アスパラ植え替え、そして去年のコンポストは使い頃

菜園は菜の花の季節です。
写真は赤いからし菜の花。茎の赤と花の黄色の組み合わせが見た目新しいです。花の中心にも赤いポッチが。雌花のてっぺんも赤です。こうなっちゃうとからし菜として食べるのは硬いので、花の部分を食べるという手はあるのですが、種とりしようと思って放置してあります。これまでは菜園面積をどうやって効率的に使うかが課題だったので、種が出来るまで置いておく余裕がなかったのですが、面積が広がった今年は初めて種をとってみようと思っています。
あ。でもこれはF1品種だったりして....確認せねば。

からまる
まだ二月なのに早々と芽が出始めたアスパラ。去年種まきした一年生苗を秋に一端地植えにしたものの、場所が悪かったので休眠期の内に別の場所に移植しなおそうと思っていたので、この予想外の早い活動期入りにびっくり。あせって掘り返しました。

種を蒔いてからまだ一年未満なのですが、えらい成長ぶりで根っこ同士が絡み合ってしまっていて、掘るのが大変。
げげげ。葉っぱはひょろひょろだったのに、土の下がこんなことになっていようとは。
種蒔き後しばらくはポットで育てて、地植えにした時は、小さいポットの中にひょろひょろの根っこが少しだけでした。その様子から、ま、そんなに急激に育つことはないだろうし、場所もないので、込み合って来たらまた植え替えれば良いから、とりあえず株間は20センチぐらいで大丈夫かな~と思って植えたのが敗因です。一年でこんなに育つとは。
うう。ばかです。

ただしべてぃの菜園は柔らかい土はほんのに十センチぐらいしかなくて、その下は硬い土。アスパラの根っこの力では硬い土を粉砕して下に伸びることは出来なかったようで、横に横に伸びていて深さはなかったのはラッキーでした。引っ越しのたびにアスパラの根っこ掘りをやってますが、とにかく深くまで根を張っていて大変なんです。
横に広がって育っているから余計にお互い絡まっちゃってます。
なので一株ずつ掘るのは無理で、全体を塊で硬い土の層から剥がすように掘って掘って....

根っこ
二時間ぐらいかかって完了。
疲れた~。
気をつけてもかなり根っこは切れちゃいましたが、掘りあげ完了。先日掘った一株を含めて八株。秋に掘りあげて既に移植済のものが3株。秋に移植したものと今回掘ったものを比較すると、早々出てきた芽の太さや数は圧倒的に今回掘ったものの方が太くて多いです。秋に掘りかえして根っこに傷をつけたから?冬の間は休眠してるだけだから...と思うのは間違いということでしょうか。
だったら今の時期に掘り返すのはそれこそ如何なものか?です。
ま、仕方ないです。

大小
ちなみに同じ日に種蒔きし、同じように移植して育ててきた株ですが、狭い面積で両脇の元気な根っこにはさまれた真ん中くんはひょろひょろ根っこになってました。
適切な株間って大切なんですね...ま、当たり前か。
掘った根っこは早速新しい場所に植えなおしました。今度の場所はずっとアスパラの場所の予定。今年は収穫せずに葉っぱ伸ばして根っこに栄養ためる年。でも来年から先10年ぐらいはずっと収穫できるはずです。これだけの株数あればアスパラ沢山食べられるはず。とれたてアスパラは美味しいんです~。

DSCN7077.jpg
さくらんぼの蕾がどんどんふくらんで、もうちょっとで開花する?と思えるようになりました。一日の変化が激しいです。
さくらんぼが変化しているということは、他の果樹も目には見えないけど変化しているはず。沢山ある柑橘は三月に剪定と施肥をせねば。去年全く実がつかなかった木は見るからに元気がなくて、周囲を観察すると木の周囲の土がカチカチになってます。これでは根っこが元気なくなる。堆肥などの有機物をあげて土をふかふかにせねば....ということで思い出したのが、コンポストです。

べてぃが使っているコンポスター(堆肥をつくる容器)は一個だけ。どんどん材料を入れて行って満杯になったら、容器を他に移設して、中に入っている堆肥になりかけの山は雨がかからないように黒マルチのフイルムで覆ったお団子にして放置しておきます。
去年の三月に今の家に引っ越して来てから菜園で育った野菜の残さや台所の植物性のゴミをコンポスターで堆肥化して来ました。先日丁度容器は満杯に。移設作業を行いました。
写真は移設作業後。コンポスターは空。手前の丸い黒いのが先日まで積み上げてきた堆肥の材料の山です。
水はけが悪いので周囲に排水溝をほってあります。

完熟
そしてこちらは昨年引っ越し直後から夏野菜の途中ぐらいまでの材料を堆肥化したもの。最後の材料を入れてから半年強ぐらいです。繊維の硬いツルみたいものが多少原形をとどめていますが、他はまるで土です。あ、卵の殻はそのまんま残ってますが。
不思議~。
微生物の力ってすごいです。
そして何だか嬉しい。

肥料などの空き袋に半分ずつぐらい詰めて雨が入らないように入り口を折って使うまで保管することにしました。7袋分。普通の堆肥袋に満杯に入れたら3つ分ぐらいでしょうか。
引っ越し後ただ今丁度一年ほど。この一年でコンポスター三つ分の堆肥の材料が出ました。三つ目は昨日作った黒マルチ巻きのお団子。一つ前のものは夏野菜植え付けには使えるかな?

今回袋詰めにした堆肥は柑橘の周囲に混ぜてみようかと思っています。肥料分は少ないけど土の改良には役立つはずです。
こうやって敷地の中で色んな物がぐるぐる回って循環するのって何だか嬉しいです。

スポンサーサイト
2017/02/26(Sun) | 菜園は今2017 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
コメント
----

こんにちは。

日中暖かい日が多くなりましたね。作業もしやすくなったのではないでしょうか。
コンポストは以前我が家でも狭い庭の片隅において使っていたことがあります。隣に家が建ったので撤去したのですが 畑で使えるといいですね~。
それから 以前聞いていたリッチーナの種、手に入れました。栽培が楽しみです。ありがとうございます。
by: ワビイ * 2017/02/26 17:14 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

ワビイさま:三寒四温の時期。今日は冬に戻ってしまいましたが春は近いと感じる日が増えて、農作業もはかどります。

リッチーナの種、もう手に入れられたのですね。
目の前のことで手一杯で、夏野菜のことを考える余裕がなくて....ワビイさんのメッセージを読んで、おお!私も種の手配をせねば!と気づきました。ありがとうございます。
ついでに目新しい野菜の種も仕入れようと思います。
by: かみたけべてぃ * 2017/02/27 10:04 * URL [ 編集] | page top↑
----

種から生長させたアスパラ、元気いいですね。今植え替えれば来月から毎日食べられますね。
種取りもするとのこと、この菜っぱ(色がきれい)のたね少し分けてもらえませんかね~?
もう春ですよ・・・
by: くろうさぎ * 2017/02/28 13:32 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

くろうさぎ様:でもこの赤いカラシナはタキイのアントシアニンリッチシリーズの一つで、特に珍しいものでもなくて、どこのホームセンターにも売っているものです。一応袋を確認したら、特にF1という表記はないのですが、自家採種の種で同じものが育つのかは??です。それで良ければ勿論、種さしあげます。その前にうまく種が採れたらですけど。何せ種取ってやったことないのです。
ほんと、春は着々やってきてます。
あせる~。

by: かみたけべてぃ * 2017/03/01 14:02 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/1147-cf56ec80
前のページ ホームに戻る  次のページ