バッタ、うぐいす、バナナまくわ、青茄子
DSCN4190.jpg
バナナマクワ二号。
一個目は細長い形でしたが、二個目はこんなお尻の大きいひょうたん型。三個目もです。
一個目の食感は柔らかめのウリだったので、種袋に書いてある「バナナの食感」になるんじゃないの?と期待してかなり柔らかい部分が出来るまで収穫を待ってみました。その加減が難しい。あまり置き過ぎると熟しすぎの部分をダンゴ虫にかじられて食用にならなくなるので、地面に接している部分がかなり柔らかくなったところでもいでみました。実を持ちあげると茎がぽろっとはずれたので、収穫期なのは確実です。
で、「今度こそバナナか?」と期待大で食べてみると....う~ん。バナナの食感とは言えない感じです。やはりねっとり感はなくて柔らかいけどやはりウリ。
でも美味しい!かな~り良い線美味しいです。味良し香り良し。
べてぃは甘すぎるものが好きじゃないので、メロンよりもマクワ瓜に軍配!!
来年も栽培決定です。おやつとして食べた後は種をちゃんと干して保管しておくのを忘れないようにせねば。

DSCN4188.jpg
そして青茄子の収穫が本格化しました。
トマトの左隣の青いのが青茄子。その左は韓国カボチャのリッチーナです。

どちらもべてぃの夏の菜園の定番なのですが、今年はとにかく種を蒔いても芽が出なくて。このまま出なかったら今年はこの二種類は食べられないのかも...と、一時期弱気になりましたが、何度目かのトライで成功。発芽時期が遅いと初収穫時期も遅れるので、やっと二つとも収穫期に入って嬉しいです。

韓国カボチャは韓国スーパーに行けば年中売っている、韓国人御用達の野菜。青茄子の方は滅多にお店でみかけることのない野菜ですが、熱を通すとねっとり柔らかい食感でべてぃは大好きです。何故売ってないんだろう?と不思議なのですが、生涯大学校の友人の分析では普通の茄子に比べて出荷サイズになるまでの日数がかなり長いから、商売にならないからじゃないか?とのことでした。なるほど。それが真実なのかどうかはわかりませんが、去年苗を下さった生涯大学校の先生によると、原種に近いので丈夫で作りやすく連作しても大丈夫とのこと。自家用として育てるには最適な品種です。

今年の青茄子は去年収穫した実からとった自家採種の種から育てたものです。
自家採種の種で毎年野菜を育てる生活、やっとできるようになりました。市民農園の時代には狭い面積で、種がとれるまで置いておく面積の余裕はなかったですから。

DSCN4069パクチー
自家採種で育てているものがもう一つ。
最近大流行のパクチー。春から夏にかけてはトウ立ちまでがエラク早いので、あっという間に種がとれてまた次を蒔く、を繰り返しています。写真の芽はちょっと前の写真なので、今はもうちょっと大きくなっています。今の家に引っ越して既に3代目。三回目は流石に暑すぎて発芽しないかもとダメ元で蒔いてみたら、芽がでました。でも最近のこの暑さの中でちゃんと育つか?ちょっと自信ないです。南国野菜のパクチーも驚く暑さの日々。

DSCN4207仲良し
そして最近、庭のあちこちで目にして気になっているのがこれ。
あら~。向かい合って、何て仲良しさんなんでしょう!と思って、次の日に見たら同じ場所で同じように向かい合ってるバッタ。
近くで見たら...あらら。一夏の活動を終えたバッタでした。
きっと立派に子孫を残し、思い残すところもなく夫婦向かい合って....かどうかはわかりませんが、今頃天国です。
バッタは最後まで植物に抱き着いた状態でいるんですね。横になって地面に寝た方が最後のエネルギーを消耗せずに済むような気がするのですが、バッタにはバッタの理由があるのでしょう。

DSCN4141ぶら下がり
こんな子も。
元気に飛び回ってるバッタもあちこちにいるので、へぇ~、花にぶら下がって遊ぶバッタがいるんだ~と思いましたよ。
べてぃの菜園だけでもぱっと見て10以上はこんな状態のバッタが。
ここ数日とにかく驚くほど暑いですけど、暦の上では既に秋ですからね。夜になると秋の虫の鳴き声もにぎやかになってきてるし、着々と季節は進行中です。

そういえばお隣のキジさんは最近とんと姿を見ません。
こんな暑い時期にはどこか涼しい場所に飛んで行ったんでしょうか?鳥は便利ですよね~羽があって。
でもこんな暑いのに引っ越しする様子もなく、ウグイスは毎日鳴いています。

奈良出身の友人によると「ウグイスは繁殖のために鳴いているので、彼女が見つかったら鳴かなくなる。うちのあたりでは5月ぐらいまでしか鳴いてないよ。」とのこと。ん?ということはべてぃが引っ越して来た頃から今に至るまでずっと毎日美しい声で鳴き続けている、お隣のウグイスさんはモテ期の全く来ないウグイスってことでしょうか?
歌は相当上手なんですけど。
ホーホケキョも谷渡りも、毎日手をとめて耳を傾けてしまう、円熟の美声。
歌は上手くてももてるとは限らないんでしょうか?そうか!つがいになるまで鳴き続けるということはモテないウグイスほど修行期間が長くて、歌が上手いってことかも...。ホントか?




スポンサーサイト
2016/08/10(Wed) | 菜園は今2016 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/1098-207c5acb
前のページ ホームに戻る  次のページ