緑のカーテン、きゅうり成長中
ぶくぶく
梅雨です。台風一過です。
うっとうしいけど雨の合間の水玉観察はこの季節のお楽しみ。
ブルーベリーはぶくぶくがらがらうがい中?
何度見ても不思議。重力に反して水が真上にまんまるたまたまに盛り上がってるの。
そして美しい。
きゅうり
緑のカーテン用に植えたきゅうりはめきめき成長してただ今こんな感じ。きゅうりは葉も実も雨が降るとびっくりするほど急成長するんです。今のところ病気なし。まだ若いからね。ちなみにお風呂にフタしたまま入ってる状態?にしてあるのは土の乾燥を防ぐためです。日当たり抜群のべてぃのベランダでの植物栽培の最大の悩みは夏の乾燥。60×20×30ぐらいの大きいプランターを使って土の量もベランダ栽培としては最大限なんだけど、朝たっぷり水やりしても夕方までもたないことも。でも真夏の日中に水やりすると水はお湯になっちゃって根っこを痛めるので禁物。直射日光を遮ることで土の乾燥を防ごうと、こういう工夫をしています。使っているのは古くなってバラバラになったウッドデッキの板。ホームセンターで同じ目的で土の表面に直接置いて使うウッドチップを売ってるけど、シーズンごとに植えかえるものは土と混じってしまって面倒なのでべてぃはこの風呂フタ形式を採用しています。廃品利用だしね。

野菜の花は咲いてる時間が短いしあまり注目される存在じゃないけど、良く見ると美しいんです。
これはきゅうりの花。雨あがりでいきいき。
キュウリの花

昨日は大雨の中、お裁縫教室へ。行ってみるとなんと男性2名とべてぃだけでした。奥様は天気の悪い日は欠席が多いんです。
いるんですよ。お裁縫男子。
昨日はアロハ製作中の40代?一名。黒ジャケット製作中30代?一名。

二人ともまだ初心者で「裁縫は技術家庭のクラス以来です!」とか。アロハも襟まわりは面倒だし裏布付きジャケットなんて相当高度な技を要求されます。先生に教えを請いながら時間をかけて一段階一段階クリア中。ジャケットくんは昨日は表生地と裏生地を手縫いでまつりつける工程。黙々と布と格闘しつつも時々時々うっ(針さして流血)あぁ~(ヘンな所まで縫いつけてしまった)とか叫び声をあげる様子に思わずべてぃ爆笑。笑っちゃいけないのかもわからないけど、かわいいので思わず。ごめんね~。

最近「お稽古男子」なるものが増えているそうです。お料理、お花、果てはバレー(チュチュ着て踊る方)にまで男子進出。だったらお裁縫男子が増えても全然不思議じゃない。この上なく実用的だしね。自分が着たい服、自分の体にあう服ってなかなか売ってないもん。男性が自分にぴったりの服つくりたくて習いに来ました!と堂々とお裁縫教室に通っているのはなかなか良いです。


スポンサーサイト
2011/05/30(Mon) | ベランダガーデン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/146-e8918310
前のページ ホームに戻る  次のページ