流行色のブルーのジャケット作りました
前
今年、こういう色の服や小物をよく見ますよね。
布バーゲンで手に入れた布。流行色ということは、早く作って着てしまわねば流行遅れになっちゃう...ということで、以前作ったジャケットの型紙をほぼそのまんま使い回しで作ってみました。

白
オリジナルはこれ。
去年作って夏のスモック形、ラグラン袖のジャケットです。
Tシャツの上に冷房よけでがばっと羽織れるゆったりサイズで、重宝しています。それに体型の難を隠してもくれるデザインなので気に入って、冬物も作ってみようと思っていました。
ポケットが片方しかないのは、可動式ポケットにしているから。前にも後ろにも押さえのボタンをつけてあって、どちらにでもとめられるようになっています。写真は片方のぽ家とtを後ろに回した状態でとったものです。

平面
夏物は七分袖で作りましたが、今回作った冬物は手首までの袖に変更。
カフスを長く作ったので、半分に折り返すと上の写真のようになります。
こっちの方が今っぽいですね。この袖丈なら下に着たものが見えます。

昔、ファッション評論家のピーコさんの辛口チェックでは下に着ているものが上着からはみ出していると厳しくダメだしされていましたが、今や袖口も裾もどこもかしこも、上に着ているものから下のものが見えている方がオシャレという時代です。ファッションっは変わっていく...。スカートの下にパンツはくのなんて、昔は考えられなかったし。

裏
裏地はこれまた派手に。紺地に朱の水玉もよう。
厚手のコットン&化繊混の布です。化繊の裏地用布を使うよりも温かいので。

ポケット
そしてポケットは夏物と同じく独立型で。
このポケットの難点はポケットに収めたつもりなのに、隙間に収めてしまって地面に落ちてしまう可能性が高いことです。
作った後にわかった事実。
あらら~。でもま、デザイン優先ということで。

襟
そして襟はこう。
カーブもつけず、単純な長方形を襟ぐりにつけました。
夏物は襟の高さが1センチほど。これなら全然問題ないわけですが、どのぐらいまで高くして長方形でも大丈夫か試してみたくてこれは3.5センチ。全然問題なしです。
ちょっと襟ぐりを広く開けてあるので、下に黒のタートルネックなど着て、この立った襟が来る。そんな着方を想定してのデザインです。

この超目立つ色でこの広い面積の服。変じゃないかなぁ~?と思って恐る恐るお裁縫教室に着て行ったら結構評判良かったので、着ても大丈夫そうです。
待ち合わせには便利ですね、きっと。遠くからでも「あ~、いるいる、あそこにいる!」とすぐにわかりそう。


関連記事
スポンサーサイト
2015/01/27(Tue) | ちくちくお裁縫2015 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
白梅盆栽、咲きました♡
ume
待ちに待った白梅の盆栽、初めての花が咲きました。
去年よりちょうど一月遅れの開花ということになります。
この鉢のお楽しみはこれ....

室内へ花が咲いたら室内へ取り込んで、香りを楽しみます。

まだ咲いたのは一輪ですが、部屋の中には甘い香りが漂っています。ただ今3メートルほど離れたところにいるわけですが、う~ん。良い香り♡

ものすごく良い香りがするんです~、この梅は。
世田谷ボロ市で買った安い苗なので、品種の表示もありませんでした。
以来、もう10年近いかも。
震災の後にべてぃがしばらく東京を離れていた時に、ベランダに置き去りにし、戻ってみると何と、雨水だけで生きていて驚きました。ただし春の3,4月のこと、やはり雨水だけでは水切れしたようで、古い枝は枯れてしまって、新しいひょろひょろの脇芽みたいな枝だけが生き残って....なのでこんな不思議なL字形の盆栽になっちゃいました。

おまけに今年は環境が変わった上に夏の管理が悪かったのか、蕾の数がえらく少ないです。
う~。ごめんなさい。
でもちゃんと花を咲かしてくれたことに感謝して、来年はもっと蕾が増えるように、久しぶりに土の入れ替えをしてみようと思っています。

水仙
水仙軍団はただ今この状態。
日当たりが悪い場所なので成長が遅いです。でも次第次第に庭に日光が当たる時間が長くなっているので、この子たちもそろそろぐいっと大きくなるのでは。

ボーダー
西の壁際に作ったボーダー花壇。
ここは白い花と淡い紫や水色の花が色々咲く予定です。
ここも日照時間少ないので、大丈夫か?と心配だったのですが、結構たくましく育っています。

花の季節はもうすぐそこに。
関連記事
2015/01/25(Sun) | 菜園は今2015 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フキノトウ発見!!
発見
ここの所収穫以外に農作業をすることもなく、日によっては庭に足を踏み入れることもないこともあります。
久しぶりに南側の塀際に行ってみると、流石にドクダミもヤブガラシも姿を消した土の表面の所々に緑の雑草が。こんなに寒くて日光もささない場所なのにすごいなぁ~と、顔を寄せてよく見ると...ん?んん!!?
おお!!
枯葉と雑草の間に丸いものがいくつも見えます。
ふきのとう
もしや君はフキノトウ?
べてぃは田舎の生まれなので子供の頃、フキノトウは沢山見て来たのですが、その頃はあまり興味がなかったので(フキノトウは大人の味)大きくなってちょっと開いた状態になったものしかフキノトウとして認識していませんでした。要するにそこまで来る過程は全然目に入ってなかったんですね~。
ただ今直径二センチぐらいの玉があちこちに生えています。
いつからここにあったんだろう??全然気づきませんでした。

南のフキのブッシュは秋に根っこの整理をしてヤブガラシとドクダミを退治してから冬を迎えようと、途中まで作業したのですが、あまりに体力消耗する作業で、途中でギブアップ。一部だけフキの根っこを掘って植え替えしたところで、作業は2015年の課題としました。

植え替えそういえば植え替えしたフキの根っこはちゃんと根付いてフキノトウが出てるのか?と、見ると、おお!ちゃんと出てますよ。フキノトウ一個!

う~。でもこの写真ではわからないかも。
すみません。夕方にとった写真なもので不鮮明です。
植え付け作業の時、不用意に根っこの上を踏まないように、根の端と端に石を置いておきました。
写真下の方の中央にある白いのがその石。そのちょっと上にぽつっと一個出てるんですけど。

根
植えつけた時の写真。11月11日に掘って植え替えました。こんな時期に掘り返して大丈夫か?と思ったのですが、根付いてくれたようです。良かった。

真ん中の葉っぱがついているのがフキです。
この写真の一番下側、根っこの端っこの位置からぽつっとフキノトウが出たようです。
へぇ~。根っこのあちこちからじゃなくて端っこに一つ出るものなんでしょうかね?何せ今まで全く興味を持ったことのない植物なので知識ゼロです。
借家の庭に元々植えられていたものなんです。そうでなければこうやってフキノトウを観察する機会なんて一生なかったかも。
これも出会い。
毎日行って観察しなきゃ。
春の香り、楽しみです。
関連記事
2015/01/21(Wed) | 菜園は今2015 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
白梅、イチゴ、ネジバナ。春の兆し色々。
ume
東京から連れてきた白梅盆栽の蕾の先から白い花が見えるようになりました。
去年はクリスマス前に咲いたこの鉢。
12月に取り上げた時には「ちょうどお正月に咲きそう」などと書いちゃいましたが、見積もりが甘い!未だこの状態です。霜が降る日も多い中、地べたに置いてある今の状況は、冬でもコンクリートの蓄熱で気温の高いベランダとは変化の様子が全然違いますね。ベランダだったら、この先っぽから白いのが見えるようになったら、お天気良かったら次の日には花が開いていたのですが、今年はこの状態になって既に数日たっています。
さて、いつ咲くのか?
ちなみに地植えの梅の木の蕾は未だ硬くて小さい状態です。

ネジバナ
そして今年も葉っぱが大きくなってきました♡ ネジバナ。
白梅盆栽の足下です。数年前、忽然とベランダの鉢に現れた二株のネジバナ。以降、毎年、シーズン終わりに種が出来たのを適当に色んな鉢に蒔いたら翌年出てきた株の一つです。普通の草花と違って種を蒔いても発芽率が低くて、なかなか思うように増えてくれません。他に引っ越しの時に土を整理した鉢から庭に移植した株もあるのですが、ちゃんと根付いてくれるか?とりあえずこの一株だけでも大丈夫そうなので安心しました。
引っ越しによる環境変化は植物にも影響大のはずですから。
いちご
そしてホットキャップを二枚掛けにして特別待遇で育てているイチゴちゃんに変化が。
この子も12月の早い時期に「クリスマスに自家製イチゴが食べられるかも~♡」などど、見積もりの甘いことを書いたイチゴと同じものです。
既に実がついてからどのぐらいの日数がたったのでしょう?記憶にないぐらい前から変化がない....と思っていたのですが、今朝見てみると、玉がちょっと大きくなって先がほんのりピンクになっているじゃないですか!
赤い

おお!!
もしかすると食べられる状態にならずに終わるのかも?と弱気になったりしていたのですが、この調子なら大丈夫そうです。嬉しい。

年が改まって、菜園に直射日光が当たる時間が確実に長くなっています。
その変化を植物はちゃんと受け取ってるんですね~。
今朝も庭は全面真っ白の霜霜でしたが、季節は着実に前に進んでいるのが植物を通して感じられます。


関連記事
2015/01/19(Mon) | 菜園は今2015 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
口を開けると中身が全部見えるバッグ、作りました
全体
脇の下にかかえるショルダーバッグです。
布は本体はエクセーヌ、ポケット部分は去年作った幾何学模様のチュールバッグの残りで。
構造は車掌さんバッグと同じ....だと思います。車掌バッグの方を手に取って観察したことがないので。

オープン
ほら。
開口部が かぱっと全開に。
そこが良くてこのデザインを選んだわけですが、使ってみてもとても便利です。べてぃの場合、いつも持ち歩く物が多いので、あれはどこに行ったっけ??と捜すのが大変。特に入り口が小さいバッグや横が狭くて深いバッグだと、探し当てるまでが大変です。なのでいつも横長で浅いバッグを選んだり作ったりしているわけですが、ここまで中身丸見えのものは売ってるのを見たことがない。ただ今一番のお気に入りです。

構造的には簡単なバッグです。作るのも簡単でした....とは結果が出てみて言うこと。バッグ教室に通うようになってまだ回数が少ないので、洋服と違って完成したサンプルを見てもどういう手順で縫うのかさっぱり想像がつかないので、余裕がない。作成途中の写真を撮ってこようといつも思うのですが、すっかり忘れちゃいます。
ということで写真なしでごめんなさい。
でもこのバッグ、布は単なる長方形です。それを縫って、コの字型の口金を入れたらこの形に。作った本人も、へぇ~、こうなるんだ!と驚きました。

横横から見るとこんな感じ。
スリムなので、脇の下にはまります。

教室にあるサンプルに変更を加えてオリジナルで工夫したのは持ち手と外ポケット。

ポケット
外側にポケットがあると便利なんです。
いくつか作ってみて、パスケース入れ、携帯入れ、ペンやのど飴など入れる三つポケットは最低限欲しいです。本当は両面ポケットにして4つ、5つポケットがあるとベストなのですが、今回はデザインも考えて三つにしました。
深さはスマホがちょうど入る高さに。

RIMG0156_20150113155218ebf.jpg
パスケースを入れるポケットにはループをつけました。
パスケースは落とさないようにひも付きにしているので、それをバッグにつなぐためです。

去年は年後半が新居の庭との格闘に時間がとられてお裁縫に割いた時間が少なかったです。でも今年は去年ほどドクダミ、ヤブガラシとの闘いに時間を使う必要もないはずなので(というか、そう願いたいものです)お裁縫にもうちょっと力を入れたいと思っています。
ただ今最近流行色のブルーのジャケット制作中。
完成したらまた見てやってください。

関連記事
2015/01/13(Tue) | ちくちくお裁縫2015 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
葉が二か所から出ている大根の不思議 と ゴルゴで紅白なます
葉二つ
種を蒔いても芽をヨトウムシにやられて育たなかったために何度か蒔き直し。結果、植える時期が遅くて大根はこんなチビちゃんのまま成長をとめたままです。ま、小さくても食べられるので、使ってます。
予定外の一食食べきり大根。
葉っぱを落として洗ってみると...ん?
何だか変なのは...葉っぱが二か所から出ている??

上から
上から見るとこう。
メインの葉っぱの横にサブの葉っぱがついてる感じです。
何故??大根は毎年作っていますが、初めて見ました。
おさげ髪、じゃりんこチエみたい。
何でこんなことになっちゃったんでしょう?

こうしん大根
こちらは紅しぐれ。実も赤が入ってポリフェノールが多い健康大根です。
二つ
こちらも良く見ると一本はこのとおり。葉っぱが二か所から出てます。
う~ん。不思議。
二株がくっついて一つになったわけではなし....と、ここまで書いて調べてみたら、「成長の初期段階で加湿や干ばつなどの強いストレスがかかると葉が二か所から出た大根ができることがある」という記事が出てきました。
そうなんだ~。強いストレスがかかったんだ~。
でも加湿も干ばつも思い当たらないのですけど。

そうだ!あれだ!あれに違いない!!
ヨトウムシに毎晩なめられたりかじられたりしたのがストレスだった!?
それならわかります。
虫
だってジャrンコチエ大根はこのとおり。
絶対に犯人はヨトウムシです。もう~。折角洗ったのに食べるところないじゃん!!
ごるご
それはこちらも同じ。
ゴルゴ。赤白のぐるぐる、なるとみたいな模様が不思議な野菜です。ビーツの仲間。
去年、春に収穫した時に珍しいから人にプレゼントして喜ばれたので、そうだ!お正月にプレゼントしたらおめでたい紅白野菜として喜ばれるかもね~と思って秋植えに挑戦しました。そして結果はこのとおり。
見事にヨトウムシにガシガシ食べられちゃって、掘ってみると人にプレゼントできる状態ではなし。
なにせ横をかじられちゃうとせっかくの赤白の輪っかが....
ごるご
このとおり。
虫食い部分をカットしてスライスしてナマスにしてみたら、輪っかがかけてこんな状態に。
でもま、赤白なのはそのままなので、人様には差し上げず、自分で食べました。
一種類の野菜で紅白ナマス、それも射撃の的みたいな◎というのはかなりおめでたいから、お正月にはぴったりだと思うので、来年も種取り寄せて秋植えに挑戦してみようと思っています。
ただしゴルゴは見た目で勝負の野菜。
お味はほうれん草の根っこを凝縮した...かな~り土臭い感じの不思議なお味です。

今年も珍しい野菜をそだててみたいですね~。年も変わったし、畑のシーズンもすぐそこ。うかうかしていられません。
関連記事
2015/01/09(Fri) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
雪見障子ならぬ「庭見カーテン」を改良してみました
夏お正月休みにカーテンを改良してみました。

和室前の広縁のカーテンには手持ちの寸足らずのカーテンに着物リメイク布を足してサイズを直したことは以前に書いたとおりです。リビングの方もそうしようかとも思ったのですが、この寸足らずがちょうど良いことに気づき、前の家から持ってきたままでここまで暮らしてきました。

というのも本当はカーテンあけて暮らしたいのですが、お向かいから丸見えなのもちょっとね...ということで、カーテン締めた状態でも外の様子が裾の下から直に+布を通してうっすらと見えるこの状態が実はナイスなんです。
雪見障子ならぬ「庭見カーテン」。
足元がお向かいから見えても特に問題ないし、家の中から常に庭の様子が見えてるのは嬉しい♡
ということで半年間この状態で暮らして来たのですが、冬になって問題発生。

まぶしいのですよ。
カーテンの下から太陽光が直に室内に入って床に反射してギラギラ。
そして家の中で紫外線ばりばりあびてるような気がする。
夏の間は家の中には全く太陽光が入らなかったのに今やカーテン開けると部屋の奥までバッチリ日向です。おかげで晴れた日の昼間は暖房要らずなのは嬉しいのですが、日焼けが怖い。目に悪い。
ということでお正月休みの時間を使ってカーテン改善することにしました。

完成

完成したのがこれ。
クリムトの「接吻」を思い起こさせる布を手に入れたので、それを使ってみました。
でも新しい布でカーテン作り直したわけではなくてお手軽に前のカーテンに布くっつけただけです。

余り
というのも元の庭見カーテンは薄くて透け透けですが、紫外線カット布なのでこれを活かしたい。
その上クリムト布は布バーゲンで3メートルカットのものを二つ買っただけなので、タックをとってちゃんとカーテンに仕立てる分量がないのです。
なので、元のカーテンの上に新しい布をのせて使うことにしました。
横幅をあわせてみると余裕分は写真の分量、10センチぐらいしかありません。
わかりにくい写真でしたね。膝の上でベージュのカーテンから左に出てる分量が余裕分です。

ゆるみ
平面状に下げるカーテンもありますが、多少ひらひらした方が可愛いので、余裕分を元のカーテンのタック周辺に均等に分けながら、くっつける布と元のカーテンの横幅が同じになるようにピンを打って...
ぬう
手縫いで合体。
針目は裏を大きく、表は少しだけすくって。針目、きたないですね~。でもこれで十分。カーテンの上部なんてじっくり見ないから。はは。
制作はクリムト布をカットして上下左右を三枚折にしてミシンかける→元のカーテンに手縫いでくっつける というだけの作業なので超簡単。
見える見えない
実はここの窓は幅広で、市販のカーテン三枚分のフックがついています。
真ん中のフック台にマグネットがついているので、普通なら幅広カーテン二枚にするところですが、庭が見える状態を何とか維持できないか?と考えて、マグネット無視して三枚カーテンのままにすることにしました。
両脇はクリムト布をプラスした布二枚重ね&床までのものにし、真ん中は元のままのちんちくりんの庭見カーテンのまま。

まだ太陽がまぶしくない時間帯には真ん中部分を広く開けておけば裾の下の隙間からこれまでどおり庭がよく見えるし、カーテン越にも外の様子が見えます。両脇は一枚布を足したことで外の様子は見えなくなっちゃってますから。
締める
家の中に太陽が燦々入る時間になったら、両脇のクリムトカーテンを中央に寄せて閉めてしまえばこのとおり。
まぶしくもないし、恐らく一枚よりも布二枚になった分、紫外線も減っているはず。
真ん中に寄せちゃうとクリムトカーテンは両側の端がなくなるわけですが、それはもう一列ついているカーテンで補完します。

リビングの前でお花や野菜を育てられる大きな庭のある家に住みたい!という永年の夢がかなって今の家に越して来たのですから、少しでも庭を眺めていたい!という気持ちをカーテンでにしてみました(^^)
春になったらこの寸足らずのカーテンの隙間から咲きこぼれる花とたわわに実る真っ赤なイチゴが見える予定なのですが...さて、うまく行くかな?

関連記事
2015/01/06(Tue) | ちくちくお裁縫2015 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
富津公園からの富士山は 一富士+二鷹でした
富士鷹明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします♡

年の初めはやはりこれから!ということで、富士山を見に行ってきました、富津公園の展望台。
富士山見物スポットとして有名な場所です。

晴れてるけど海からびょーびょー吹く風で寒い寒い。時々よろけるぐらいの風に足踏ん張って富士山写真の構図を考えている丁度そのフレームの中に入ってきたのは....おお!...もしやあなたは鷹!?
サイズ的にカラスじゃないです。
でも鷹なのか鷲なのか、はたまたトンビなのかは間近で見てもべてぃの目には同じに見えるので、ま、これは「鷹」と決めつけておきましょう。
お正月と言えば 一富士二鷹三なすび。
富士+鷹が一枚の写真に納まるなんて、めでたい!あとはなすびだけ。
帰りにスーパーで買おうかと思いましたが、こんな寒い中体を冷やす茄子を食べることもないだろうと断念。それにしても富士と鷹はわかりますが、何故なすびの夢がめでたいんでしょうね?

富士
東京湾入り口の一番すぼまっている部分に三角にトンガっている岬の最先端に富津公園があります。
展望台に登って見回すと右は東京湾がぐるりと見えて、湾岸のキリンクレーンとか横浜のランドマークタワーなどの外観が特徴的なビルもえらく近くに見えます。そして富士山、そして左手は東京湾の外、太平洋への出口が。
富士山を含む景色を見るには絶好の場所です。
上の写真の富士山の左に見える棒を積んだみたいに見える三角が展望台。ちゃんと写真とってくれば良かった。小さいですね、写真。複数方向から登れる三角のジャングルジムみたいな形の巨大なものです。
お金かかってそう~。
タクシーの運転手さんによるとこの不思議な形は天皇陛下が来られた記念?に五葉松を模してこの形になったとか。
本当かな?
そう。タクシーで行きました。
べてぃは車持ってないので何とか公共機関で行けないか?と思ったのですが、富士山がきれいに見える朝の時間にうまく内房線の電車+バスで富津公園までたどりつくのは無理と判断して最寄りの青掘駅まで電車で行き、そこからタクシーで展望台まで。地図で見ると近いように見えたのですが、なんと2500円超かかりました。はは。ま、仕方ないです。
帰りはテクテク30分ぐらい歩いて公園入口?にあるバス停まで歩いて、そこで一時間に一本のバスを待ち、無事に帰宅。
一時間に一本しかないとなると、絶対に遅れられないこのプレッシャー。間に合って良かったです。

カイトサーフィン
とにかく風が寒くて、ぶるぶる震えるべてぃの横をこんな人がすい~っと。
な、なにぃ~?
時々空飛んだりして楽しそうなんだけど、寒くないのかお兄さん!!??
カイトサーフィンに打ち興じる若者が沢山いました。
パラシュートつきのスノーボードみたいな板にのって波のりするもの。波の力と風の力を使えるからスピードもあるし、空も飛べるしで色んな面白さの複合お遊びです。実物、初めて見ました。
出来たらものすごく楽しそうなスポーツですが、なにもこんな真冬にやらなくても....と思うのはオバサンか?
あ!カイトだから空に浮かんでるのはパラシュートじゃなくて「凧」ですね。
ということは新種のたこ揚げ?だったらお正月にふさわしい...でも寒い。

お正月の内に綺麗な富士山の姿を拝めて良かったです。
引っ越して半年。近隣の探検はせずに過ぎちゃいましたが、富士山の見えるシーズンのうちに探検せねば。富津公園はその第一弾でした。内房エリアは綺麗に富士山が見えるスポットが沢山あります。
関連記事
2015/01/03(Sat) | 今日の富士山 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
 ホームに戻る