農業の前に土木工事の日々です。う~。
DSCN1622エンドウ
スナップエンドウの花が咲きはじめました。
かなり根っこを切って連れてきて、おまけに土質が全く違うのに何とか生き延びて実りをくれる気配です。ありがたい。

DSCN1621ソラマメ
同様にソラマメも、花芽がついた状態で掘りあげて引っ越ししたわけですが、こちらに来て花数も増やして何とか大丈夫そうです。

DSCN1617スズラン
そしてこれはスズラン。
咲いた状態でポットにあげて引っ越し後に移植した直後はぐったりしていましたが、ちゃんと根付いたようでしゃっきり伸びた状態で可憐な花を見せてくれています。

...というような感じで植物たちは根っこ切られたことにも環境が変化したことにもちゃんと対応して、たくましい。
それに比べて人間の方がやられてます。
いや~。引っ越しも10回目なので環境変化が悪影響を及ぼすなんて思ってなかったのですが、前の借家を管理する不動産屋の対応のひどさとか引っ越しのトラブルとか(な~んと、二階のベランダからの搬出途中のタンスが見事に落っこちたり、箱は指定の部屋に全然入ってなかったり)で今までにないストレスフルな引っ越しで...う~。
そんなことで家の中は未だに箱の山。畑も進んでないんです。
でも連れてきた植物だけは何とかせねば!ということで頑張って作業した過程で、先日ちょこっと書いた「この土地の問題点」に直面したりして...それもストレスの一因なのですが、格闘中です。

DSCN1495水没
問題が一目でわかるのがこの写真。
ん??なんじゃ?畝の周りにお堀がある?って感じですよね。

引っ越しの翌日にとにかく急いでスナップエンドウ(左)とソラマメ(右)の畝を作って移植。その翌日に大雨が降った結果なんです。
ここのところ雨が多くて、引っ越し前日も大雨。引っ越して来て畑用地をみると、沢山の水たまりがありました。げげげ。一日では水がひかないんだ....水はけ悪いってこと!?と思ったので、未だかつてない高畝を作って植えてみたところ、こんな状態に。ま、高畝にしたおかげで苗の水没事件は発生せずに済んだわけですが。
でもこれは一大事。
その日の雨は午前中でやんだので、午後から土木工事ですよ~。
とにかくたまっている水をどけなければ根っこが腐っちゃいます。どうすれば良いのか??ま、水がたまってるなら水路を作ればどうにかなるんじゃないの?という素人考えで、さっそくスコップを手に取って掘る掘る。

DSCN1500水路一時間の溝掘り作業の結果です。
土はえらく柔らかいので、べてぃの力でも掘るのは簡単。細い水路なので一時間仕事です。
水路に水を流すためには傾斜をつけないとダメなわけですが、そんな技量はべてぃにはない...無駄かも?と弱気になりかけましたが、水没しかけた畝から始めて掘り進めると何故だか水がついてくる。その様子を見ると敷地奥から入り口に向けて緩やかに下がっているようです。

DSCN1502水路水路の先は道路の排水溝。
きっと泥水状態で排水溝に水が入ってしまうので、こんなことやって良いのか?と思うのですが緊急措置としては他に手がない。
細い水路なのに結構順調に排水は進んで...

DSCN1503.jpg
翌朝の状態。
畝の周りにちょっと水は残っていますが、水没状態からは解放されました。
良かった。

う~。どういうこっちゃ??
大家さんも大きな農家だし、ご近所にも家庭菜園をやられている方が見受けられるので農業ができない土地ということはないはず。それにお隣の方によるとべてぃのお借りした土地の隣りの荒れ地は少し前まで畑で、色んな作物を作っていたので大丈夫よとの心強いお言葉も。

水はけがここまで悪い原因は何なのか?土自体は砂粒が沢山見えるけどかなり粘土質が多い土のようです。粘土が多い分排水能力が低いということ。でもそれ以上に、土を掘ってみると30センチぐらい下にエラク硬い土の層があるんです。岩盤じゃないけど岩のような硬さ。恐らくその層が水を通さないせいで水はけが異様に悪いのではないかと。
う~。
先日、柑橘類の剪定に来てくださった生涯大学校の友達の推測では宅地に造成する時に土を盛っているはず。その際に下に硬い土を入れて地盤を固めてその上に山砂を盛ったのでは。年月経て下に入れた層が岩盤みたいに一体化して下に水が抜けなくなったのではないか?とのことでした。
当たってるような気がする...。
でもその人によると「この程度の水はけの悪さなら全然大丈夫。野菜はできるよ~。もっとひどいのかと思ったよ。」とのことでした。この地域の農家の生まれの方なのでほっと一安心でした。

でもこのままでは梅雨を越すのは無理なのでは?
それまでに全面的土木工事をして何とか水がたまらないように工夫せねば!でもどうやって!?
....考えたのはやはり排水溝づくりと、加えて畑にしたい場所に他から土を盛ってきて盛る。
「掘る+盛る」の二段構えの工事でどうだ?

DSCN1634溝二号
机上で考えていてもうまくいくかどうかはわかりません。とにかく実験あるのみ。
ということで、これが昨日掘った排水溝2号。
敷地奥の方から低くなっている入り口方面に向けて水は流れてくるはず。
つまり畑を作ろうと思っている場所に向かって奥から流れてくることになります。
だったら奥の方に畑を作るという手もあるのですが、「家の前に畑が広がる暮らしがしてみたい!」と思ってここに越したわけなので、そのイメージに沿うには....奥から畑方面に流れてくる水を流す排水溝を設けてみてはどうか?と思って掘ったのが排水溝2号です。
夕暮れ時にとったので鮮明な写真じゃなくてごめんなさい。まっすぐに掘ってある場所が溝。写真奥が敷地奥、手前が水が流れて行く敷地入り口方面です。右手奥にエンドウなどが植えてあるのが見えるはず。このあたりを畑にしたいのです。
排水溝二号は写真左方面から畑用地に向けて流れてくる水を防ぐためのもののつもりです。
この溝も昨日2時間ぐらいで掘ったものなので、大雨ふったらさてどうなるのか?
畑仕事の前に土木工事の日々が続きそうです。
なんでじゃ~。

家さがしは難しいですね。借家なのに...それも山の中の辺鄙な場所とかじゃなくて結構便利な場所なのに畑として使える土地がついてくるだけで御の字。(そんな家は滅多にない)下見に来た時に一応小さいスコップで土を掘ってみて、土の状態とかガレキだらけじゃないねと、その程度の確認はしました。でもよもや土の下30センチがこんなことになっているとは。
びっくりぽんだす。

スポンサーサイト
2016/03/28(Mon) | 菜園は今2016 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
コメント
----

おはようございます。

スナップエンドウ
お堀りの中の出城状態ですね。

大変でしょうけど
頑張って下さい。

里芋は、いいけど
じゃがいもやサツマイモは、
土地改良されないと
難しいかも?

by: がんばー * 2016/03/31 07:29 * URL [ 編集] | page top↑
----

これはこれはお疲れさまでした。もしかして今筋肉痛でしょうか? 読んでみて、お気の毒です・・・
広い上に水はけ改良工事を自前でなんて、びっくりぽんです。なんとかなることを祈ってます。

ソラマメの下の花はスズランでなくてスノードロップでは? ごめんなさい・・・

一気に暖かくなり、畑作業開始です。身体痛めないように・・・
by: くろうさぎ * 2016/03/31 15:15 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

がんばー様:ありがとうございます。
土自体の問題よりも下にある層の問題が大きくて水はけが悪いみたいなので、何とかならないかと試行錯誤中です。
サトイモだけできても仕方ないですからね...そんなんじゃまた引っ越さなきゃいけなくなります。う~。
お向かいにある畑では一般的な野菜が育っているので、ま、何とかなるかと前向きに行こうと思っています。
by: かみたけべてぃ * 2016/04/01 17:51 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

くろうさぎ様:ご心配いただき、ありがとうございます。
禍福はあざなえる縄のごとし...って、こういうことか?って感じです。
幸い土はえらく柔らかいので掘るのは簡単なんです。なので、使わない場所と畑用地の間に広い溝を掘ってしまって、そこを水路にしたら何とかなるのでは?と前向きに作業することにしました。

そして花の件。
「すずらん」で検索したら同じ画像が出て来たので、「あら、これもスズランなんだ」と思って書いちゃいましたが、今「スノードロップ」で検索したらやはり同じ画像が。うむむ。くろうさぎさんもそう言われることなので、きっとあれはスノードロップですね。教えていただいてありがとうございました。
花の名前に疎いです。
by: かみたけべてぃ * 2016/04/01 17:56 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/1061-21d472d6
前のページ ホームに戻る  次のページ