アスパラ植え替え そしてニンニク、柑橘
れもん
レモンちゃんはただ今こんな状態です。
玉が大きくなってだんだん下向きに。色もちょっと黄色が増えて来て、そして何故かある時からお肌にシミが。
ちょっと前までツルツルきれいなお肌だったのに...。

でこぽん
そしてすべての果樹が品種不明の中、形から判断するにデコポンでは?と思っている、たった一個だけの実はただ今こんな感じ。少し黄色くなってきました。収穫期はまだまだ先の感じ。「この木にデコポンがなっていた」と言われた木には沢山の実がついているのですが、実の形は普通の丸。デコポンの特徴である頭の部分の盛り上がりがないままです。実はかなり大きくなっているので、恐らくその木はデコポンじゃない。つまり敷地の中になっているデコポンはこの一個だけということになります。
う~。
ますます収穫時期が難しい。

にんにく
急に寒くなって野菜たちもびっくりしているはずですが、着々と変化しています。
これはイチゴとニンニクを混植した畝。
先日書いたように、本で読んだ「ニンニクのツルツル植え」を試しています。つまりニンニクの皮をむいてツルツルにした状態で植えてみました。でも普通はにんにくは皮つきで植えるので、本の記事、大丈夫か?とちょっと疑って、半分はツルツル、そして残り半分は「確かに芽が出る部分は皮をむいてあった方が早く芽が出るから成長を助けるのかも?」と思って、芽が出る先の部分だけ皮をむいて植えてみました。
今までのところ、全部むいて植えた方が確かに早く芽が出て成長も早いです。これからの成長はどうか?そしてツルツル植えは病気にもかからず収穫も良いとのことだったので、その辺に違いは発生するのか?今後も比較観察継続です。

あすぱら
これは種から育てているアスパラ。一年目です。
一年目はポットで育てるように種袋には書いてありましたが、ポットのままだと水やり必須で留守が出来ないので、ま、大丈夫だろうと決めつけて夏前には地植えにしてしまったものです。何株か枯れてしまいましたが、四分の三以上は生き残って一年で結構大きくなるんだね~と思う成長ぶりです。

ただ今来年に向けて菜園用地拡大作業中。
引っ越し直後に突貫工事で作った菜園はとにかく夏野菜の植え付けに間に合うようにと長期計画などなしに畝を作って次々に植え付けをして行った結果が今の菜園です。畝の向きや長さがバラバラで、冬野菜シーズンになって防虫ネットをかけようとすると長さがバラバラの畝はえらく効率が悪い。畝の長さが違うと必要なネットの長さも違ってしまうので畝にあわせてネットを用意することになってしまうから大変なんです。同じ長さの畝が並んでいるなら同じサイズのネットを必要数用意すれば良いので管理も簡単。それに今後の輪作計画を考えるにあたっても畝は規格化されている方が考えやすいです。
そんなこともあって菜園拡大と同時に畝の整理も実行中。
区画整理をすると立ち退きしなきゃいけない家もあり....って、家じゃなくて立ち退きしてもらわなきゃいけない野菜もありで、一年目アスパラちゃんたちがそれにあたります。それも一部。
植え替えするのはもっと冬も深くなってからの方が良いのでしょうが、諸般の事情で今やらねばならぬということで、掘ってみました。

根っこ
一年目の根っこはやはりひょろひょろ。
確か4月に種蒔きしたものなのでただ今半年経過のもの。収穫は三年目以降とのことなので先は長いですが、半年でこのぐらいの根っこになるんだな~。できるだけ広く深く掘って根を切らないように注意はしたのですが、予想以上に根は広く張っていて、結構切れちゃいました。でも移植して既に一週間以上たってますが、元気そうなので移植は問題なかったようです。良かった。今後10年ぐらいは美味しいアスパラの恵みをくれる有り難い根っこなので大切に育てねば。

収穫
収穫物が冬化してます。
ネギが嬉しい季節です。どうもネギ類にあってない土のようで太くならないし、ちょっと硬いのですが、体を温める効果はやはりネギ。沢山苗を下さった人に感謝しつつ毎日ネギ食べてます。今年は野菜がえらく高額なので、お金のこと気にせずにこうやってたっぷり新鮮野菜を食べられるのは幸せです。ま、その分、ものすごい労力を費やしているわけではありますが。
スポンサーサイト
2016/11/11(Fri) | 菜園は今2016 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/1121-3dea84fc
前のページ ホームに戻る  次のページ