空に向かって伸びる
インゲン
日本列島、東海地方までは梅雨が明けたとのこと。梅雨明けしたら35度を超える気温がやってくるという予報らしい。
ひぇ~。関東地方はかろうじてまだ梅雨の内。
梅雨さん、長く留まってください...こんなお願いしたのは生まれて初めてのような気がします。
なんでよりによって節電の夏にこんな想定外の天気なのか...。日本人、試練の時です。

そんな人間の気持ちなんて全く関係なく、野菜達は今が成長期のピーク。今年はえらく勢いの良いインゲンは支柱の高さなんてアッと言う間に抜いて今や空に向かってぐいぐい伸びる。つかまる所がないからインゲン同士がお互いに絡み合いながら。梅雨の晴れ間の青空に向かって伸びるインゲンの芽は生命力の塊です。
ぐるぐる
最近気になってるのが ぐるぐる。
夏の植物はツル植物が多い。人間が支えてやらなくても自分でツルを伸ばして自分でぐるぐる。
不思議なんですよね、このぐるぐる。空中で何にも触れてない時はまっすぐぴろろ~んと伸びてるのに、一旦何かに当たると途端にぐるぐる。センサーが内蔵されてるってこと?良くできてます。それにこのぐるぐるの形状はよく見ると美しい。青空に透かして見える自然の造形の美。

そして青空に映えるもの一番はべてぃとしてはこれ。青空の下のベランダビール。
びーる
スポンサーサイト
2011/07/08(Fri) | 菜園は今 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/189-58c05295
前のページ ホームに戻る  次のページ