オクラの複数植え、エンドウと茄子の連作 実験中
047オクラ
菜園一の美人、オクラの花の季節です。
毎年毎年書いてるような気がしますが...耳にはさんで踊りだしたくなる花です。可憐なのにゴージャス。
花が咲くということは実も沢山。
オクラは一日とり忘れると巨大&硬くなっちゃって食用にならなくなります。旅行になんて行ってられない夏の菜園主です。

096.jpg
このところ毎日毎日このぐらいのオクラの収穫が続いています。
とても食べきれない...ご近所に配り、冷凍庫で保管し、勿論毎日せっせと自分でも食べてます。
丸オクラは大きくなっても硬くなりにくいと読んだので今年は丸オクラを選択。でもやはり大きくなりすぎると硬いのは変わらずです。

これは昨日の朝の収穫。
オクラ、茄子、マッチャン、トマト、イチゴ、ブルーベリー、シソ、そして九条ネギ。
ブルーベリーはただ今収穫最盛期です。

051オクラ
今年のオクラは今までと違います。
何が違うかというと....マルチ張った一つの穴から複数の苗が生えています。これが新しいんです。

「やさい畑」などの家庭菜園の本を読んで、へぇ~、そうなんだ!と思うことが多く、へぇ~!と思ったことはやってみたいべてぃです。
去年までは一つの穴には一本で育てていました。それが当然だと思って。普通そうですよね。一つの穴に沢山種を蒔いても最終的には一本に仕立てるのが普通。でも何かの本で「二、三本を一緒に育てた方が幹が巨大にならないので扱いが簡単でなおかつ収穫量は変わらない」と読んだので、へぇ~!と思って今年はその方法で。

マルチの穴に直播で育てています。最初は一つの穴に5粒ずつ種を蒔き、成長過程でどの穴も3株まで間引き。そのまま収穫期に突入....の予定だったのですが、この栽培法、完全にうまく行くとは限らないようで、一つの穴から出ている三株が全部順調に育ったものもあれば三株ともヒョロヒョロで、こりゃ全滅になっちゃうかも....と思い、仕方なく様子を見ながら二株にした穴、一株にした穴も発生。
写真手前の列の右から二つの穴はそれぞれ一株ずつ残留組です。株数を減らしたら成長が追い付くかと思いきや、間引く時期が遅かったのか、全然追いつかずに未だにひょろひょろ。一応収穫も出来てますが、元気な株とは収穫数も全然違います。
一穴一株で育てた時はこんなにひょろひょろになったことはなかったのですが。もっと注意して様子を見て、早い内に間引きしなきゃいけなかったということですかね。ま、多少ダメになる株があっても同じ面積に植えてある本数は複数本一穴栽培の方が多いわけです。そして今の所、元気な株からは確かに背丈低いわりにはちゃんと収穫があって、扱い易くて良いような。そうなんですよ~オクラは巨大になるんです。特に大きいオクラのなるスターデイビッドはビールケースにのらないと収穫できないぐらいの背丈になっちゃって、毎日大変で。背丈低く且つ収穫量は変わらないというのは利点なんです。

070.jpg
これが大きいオクラのスターディビッド=ダビデの星という名前のオクラです。名前の通り、カットすると星形で可愛いです。
そしてこの品種も大きくなっても硬くなりにくいです。普通のオクラを4,5本束ねたぐらいの胴まわり。丸のまま料理すると噛む時にむっちりした食感がむっち~り~と長いこと感じられる、他にない野菜。たまたまホームセンターで見かけて一ポット買って以来、種とりして夏の定番品種になっています。花のサイズは普通のオクラとそんなに違いは感じないのですが、実が大きい分葉も大きく、背も大きい。今の所丸オクラよりもちょこっとだけ背が高いぐらいでおさまっていますが、これから先の成長はどうかな?ビールケースにのらないと収穫できないのは危ないので出来たら避けたいんですけど。

054青茄子
もう一つ、本で読んで実験中なのがこれ。
農業大学校で一昨年貰った苗から種をとり、定番で育てている「青茄子」です。本当は何か品種名があるんじゃないかと思いますが、苗を下さった先生は「青茄子」と呼ばれていたので。
東京にいた時、たま~にスーパーで見つけたら必ず買って食べていたこの青い茄子。滅多に手に入らなかったものが自分で育てられるとは。火を通すと果肉がトロトロになって美味しいんです。

この茄子で何を実験しているかというと、連作の実験です。
これも本で読んだのですが、夏は茄子、その後にエンドウ、その後に茄子....とずっと茄子とエンドウを連作し続けると連作障害を越えてむしろ良い収穫ができるらしいんです。本当かなぁ~???と思って実験中。この畝は去年の夏も茄子を植えた畝です。冬から春はスナップエンドウを育て、終わったらスナップエンドウの残った茎などは畝の底に埋めて、その後に茄子を定植。
普通なら茄子を二年続けて同じ場所には植えないので、もしかするとダメになるかも....と思い、他の畝にも同じ物を植えての連作実験です。今のところ全然大丈夫。茄子は順調に成長して収穫期に入りました。
ほぉ~。

連作にならないように植え付けの計画をするの、大変なんです。毎年同じ畝に夏はこれ冬はこれと同じものを決めて植えられたらどんなに良いか。
エンドウ→茄子→エンドウ→茄子 ....本当に行けるか?...いまだに疑ってます。はは。
豆類は連作障害がひどいので、このやり方が本当に大丈夫かどうかが判明するのは今年の冬~春のエンドウの出来次第です。結果はまた報告します。

スポンサーサイト
2017/07/25(Tue) | 菜園は今2017 | トラックバック(1) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

こんばんは。
オクラ、元気そうですね。
我が家も最近やっと採れだしました。
そしてスターデイビットは去年検索して こちらのブログを知ることになったお野菜です。あれからもう一年近く経つのですね、早い~!。

それから エンドウと茄子の輪作の件ですが、先日菜園仲間から話を聞いて この冬やってみようと話した所です。 
もう始めていらしたのですね~、さすが。次の結果報告楽しみにしています(1年遅れで追いかけます♪)

by: ワビイ * 2017/07/25 21:18 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

ワビイさま:一年本当に早いです。今年もスターディビッドは元気で育ってますよ。集団植えにしたせいか幹は小ぶりですが実は沢山なっています。一個一個が大きいので食べきれず、嬉しい悲鳴です。

そしてエンドウと茄子の輪作、ワビイさんも試してみようと思われていましたか。気になりますよね~これが出来たら本当に便利なはずです。一足先に実験中ですので冬のエンドウの育ち具合をお楽しみに。結果はブログで報告しますので。
by: かみたけべてぃ * 2017/07/26 10:28 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/1186-c05d6c33
-
管理人の承認後に表示されます【2017/07/26 10:50】
前のページ ホームに戻る  次のページ