トマトに異変が...。そしてスイカとデコポン。
054トマト
トマトの収穫が増えてきました。
今年の品種は毎年定番のゼイタクトマトの大玉と中玉、ミニのピッコラルージュ。そして去年良かったので定番として採用のミニのシュガーオレンジとシュガーイエロー。そして今年お試しの中玉のフルティカ、ミニのリコピーナブラック、ブドウのような食感といううたい文句に魅かれたミニのトスカーナバイオレット、そして糖度が高い&皮が軟らかいというので決めた黄色いミニのキラーズ。以上9種類を育てています。
収穫期に入ってから、あれ~、黄色多すぎ&赤のミニ少なすぎ~と気づきました。マヌケです。
トマトの栄養を存分に摂取するにはやはり赤の方が良さそう...でもおかげで黄色が多くてカラフルな収穫なので、ま、良いか。

010黒トマト
黒トマト系の二種類は名前からすると一つはブラック、一つはバイオレットなので紫。
黄色の右の小さ目がリコピーナブラック、左の大き目がトスカーナバイオレットなのですが....黒と紫と言われれば多少色の濃さに違いはあるような気がしないでもないですが、肉眼で見るとほぼ同じです。
う~ん。ま、こんなもんですかね。
黒トマトはこれまで毎年一品種ずつ育ててきましたが、大体こんな色でしたから。要するに赤よりもリコピン濃度が濃い色&栄養分で体に良いはずの黒トマトです。定番品種が未だないのは上手く育たなかったり、味がイマイチだったりしたからですが、今年の二品種は糖度もあるし皮も柔らかいし、結構良い線行ってます。

056トマト
果肉はこう。
左から黄、黒、紫、オレンジ、赤です。

057スムージー
今朝のスムージーの素材はケール、トマト色々、バナナ+牛乳でした。

012尻ぐされ
毎日順調に収穫が進んでいるトマトなのですが、一部に異変も発生。
あらら~、これは一体!!??
尻ぐされのトマトは大玉のゼイタクトマトです。一番好きな品種がこんなことに。
尻ぐされの原因はカルシウム不足。つまり石灰が少なかったということのようです。いかん!!

発生した株は新しく借りた菜園のものです。実はスギナが全面占領していたので酸度が高いに違いないと思って、最初に土を作るときには普通の倍以上の苦土石灰を混ぜ込みました。しばらく寝かせて、そろそろ植え付け時期だと思って酸度を測ってみると、なんと、まだ酸性でPH5.5ぐらいだったのに仰天。仕方ないので再度酸度調整してから苗を植え付けたのですが。
他の株は今の所尻ぐされにはなってないので、もしかすると耕し方が足りなくて一部に苦土石灰が上手く混ざってなかったのかもわかりません。反省。
葉面散布用のカルシウム剤などもあるようですが、追肥と同じくマルチめくって根元に苦土石灰を追加するので大丈夫とのことなので、今日にでも。

004.jpg
そしてトマトの異変がもう一つ。
育てたことがない人には伝わりづらいかもわかりませんが、トマトの房の先端がぐい~っと伸びてそこに葉っぱと花芽がついています。な、何じゃこりゃ??
普通はある程度の個数の実が固まってついた房の先端が伸びていくことはなく、そこで終わっています。
う~。何がいけなかったんだろう??と調べてみると....窒素過多なのだそうです。う。
この株は古い方の菜園に植えてあります。
新しい菜園は前面ジャガイモ畑になってた様子なので、トマトは連作障害が出るかも...と思い、用心のために古い方の菜園にも植えてみました。育ち方の比較もしたかったし。

化成肥料は使わずに、有機の配合肥料を使ったのですが、多すぎたってことですかね。きっとそうです。
慣れない内はちゃんと重さ測って使っていたのですが、ま、大体こんなものかな~と目分量で土づくりをしたのが敗因のようです。
こちらも反省。
これはリカバーしようがないので、追肥はせずに経過を見守ります。
一つやることは、伸びてきた先端はカットしなさいということなので、さっそくカットを。既に花芽もついてるから、え、二段目の実の房ができるのかも!!??うっしっし...とちょっと思ったのですが、そんなにうまい話はないようです。

マンションのベランダでのプランター菜園から始まって市民農園、前の家、今の家と既にトマト栽培は12年目ぐらいになります。
今数えてみてびっくり。月日のたつのは本当に早いです。でもそんなに回数重ねても初めての事態に遭遇するし、農業はいつまでたっても学ぶことだらけです。

062スイカ
毎日目を見張る成長ぶりのスイカは足の踏み場がない状態で葉っぱ拡大中。足の踏み場がないせいで、自然と足が遠のいてる内にスイカ、こんなサイズのができてました。びっくり。全然気づきませんでしたよ。確か一個目の花は人工受粉したのですが、その後葉っぱの勢いがすごいのと他の作業が忙しくて...と言い訳。
いつ受粉したのかわからないということはいつ収穫したら良いのか、また迷わなきゃいけないということです。うう。
今年は二品種二株栽培中ですが、気づくと5玉できてましたよ。虫さんありがとう。
収穫時期決定は巻きひげが枯れたらという目安と、あとは勘でエイやっと行くしかなさそうです。

051デコポン
果樹も順調に成長中です。
写真はデコポン。小さい玉が沢山つきましたが、木が痛んでいるせいか、それとも春に水が足りなかったのか、ただ今このサイズになっているのは5個ばかりです。最後まで元気で大きくなって欲しいものです。
去年は花も咲かなかった柑橘の木。ほぼ全部に実がついています。相当沢山ついているものもあって豊作の嬉しい予感。
柿はざっと見てもしかすると千個ぐらいあるかも...どうしよう??...と思っていたのですが、毎日落下や茶色く変色してダメになる玉が発生して自主間引き中のようです。
環境に適応しながら時期時期に必要な成長をとげる植物。すごいです。

スポンサーサイト
2017/07/05(Wed) | 菜園は今2017 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

毎度のくろうさぎです。おはようございます。
トマト9種類とは、りっぱな小農家ですよ。
私はミニの赤と黄色と中玉ミディの三種を2本ずつです。
新しい場所での栽培は前がわからないから、こんな事になってしまうのですね、残念ですね。早めに処分して次回に期待を・・・
九州にお知り合いはいませんか?どこにすんでも備えないといけない時代になりましたね。ではでは
by: くろうさぎ * 2017/07/07 09:20 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

くろうさぎ様:とにかく珍しいものを育ててみたいので、ゼイタクトマト以外は一株ずつとして毎年沢山の品種を育てています。でも一人暮らしでこの数はやはり多すぎなので、冷凍保存に。冷凍庫大活躍中です。

九州の雨、驚きの威力ですよね。九州出身の友人は沢山いるのですが、多くは東京に出て来ているし、家族も被害はなさそうです。良かった。ほんと何が起こるかわからない時代です。ミサイル飛んでくるかもわからないし、うちの場合は津波もないとは言えないし。備えておかねば~です。
by: かみたけべてぃ * 2017/07/07 09:59 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/1181-8ab5dbb5
前のページ ホームに戻る  次のページ