緑のカーテンきゅうり続報
きゅうり
きゅうりの実が大きくなり始めました。
菜園のきゅうりたちはイマイチ成長が悪いけどベランダのこの子はめきめき成長。花も沢山つけてます。雄花と雌花が良いバランスでつくので放っておくとどんどん受粉。プランター栽培でどのぐらいの実をつけても大丈夫か?初の体験なので観察中。

写真にうつっているきゅうりは二つ目の実です。きゅうりくん一号、二号は相次いで開花→受粉したのだけど、両方とも待てども待てども大きくならない。う~む。やっぱりプランターで一度に2キュウリは無理なのかなぁ?と思い大き目に育っていた2号を残して一号は小指大で収穫。ついでに沢山ついていた雌花をいくつか撤去。以来2日です。実を一つに絞ったのは正解。やっと成長を始めました。
畑ならそんな勿体ないことはしないで勿論雌花は全部受粉→収穫です。

植物の場合「足元はシンデレラのガラスの靴がはけるほど華奢だけど体はボブ・サップだぜ」なんてことはあり得ないんです。根っこを大きく張れれば体も大きく、実も沢山。プランターだとどのぐらい行けるのかなぁ。べてぃがよくチェックしているベランダガーデナーの方のブログでは、プランターで様々な野菜を収穫されているみたいなので土や肥料にもっと工夫したらキュウリもスズナリにできるのかしらん。要研究です。
既に梅雨で日照量が少なく光合成量も少ないはず。真夏がやってきたら数本並行で育てることもできるようになるんじゃないかと期待してしばらくは一本集中作戦です。

緑のカーテン他の株も成長中。予想外に大きくなりそうなのはフウセンカズラ。一度摘芯したけどあまり関係ないのかな、自力で枝をどんどん分岐させて良い感じになってます。葉っぱが小さいのが残念だなぁ。

うつぎ
だるまのりうつぎ、花が咲き始めました。うっすら緑がかった微妙な色の花です。
小さい苗の状態で買ってきて鉢に植えて以来、時々薄い液肥をやるのと年一度の剪定だけの手間いらず。病気知らず。手間もかけてあげてないのに毎年きっちりこの季節になるとこんな可憐な花を咲かせべてぃの目を楽しませてくれます。ありがとう。
スポンサーサイト
2011/06/07(Tue) | ベランダガーデン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/152-9fa7e668
前のページ ホームに戻る  次のページ