植物にはハートがある:その3
カエデのハート
久しぶりの「植物にはハートがある」シリーズです。確かブルーベリーの葉、ホウレンソウの双葉に次ぐ第三段。

端がほんのりピンクに染まった初々しい緑のハート。
かわいい。
これ、何だかわかりますか?

ヒントとしてもう一枚写真を。
カエデの花

答えはカエデの種。
ええ~っ??カエデって木。木に種なんてあるの??とか思ったあなた。松ぼっくり、どんぐり、しいの実も木になる種だわよん。写真は東福寺の緑の海で沢山撮った中から厳選した写真です。この絶妙な色合いが見とれるほど美しい。

下の写真の丸いのは蕾。開いて雄しべがツンツン外にでているのが花。
実はべてぃも蕾や花をこんなにじっくり見たのは初めてです。種はもっと成熟して黒っぽくなったものが地面に落ちてる様子は見たことあるけど。ほんの3ミリぐらいの大きさの花だし、木だから目の前で花を観察する機会はあまりないのでね。東福寺の場合、色々な場所で手でさわれる高さでカエデの枝を観察できるので、こんな写真をとることができました。
この可愛いハートの形は散る時にくるくるプロペラ状に旋回して、できるだけ遠くに飛んでいけるように進化したものだったはず。自然の造形は美しい。そして美しいだけじゃなくて機能的に意味があります。できるだけ遠くに飛んで少しでも自分の遺伝子を沢山残そうと進化の結果がこんな形になるなんて。
ステキ。
日本人もどんどん脚長になってるのはそういうこと?あ、それは違うか。

スポンサーサイト
2011/05/06(Fri) | 旅先のオモシロ&美し:京都 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
--植物のハート--

カエデのハート、いいですね。
上記HPをご参照ください。こちらはアカメガシワのハートです。
by: ひう * 2011/05/11 09:01 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: 植物のハート--

へぇ~、これって布じゃなくてホンマの葉っぱだよね?こんな色と素材感の自然の葉っぱが存在するとは。まるでフェルトか何か、布類でつくったようなテクスチャーを感じる。南国の葉っぱはツルツルしてると思い込んでました。奄美には動物だけじゃなくて植物も見たことないものが沢山ありそうね。おもしろい。
ピンクの葉っぱなんて、自然の造形は美しいよね。沢山収穫してバレンタインに売り出したら高く売れそう...なんて、ああ、心がけがれてるわ。いかんいかん。
そしてヤツガシラは美しいね。こういうの見ると鳥好きの気持ちがちょっとわかるわん。
こんなブログやってたとは知りませんでした。
時々訪問させてもらいます。
by: べてぃ * 2011/05/11 15:18 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/118-e3600742
前のページ ホームに戻る  次のページ