新居での初収穫。そして菜園開墾の進捗報告。
DSCN1795エンドウ
スナップエンドウの実を発見。
嬉しい~♡
自分家の収穫まではまだ大分かかりそうだし、もしかすると収穫はないかも...と弱気になってたので、スーパーで売っているものを何回か買ってみたのですが、期待する春の味とは違っていて....。残念。やはり枝豆、ソラマメ、エンドウといった豆類は鮮度で大分味が違うのですね~。
花は沢山ついているけど、新しい土地の畑で果たしてちゃんと実になるのか?と不安に思っていました。
最初の小さい実を発見して、本当にうれしいです。

DSCN1785アスパラ
実は他にも続々と新しい菜園での芽吹きの発見が。
アスパラです!
嬉しい♡
ひょろひょろ。
芽の出たこの株は東京の市民農園→前の家の畑→今の家の畑 と、何度も根っこの端っこを切っては植え替え植え替え。それも全然違う土質に植え替えられて、もしかすると今回はダメかも?何せ水はけがえらく悪い...と不安に思っていました。
にょきっと出た芽に目を疑うと共に本当にうれしいです。
植え替えた直後の今年は根っこを太らせるために収穫はせずに葉っぱに育てます。

DSCN180倒れる
そして事件が!
玉葱の茎が集団で倒れています。ちょっと前から気になってたんですよね。最初は一本だったのが、日を追うごとに倒れる本数が増えて....ううう。やはり玉ねぎは今の家の土ではダメだったのか~。
でもすくっと立ってる株もあるから、全滅ってことはないよね?と自分を慰めつつしばらく経過観察。というのもダメになって茎が倒れたにしては葉っぱは青々していて元気そうなんです。土のすぐ上あたりでポキっと折れたかのごとく倒れているけど青々。
土があわなくてとか今の畑の問題点である水はけ問題が原因で倒れるなら、葉っぱが枯れてるとか病気になってるとか、何か原因を推測することができる点が見えそうなのに、葉は全然元気そうなんです。

茎の太さはこちらに来て移植してから半月弱、ほとんど変わらず細いまんまです。玉も太ってる気配はなし。
何が起こってるんだろう??
ま、考えていても答えは見つからないので、意を決して抜いてみました。
すると

DSCN1804実
おお!
かなり小さいですが、玉ねぎ発見。
どういうこと?
今までの経験で言うと、玉ねぎは玉が太ると土の上に丸いのが見えるので、どのぐらいの玉になってるか明白。その内に茎が倒れたら収穫の合図。そうか!玉は見えなかったけど、茎が横に倒れていたのはもしかすると収穫の合図だったのかも?

考えてみると植えたのは二品種でした。
一つは長期保存可能な収穫期が普通の品種で、もう一つは高糖度で極早生(春収穫)のサラダ玉ねぎでした。
恐らく茎が倒れたのは極早生品種で、今もすくっと立ってる茎は6月収穫の普通の玉葱なのでしょう。極早生品種を育てるのは初めて。それも途中で移植なんてしたので、もうぐちゃぐちゃです。

それにしても小さい玉。
ま、仕方ないですね。春収穫のものを3月に引っこ抜いちゃったわけですから。
今の畑に移植したのは3月20日。つまり移植してから20日しか経っていません。こちらに来た時は玉なんてなくて、ちょっと膨らんだネギ状態だったのに。
たった20日の間に大急ぎで成長してネギから玉ねぎ化。そして完全に大きくはなってなくても恐らく時期が来たと思って茎を倒して....。
自然の営みの規則正しさに脱帽です。
エライなぁ~。そして羨ましいなぁ。
規則正しく時を刻む機能が植物にも人間にも備わっているはずなのに、人間はそのリズムが乱れがちな現代です。
でもべてぃの不眠は大分良くなりました!
ご心配いただいた方々、ありがとうございました。
こうやって植物たちが次々に過酷な移植を乗り越えて、新たな土地で文字通り根を張って頑張ってるんですからね。人間だけへたっているわけには行きません。

DSCN1807排水溝拡大
野菜に力を貰って頑張っているのは排水溝の幅の拡大と土盛り作業です。
本当はもっと深い溝にしたいのですが、何せこの深さでえらく硬い粘土層にあたるので、深さはここまでとし、幅を広げてみました。
既に4月も中旬に差し掛かり、夏野菜の植え付け準備が気になるところ。この溝の左右に畝をつくる予定で土盛り作業も継続中です。あまり無理すると腰にも悪いし、できる時にボチボチ進行中。

不思議なものです。
収穫があることがこんなに気持ちを盛りたてるなんてね。
野菜づくり、やめられません。
スポンサーサイト
2016/04/11(Mon) | 菜園は今2016 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
コメント
--可愛い--

初収穫、おめでとう。
美味しそうな玉ねぎ。糖度が高いということだから、サラダにいいんだろうね。

エンドウもアスパラもまだ可愛い。買ったものとそんなに味が違うとは知らなかった。一度美味しい味を覚えてしまうと、もう落とせないよね。

そして、少しずつでも体調がよくなっているようで何より。新しい環境に、野菜たちと一緒になじんでいってください。

by: OKCfan * 2016/04/11 18:19 * URL [ 編集] | page top↑
----

玉ねぎの葉の倒伏は、収穫のサインです。この葉を括って、軒下などに吊るして貯蔵してください。(収穫が遅くなりすぎると、葉が傷んで切れやすくなり、括って貯蔵することができなくなります。そうなると、玉をネットに入れて貯蔵することに。)
べてぃさんが手をかけているから、植物たちが応えてくれていますね~。
by: yuderakka * 2016/04/11 23:56 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: 可愛い--

OKCfan様:ご心配いただき、本当に感謝です。おかげ様で大分元気になってきました。眠れるようにもなってきたし。
農業も漁業も生産者の口にしか入らない味というのがあります。
野菜づくりをやめられない理由の一つはそれなのよ~。
ものによるんだけどね。やはりプロの作った野菜の方が美味しいというものと、鮮度が命のものとあるから。
家が近くになったら是非来てね。
とれたて枝豆&ビールで乾杯!
by: かみたけべてぃ * 2016/04/12 09:22 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

yuderakka様:玉ねぎは倒れたままにしておいてはいけないのね。
早速、今日収穫して吊るします。情報ありがとう!
植物に癒されてます。
勿論、こうやってコミュニケーションとってくれる友達にもね。
ありがとう。

by: かみたけべてぃ * 2016/04/12 09:25 * URL [ 編集] | page top↑
----

あ、言葉が不足していました。数日程度おいても大丈夫なので、ある程度の数が倒伏してからの作業でいいかと思います。
括り方は、去年、畑の師匠に知恵をつけてもらいました。拙ブログ2015.6.14をご参考に。
by: yuderakka * 2016/04/12 23:02 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

yuderakka様:移植した半分弱が既に倒れていたので、恐らく極早生種は全部倒れたはず。ということで、昨日収穫してみました。でも...この葉っぱをどうやったら結べるんだろう?調べなきゃ~と思ってとりあえずそのままです。
ナイスタイミングの情報、ありがとう。学ばせてもらいます。
by: かみたけべてぃ * 2016/04/13 09:00 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/1065-cc268869
前のページ ホームに戻る  次のページ