ウグイス初鳴き!そして庭は花の季節に突入です。
さくらんぼ
庭のサクランボの蕾はこんな状態。ピンクに色づき花弁の状態もわかって、ほんと、あとちょっとで開花のようです。
去年は十にも満たない数だったさくらんぼの花ですが、今年は数えきれない数の蕾がついています。肥料や堆肥をあげてお世話した甲斐があったというもの。
でもこれって本当にサクランボなの??という疑問がここに来てべてぃの中に起こっています。
お隣の奥さん情報で、敷地内にある木はすべて果樹だと思ってきました。でもサクランボの花の季節ってまだ先では?早生品種もあるようなのですが、一本では実がならないと書いてあったりして。う~ん。この木がサクランボだったとしても、敷地内にはこの一本だけなんです。果たして実はなるのか?
ま、花が咲いてくれるだけでも嬉しいんですけどね。

あすぱら
二月なのに出てきたアスパラの一本はただ今このサイズ。
この株は東京の市民農園時代に大苗で買い、三年ごとの市民農園改選時期、引っ越し二回、そのたびに掘りあげては植えなおしを繰り返して来た恐らく7,8年目の根っこです。掘りあげのたびにかなり根っこを切ってダメージを与えているのに元気で太いアスパラを提供してくれる有り難い存在です。
そして生命力強し!
今年の初物なのでちょっと細めですが、春本番になればもっと太いのが出てきます。

そして初物と言えば、今朝、洗濯物を干しに出てみると「ほ~、ほけきょ」と三回ばかりウグイスの声が。
おお!!!
去年お隣の耕作放棄地に住んで毎日美しい鳴き声を聞かせてくれていたウグイスは忘れもしない、8月17日の台風の前日に長い長い独演会を開いたあと、さっぱり声が聞こえなくなりました。まさか台風にやられたのでは??とちょっと心配しましたが、恐らく夏も終わりに近いと、どこかに引っ越したのだろうと思っていました。そして今日の初鳴き。同じ個体かどうかは?ですが、ちゃんと鳴けてるので大人のはず。でもうぐいすって渡り鳥ではないはずなので、もしかすると冬の間もお隣に住んでいたんでしょうか?
そこら辺は謎ですが、とにかく今年も毎日ウグイスの声を聴きながら暮らすことが出来そうで嬉しいです。
その内、練習中の子ウグイスの「ほ、ほ、ほ....」とか「けきょ、けきょ、けきょ」とか、完全にホーホケキョと言えない、調子っぱずれな鳴き声が聞こえるようになるかな?あれも可愛いんですよね~。
楽しみです。

ねもふぃら
先日は霜で野菜たちは真っ白になってましたが、既に庭は花のシーズンです。
種から育てているネモフィラはこんな状態。

ぽぴー
ポピー。

矢車草
今朝見ると、これも種から育てて沢山植えた矢車草の最初の花が咲いていました。
同じように種から育てて苗を植えたレースフラワーは冬を越すことができなかったのに。矢車草は丈夫です。

カモミール
カモミールも蕾が。

もものすけ
つい先日まで収穫し続けて食べていた蕪のもものすけ。少しずつ食べて一冬楽しませてもらいました。種とりする予定ではなかったのですが、こうなっちゃったので、種がとれたらラッキーなので置いてあります。
花瓶に菜の花を活けてあるみたいで不思議な状態です。

そらまめ
冬野菜が終わりになると共に次の季節の野菜も成長中。
ソラマメは既にこんな状態です。早すぎるような気がしますが、先日の氷点下も乗り越えて成長中。

三月に入ったばかりですが、菜園は春の気配濃厚です。

スポンサーサイト
2017/03/04(Sat) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/1149-61748b6f
前のページ ホームに戻る  次のページ