メロンのころたんは屋根なしでは無理なのかも...
DSCN3347収穫
今朝の収穫です。
朝ごはん用にトマトとパクチー、オクラ、茄子、ラベンダー、そして小玉スイカとメロンのころたん。
スイカと ころたん は実の間引きです。
というのも...

DSCN3374スイカ
すみません~うまく写真がとれません。
小玉スイカは教科書どおり、摘芯して脇芽を4本伸ばしてその一本ごとに一玉を育てて全体で四玉収穫!今年こそ!と意気込んでいました。ちゃんと摘芯もして、次々に出てくる脇芽もとって...と途中までちゃんと管理していたのですが、大きな失敗が。
参考にした図では伸ばす4本をそれぞれ別の方向に伸ばすようになっていました。
ま、図だからね~と思って伸ばす方向は適当。スイカちゃんのお好きなように伸びて頂戴....と放置した結果、今や次々に自然受粉して出来る玉がどの枝についているのか全く判別不能。
失敗です。
う~ん。
今朝見たところ、出来てる玉は6個。予定より2つ多い。
このままにしておくと美味しいスイカにならないのか?もしかするとこのままでも良いのではないの~?と、折角できた玉をもぎ取るのはためらわれるわけですが、経験上、こうやって勿体ながって沢山ならせた野菜が美味しかったことはない。
ということで、チェックしてみると明らかに同じ枝から生えている実が二個あるので、その内一個をもいでみました。
それが写真の小さいスイカです。

DSCN3351すいか
外は小さいけど既にスイカですが、カットしてみると中はこんな感じ。
ああ、でも種はできてるんですね。
もうちょっと早く撤去すべきでした。
DSCN3349メロン
メロンのころたんも一玉撤去。
というのも葉っぱがどんどんダメになっていて元気がないんです。
網つきメロンだけどグリーンカーテンコンテストをやっていたりするほど育て易いらしいのに、べてぃは既に3シーズン目ですが一度も収穫できてません。苗についてくる育て方指南には屋根をつけて雨がかからないようにと書いてあります。株の痛み具合からすると何かの病気っぽいので、やはり雨がジャバジャバかかる状態で育てるのは難しいのでしょうか?
う~ん。残念。
ころたんも自然受粉率が高くて複数の玉がついています。少しでも株への負担を減らそうと、玉を一個撤去してみたのがこれなんです。
DSCN3350ころたん
こちらもカットしてみると、スイカよりは成熟版に近い見た目です。
お!もしかすると既にメロンになっているのでは?と思うのですが、残念ながら甘さゼロです。はい。
DSCN3375地はいたち
菜園が広くなって何が良いって、地這い栽培をする野菜が這いまわる場所がいくらでもあることです。
地這いくんたちをまとめて植えてあるエリアはただ今こんな状態。
奥から手前に向かってスイカ、カボチャ、まくわうり、プリンスメロン、韓国カボチャのリッチーナです。
一部に去年使った百円ショップのオーニングをワライラズの代わりに敷いていますが、基本はこの周辺に生えている丈の短い雑草は駆除せずに、地這いたちがつかまる先として残して、それにつかまってもらっています。
去年はツルボケで葉っぱばかり茂って実がとれなかった地這いグループ。
今年こそ!

DSCN3361.jpg
リビング前に植えたヒマワリが咲きそろってきました。
まだ蕾の頃は太陽を追ってぐるぐる花が回っていたのに、咲いたらちゃんと東を向いて固定。
つい先日まで、夕方見ると西向いていたのに。
不思議です~。

スポンサーサイト
2016/07/01(Fri) | 菜園は今2016 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/1085-68cb30ef
前のページ ホームに戻る  次のページ