草むしりしながらターシャ・チューダーの言葉を思い出す。そしてサクランボ。
027縺輔¥繧峨s縺シ_convert_20170513113727
完熟さくらんぼ収穫。
その日食べる分だけ収穫してしばらく毎日楽しもう!なんて考えていたのですが、サクランボは一本の木全体の実がほぼ一気に熟すようです。開花は結構バラバラだったので開花の順に実も熟すものだと思っていたのに。
完熟真っ赤になると手をちょっと触れただけで赤い玉だけぽろりと落ちちゃうので、完熟だと思ったら即収穫しないと全部落ちてしまいそう。ということで真っ赤になったのは一気に収穫して冷凍することにしました。
ほんとに美しい♡
野菜や果実はどれも美しいのですが、これほど単純に美しい~と見とれちゃう輝く色合いのものはサクランボだけかも。
心配した味は完熟で収穫してすぐに食べるわけなのでかなり糖度も高くて甘酸っぱい美味しいさくらんぼです。
調べたらサクランボは冷蔵庫に入れては味が落ちるのだそうです。
なので朝早くに収穫して朝食にサクランボ。贅沢~。
冷凍してシャーベット状で食べると美味しいらしいので残りは冷凍庫です。

021繝阪ャ繝医・荳ュ_convert_20170513113538
鳥よけネットの中はこんな状態。残りの実はまだ完熟ではないとは言いながら既に食べられる状態=ほぼ完熟なので雨があがったら明日の朝には全部収穫しなきゃ。
うかうかしていられない果実です。
この時期に旅行なんか言ってたら食べずに終わっちゃいそう。

そして今になって一つ思うのは摘果は必要なかったのかもわかりません。というのも摘果した後、かなり赤くなってから自然落下で沢山の実が落ちていたから。熟してから摘果したのでは摘果の意味がないと思ってあの時期にやったのですけど。今考えると摘果せずに全部育ててもその後で落下。もっと沢山の収穫があったのかもわかりません。来年はその方向で。
とは言いながら数は数えていませんが数百個は収穫できました。去年はゼロだったことを思うと上出来です。

040闃ア螢㍉convert_20170513113952
花壇がにぎやかになってきました。

038縺倥″縺溘j縺兩convert_20170513113914
去年苗を植えたジキタリスは心配したもののちゃんと冬を越えて開花。

037驥鷹ュ夊拷_convert_20170513113806
金魚草も。後ろにはまだ寒いころから咲き続けているアプリコットカラーのポピーも健在です。
春先の花壇を彩ってくれたネモフィラは徒長してきてそろそろ終わり。見かけがきたなくなってきた部分から撤去して次の苗に入れ替えたりしています。春の花壇から夏の花壇へ。

そしてこの時期の作業で大変なのが草むしり。草刈り。
花壇の花の間にどんどん生えてくる雑草を根気よく撤去していかないと花より勢いよく育って花がダメになっちゃいます。それに小さい内に処分する方が根が張ってない分取り除きやすい。毎日毎日草むしりです。

草むしりしながら思い出すのはターシャ・チューダーの言葉。
あの広大な庭の管理は雑草との闘いのはず。草むしりしながら言っていたのは「人間に草むしりを手伝ってもらうと、残したい草まで全部むしってしまうから頼めないの。草むしりの助手はこの子だけ。」...この子はペットの鶏。ターシャの隣りで草をついばみながらついてくる鶏はターシャが残したい草は食べずに不要な草だけ食べてくれるのだそうです。
え~。そりゃすごい!と思ったので鮮明に覚えています。
そんな器用なことができるのなら、ペットに飼いたいよ~鶏。
というのも雑草と一口に言っても色んな草があって。昭和天皇が言われたように「雑草と言う名前の草はない」わけで、中には可愛い花を咲かせるものがあるのですよ。今年は去年は全く見なかったカラスのエンドウが大量発生しましたが、あれは空中の窒素を土中に固定してくれるらしいし。見た目上残したいもの、機能的にしばらく残しておきたいもの、土留めのために残しておきたいもの、など色々あって。今まで野の草にはあまり興味なかったのでこの草からはこんな花が咲くという知識が乏しいのでイマイチ選別がうまくいかず勉強中です。

それに...
005縺薙⊂繧梧遠縺ュ_convert_20170513113455
去年のこぼれだねで色んな夏の花がただ今続々発芽中なんです。その場所で育つと花壇の計画がぐちゃぐちゃになるので、見つけるとポットあげして育苗中。ただ今ポットは百ぐらいも。ヒマワリ、アサガオ、コスモス、宿根のリナリア、マリゴールド。
種まき用土買って来て大切に育苗しなくても雑草的にあちこちから生えてくるたくましい夏の花が沢山。ラッキー。
しばらくポットで育ててそれぞれの場所に移植する予定です。

ゴールデンウィークが終わったら夏はすぐそこです。
スポンサーサイト
2017/05/13(Sat) | 菜園は今2017 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/1167-12451d70
前のページ ホームに戻る  次のページ