこともなく、劇場全体をギュッと自分に引き付けるものすごい存在感と怪しい色気に満ちていて、う~む、すごい。
図書之助の方はともかく、玉三郎の演じた富姫は他に演じられる役者さんが今後出てくるのか?玉三郎のを見ちゃうと彼以外の役者さんには無理じゃないのか?と思っちゃいます。菊之助がもっと年齢重ねたら....とか?
とにかく素晴らしい舞台でした。

話は変わりますが、昨日はかつてないほど外国人のお客さんが多いのに驚きました。
べてぃの席は一階だったので全体は見渡せないから人数把握は出来ないのですが、ロビーで見た明らかに異国の人という容姿の人だけでも数十。アジア系は見てもわからないから、トータル数は相当のはずです。昨日の夜だけ特に多かったのかもわかりませんが、歌舞伎座の外国人比率は確実に上がっているようです。

中には着物を着て、桟敷席に座る金髪美女なども。着なれぬ着物をきちんと着て4時間半も座ってられるのは凄いなぁ~と感心してたら、途中で流石に苦しくなったのか、どこからか日本人の方が現れて帯を緩めてましたけど。
クールジャパンキャンペーンがこういう形で実を結んでるんでしょうか?


関連記事
2014/07/07(Mon) | 歌舞伎、映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
こっちに来てから食べた、地魚お刺身コレクション♡
トマト
ぜいたくトマト、初収穫です。そしてキュウリも一本。
今朝も一玉完熟で収穫だ~!と思っていたのですが、なんと一足先にカラスにかじられてしまいました。うう。ネットかけなきゃ。

さてここからが今日の本題。
べてぃは引っ越してきてからお刺身を食べる機会が激増してます。だって新鮮で美味しいお魚が本当に安いんですよ。そして東京に住んでいた時には考えられない高級魚が普通に近所のスーパーで売られているのにも驚きます。
今日は引っ越してから食べたお刺身コレクションのご紹介を。
売り場
まずは売り場の様子。
「地魚刺身」だけの売り場です。この日はまぐろたたき、かわはぎ、シマアジ、まこがれいなど。
かわはぎ
先日食べたカワハギ。カワハギの刺身なんて、お店で食べるか、自分で釣らない限り口には入らないものだと思っていました。
値段にもびっくり。
別に遅い時間を狙って買い物に行ってるわけじゃないのです。自分としては普通の夕飯の買い物時間である5時ぐらいに行っても既にタイムサービス時間が始まっていて、かなりの確率で見切り価格でお刺身ゲットしてる生活です。

中身
ど迫力の中身はこのまんまお皿に移して食卓へ。
目があると怖い人はだめかも....。
キモもちゃんとついているので、キモ醤油でお刺身堪能。残ったアラは勿論、味噌汁にしてみました。

太刀魚
なんと太刀魚。
刺身になるぐらいだから相当太い体のものだったはずです。

ひらめ
ひらめ。
お。これは正規の値段で買っています。何時に行ったんだろう?
正規の値段でもこの値段。ひらめですよ~ひらめ。
中身
エンガワもついてます。

こち
これは「こち」。
中身
名前は知ってるけど、馴染みのないお魚です。
盛りあわせ
まぐろとカレイの盛りあわせ。
中身
え?まぐろって地魚なの?と思いますよね。
まぐろというと三崎のイメージなので、最初は不思議でした。でも千葉でも勝浦などに揚がってるみたいです。生のキハダマグロがえらく安い。東京のスーパーで売ってるのとは値段が全然違うのに驚きます。

お魚だけじゃなくて、野菜も肉も食べ物全部が東京都比べるとものすごく安いのに驚きます。
良いよ~、房総半島!.....と言ってもべてぃが住むようになったのはディープな房総半島じゃなくて、東京駅から1時間の浅い内房なんですけどね。海の向こうとこちらは物価が全然違います。
毎日都心に通勤してる人もいらっしゃる様子。昨日も東京に行って来たのですが、行きも帰りも満席でした。先日は帰りがちょうど通勤時間だったので、補助席まで満席。へぇ~。

毎日都心に通う必要のない人なら、ま、都心に行くには交通費はかさみますが、生活費が安くなる分でそれは充分まかなえます。なにせ家賃も驚くほど安いし。引っ越し屋のお兄さんに、家具のレイアウトを見てもらうために物件チラシを見せたところ、間取りじゃなくて家賃に目が釘付けになってました。「こんなに広い庭と大きな家でこの値段っすか!!??うちのアパートと同じぐらいっす。」と言いつつ、しばらく絶句してチラシを凝視してました。

きっと東京生まれで東京以外の土地に住んだことないんですね。そう。地方に行ったら家賃も安いのよ。
べてぃの場合は東京とは言っても23区からははずれた地域に住んでいたわけですが、それでも月々の家賃ででこちらの家の家賃+食費+光熱費を払ってもオツリが来ます。
そして家の広さは倍になりました。プラス広い庭をゲット。

昨日はお裁縫教室に行ったのですが、引っ越して初めて会う方からは「スーパーはあるの?」とか「コンビニはあるの?」とか色々尋ねられました。東京にずっと住んでいる人にとっては房総半島はどえらい田舎に思えるようで、笑っちゃいました。確かにコンビニは東京の感覚で言うと少ないから、コンビニエントじゃないわけですが、別にコンビニに頼る生活してないので特に問題なしです。

定年退職して田舎に住む人も増えているようですが、いきなり都会からかなり遠い田舎に移り住むのはハードルが高いはずです。人間関係も途切れちゃうし。その点、東京から内房エリアへの移住はバスにのったらすぐに八重洲という生活。
今までの生活のすべてを捨てて新しい生活へ突入だ!みたいな大きな決断も悲壮感もなく、今までの延長線上にあるのに新鮮な生活がそこにはあります。
前のマンションの上の階のおじさんが定年退職して時間を持て余してらして、とにかく毎日毎日何時間もアラベスクをピアノで弾き続けられて下の階の住人は非常に困っていたわけですが、そういう方にはちょっと視点を変えて、田舎にうつってみるというのはどうかな~と提案したいべてぃです。
だって田舎の一戸建て生活にはやることいっぱいなのですよ。暇で困るなんてことはないです。
大きなお世話かも~。はは。
関連記事
2014/07/04(Fri) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
 ホームに戻る