阿弥陀如来座像、やっとここまで彫りました
仏像
震災から4カ月。亡くなられた方のご冥福をお祈りする気持ちで今日は仏像の話を。
2011年のはじまりと同時に着手した「阿弥陀如来座像」はやっとここまで来ました。

昨日は仏像教室の日曜日。先生に「仏像は後は仕上げ彫りだから台座を彫り始めなさい」とのお言葉いただき、やっと次の段階へ。如来はまだらほつも彫ってないし開眼もしてません。お肌もぼこぼこ。でもここまで来ちゃえばあとは仕上げるだけ。ま、仕上げるだけと言ってもお肌つるつるにするだけでも気の遠くなるような時間がかかるんですけどね。でもそれは自分との闘い。根気の勝負。せっかく先生がいらっしゃる教室でやることではないのです。教室では先生の技を見、言葉を脳味噌に刻む。そんな時間としてべてぃは使っています。
仕上げは自分で夜中にカリカリ。
心が無になる時間です。
材料2
ネット通販の材木屋さんから取り寄せた材料セットがこれ。
蓮台+如来座像+光背。これをカリカリ彫って、あの細かい模様の仏像に彫って行きます。
材料
こうやって分解して置いた方がわかりやすいですね。
左の妙な格好の木材が如来座像用、後ろに立っている壁が光背になります。そして右側に積んであるのが蓮台に。
如来座像は四角の木材から彫るのが本当ですけど、腕力なしでたたきのみ使う自信のないべてぃは「カット済み木材」というのがあったのでそれを購入。材木屋さんの方でここまでカットしてくれています。
如来用木材3,465円+蓮台と光背のセット7980円。大阪の前田木材のネット通販です。材質は木曾ひのき。

一つ前の地蔵立像の時は仏像の方は四角の木材から、蓮台はプレカットで蓮の部分が丸くしてあるものを購入。四角の材木をきれいなふっくらまん丸に削るのは難しいから、今回もプレカット材はないのかしらん?と前田木材に一応問い合わせをしたところ、注文すれば1万5千円でやりまっせ~との回答。
うむむ。いちまんごしぇんえん...。ま、ずっとプレカット材使ってるわけにもいかないので、今回は写真のとおりただの板からの製作に挑むことに。

でもねぇ。これが難しいんだ。べてぃはまだたたきのみなんて持ってないので、教室のものを使ってびくびくしながらトントンしてたら先生登場。「そんなんじゃダメだ。たたきのみはこうやって使うんだ。」といきなり靴脱ぎ靴下脱ぎ....右手にたたきのみ、左手に木槌、床に置いたたたき台(たたきのみ用の木材固定用の台)に載せた蓮台用の材木を素足になった足の指で固定しながらバンバン。10分ほどで四角の木材がこんな立派な蓮型に変身。
蓮台
おお!きっとべてぃがやったら2日ぐらいかかる。そしてウン千円分の加工を先生にやってもらっちゃいました。
ありがたや。
このお礼は秋の展覧会にこの像を立派に仕上げて間に合わせることで。

べてぃが師事している先生は松久朋琳・宗琳父子創設の宗教芸術院所属。宗教芸術院は毎年11月の頭に京都で全国の教室の先生と生徒の作品を集めた作品展を開きます。今年は11月5日~7日。京都産業会館。先生たちの作品はレベルがあまりに違う。そして生徒さんの中にもプロ?と思うような作品もあり、仏像に詳しいわけでもないべてぃにとってもなかなか面白い展覧会です。年に一度京都を尋ねる良いきっかけにもなるし。去年は仏頭を出品。今年はこの如来を出そうと...しか~し、仕上がるのかなぁ。蓮台は先生のお陰でなんとかなりそうだけど、問題はすかし模様の光背なのだ。光背彫ってる人が多い時期は教室のあちこちから「あぁ~っ」とか「うっ」という声が多い。よく割れるのですよ、光背の模様。ま、そんな時はボンドでちゅっと接着。アマだから。
年に一体も仕上がらないんじゃ、仏像彫ってるとは言う資格なしですよね。
さ、頑張ろう。
スポンサーサイト
2011/07/11(Mon) | 仏像彫刻修行中 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
--がんばれえ--

写真を見ると、大変さがわかる。ここまで来れば後もう少し?! 完成、楽しみにしてます!
by: OKCfan * 2011/07/12 11:17 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: がんばれえ--

> 写真を見ると、大変さがわかる。ここまで来れば後もう少し?! 完成、楽しみにしてます!

ありがとう!!
時間かかるのよ~この趣味。だから定年退職のおじさまの趣味としては完ぺき。学ぶことも多いし。
今年はこれ一作品で終了しそう。作品ゼロじゃ年賀状に写真載せられないから、頑張るよ~。応援してちょ。
by: べてぃ * 2011/07/14 21:57 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/192-97bbbcb9
前のページ ホームに戻る  次のページ