新しい菜園は天国への道? そして夏のシャツ、パーカー作りました
040新しい畑
毎日朝夕通う新しく借りた菜園...通うと言っても道はさんで向かいなので地続きと変わらない距離なのですが、人間の心理は不思議で家の前にある菜園に比べて行く頻度少なし。なので毎日朝夕は行くことにしています。

道路から6、70センチ盛り上がった土地。登り口付近は雑草ボーボーで奥は見づらいので、登ってみて初めてこんな景色が広がるのが毎日新鮮。
天国への道みたい~と、妙なことを思ってしまう風景です。

044天国への道
広い土地の一部を奥に向かって縦長に菜園化したのですが、何故か菜園部分に沿うように花の道が。
べてぃが種蒔いたんじゃないんです。
スギナばかりに気をとられていて、ある日気が付いたらこうなってました。

043.jpg
花の正体はこれ。
恐らく桃色月見草。昔育てたことがあります。可愛い花なのですが、繁殖力強くて。恐らくどなたか近所の人が育てた後のこぼれだねでご近所にどんどん拡大したのでは。
でも分布としてべてぃが菜園にした周辺だけ濃く生えてることを考えると、前に畑をやられていたご近所さんが植えられたのかな。
こうなると雑草の一種と言っても良いので、野菜を育てるという目的だけを考えると今のうちに駆除した方が良いのでしょうが、可愛いし、毎日「天国への道ってこんな感じか?」と思いつつ花の中を歩くのは悪くないのでそのままにしてあります。

よく来たね~と、歓迎されてる感じ。

012全体
久しぶりのお裁縫ネタです。
「晴耕雨読・縫」の田舎暮らし。雨が降ればお裁縫はかどる...ということで梅雨はお裁縫シーズン。
まずは手軽に去年作ったシャツの型紙流用で、半袖シャツを。
白一色も寂しいので白紺コンビにしてみたら...体育着をちょっと思い出しちゃいました。

DSCN4443前
元はこれ。
肩先に引っ掻けて着るスタイルのシャツ。着た時のシルエットは人間が着ないとどんな感じか伝わりにくいのですが、結構素敵なんです。
長い襟の上側を内側に折り込んで着ることで襟ぐりに立体感が出るデザインです。

018襟
襟部分に紺を足してみました。

015襟
紺の部分を内側に折り込んで着るので内側の紺がちらと見えるように。

素材はポロシャツに使われている通気性の良い、少し伸縮性のあるコットンです。

019パーカー
もう一つ完成したのはパーカーです。
こんなの買ったら安いのに...材料代の方が絶対高いです。でも売ってるのはウエスト丈ぐらいでお腹が冷えるべてぃには短くて。自分の好きな丈のものは売ってないので手作りです。お尻が隠れる丈で。
それにフードを一度作ってみたかったので、それのお勉強でもあります。

023フード
フード部分も自分サイズなので、かぶるとピッタリ。

週一東京へ往復する生活。実は夏は冷えとの戦いなんです。そう。冷房との戦い。
高速バスも電車もあんなに冷やさなくても...と思うのですが、男性は暑いんでしょうね。夏は辛いです。対策必須。
実はこのパーカー、裏起毛生地で温かい。高速バスの友として夏の間活躍してくれそうです。

梅雨は不快な季節ですが、水のこと考えると必要な季節です。このシーズンの間にせっせとたまったやりかけをやっつけ、作りたかったけど時間がなくてそのままになっていたものも作ってしまわねば。
やっと梅雨らしくなってきてお裁縫シーズン突入です。

スポンサーサイト
2017/06/21(Wed) | ちくちくお裁縫2017 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/1177-2691a786
前のページ ホームに戻る  次のページ