奇跡のような
ブルーベリー生きてた
ブルーベリーに花が。うまく受粉して最後まで落下しなければこの白い花一つがブルーベリー一粒になります。
ばら
バラにも蕾が。
茗荷
茗荷の芽。足元に三つ葉と大葉の芽が。

東京へ戻りました。戻って二晩。毎晩夜中に地震で目が覚めます。今日は午前中にもゆさっと一揺れ。これはいかん!と西へ旅立つ時にぐちゃぐちゃにした非常持ち出し袋を再度パッキングしました。恐いよ~。
西に逃れていて地震慣れしてないべてぃを気にして、「大丈夫?」とメールくれたお友達に是非ヘルメットを購入するようにと勧められました。うむむ。ホームセンターに残っているかしらん。買いに行かねば。

今日は帰ってきて驚いたことの話。
驚いたこと第一は恐れていた冷蔵庫のこと。扉あけるとぶはっと緑のカビの粉が降ってくるのでは?と思い、こそ~っと扉をあけてみると意外や意外。中に液体調味料などは放置していたので何だかスパイシーでヘンな臭いがこもっているもののカビ菌ぷは~どころか全くカビの気配なし。おお。

第二はベランダの鉢植えくん達。
50日近くも水やりしなかったわけで、過去に3カ月放置してもぴんぴん元気だった上にあまりに成長しすぎて根が素焼きの鉢をぱかっと割った実績のある鑑賞用アスパラは別として、全員死に絶えてるに違いないと思っていました。で、恐怖の冷蔵庫の次は悲しいベランダへ....くら~い気分でカーテン開けると....おおお。そこには奇跡の光景が。
生きてるじゃん!!
なんとブルーベリーは数百もの真っ白い花をつけ、バラにも蕾が。そして紫陽花の仲間のだるまのりうつぎも旅立つ前は枝だけだったのに立派な緑の葉っぱがついてる。そして隅の方を見ると茗荷のプランターには茗荷の芽とミツバが出てる。うん?おお、同じ鉢におそらく去年のこぼれ種でしょう、大葉の芽も見える。
加えて、盆栽の白梅の枝に一つだけ葉っぱの元のような緑のぽっちが見える。
奇跡のような光景。

実はべてぃのベランダには屋根がありません。なので雨の日には鉢植えには水が補給されます。それにしてもこんなに長いこと雨水だけでこんなに多くの植物たちが生き延びるとは。お友達によると東京はえらく寒かったのと雨が降る時はどっと大雨だったとのことで、それのお陰でしょう。冷蔵庫がかびかびにならなかったのも気温が低かったからに違いないし。
それにしてもまさかこんなに沢山の子たちが生き延びているとは。そもそもブルーベリー、紫陽花、茗荷、三つ葉は乾燥に弱い子たち。それに白梅の盆栽なんて土の量は本当に少ないのに。よくぞ生きていてくれたことよ。ありがたや。
このブログでご紹介していた絹サヤたちは残念ながらカリカリに枯れていました。ごめんなさい。
白梅は生きてはいるけどきっと重篤な状態。当分ICU管理ですわ。

第三は畑。
ご近所のお友達にトンネルとエンドウ類にかけていた風よけネットをはずしてもらうようにお願いしていました。それ以外もお世話して貰ったみたいで、畑は整然ときれいな状態。旅立つ前は寒さに縮こまっていた色んな野菜たちが伸び伸び大きく成長していました。寒さで半分枯れそうになっていたエンドウも立派になって沢山実をつけた状態になっていました。
持つべきものはお友達です。ありがとう!!

植物の生命力はすごい。
今回の件でそのことを改めて感じました。自分達を放置して出て行ってしまったべてぃをちゃんと生き伸びて迎えてくれた可愛い子達をこれからも大切に育てなければと思います。白梅は今年は花をつけるのは難しいかもね。でもちゃんとお世話しますよ。愛情かけて大切に育てたらきっとまた香り高い花を咲かせてくれるはずです。
スポンサーサイト
2011/05/01(Sun) | ベランダガーデン | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
--何はともあれ--

植物たちが元気で何より。思った以上にたくましい。今の季節は特に強いのかも。私も久しぶりに新緑をエンジョイしてきました。地震は落ち着かないだろうけど、成長記を楽しみにしています。
by: OKCfan * 2011/05/02 09:46 * URL [ 編集] | page top↑
--ありがとう--

この季節の日本は良いよね。新緑楽しめたようで良かったです。帰ってから勿論毎日水やりしてるので、バラの蕾もどんどんふくらんでます。可愛いよ~。
by: べてぃ * 2011/05/03 15:11 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/113-40eb0971
前のページ ホームに戻る  次のページ