きゅうりのカーテン、そろそろ寿命かも...
きゅうり
ベランダきゅうりくんはただ今こんな感じ。
葉っぱが黄色くなってカリカリに。あまり汚い見かけになったものを撤去して行くとどんどん隙間ができて、カーテンとしての役に立たなくなりつつあります。
写真左上方面に伸びてる脇芽がこの株の一番の若者脇芽なので、ここだけは葉っぱも元気で花もついています。全体がこの状態になっても脇芽はすくすく育って実をつけてくれるのか?頑張れ~と期待をこめて今朝も液肥あげてみました。
ベランダきゅうりくんからは既に22本の美味しい実を収穫済み。プランター栽培にしては結構良い成績では?
来年も夏のベランダにキュウリ一株植え付け決定。

市民農園は3年に一度の改選で、当選したとしても毎回区画が変わります。前の人が何を植えていたかわからないから、連作障害に弱い作物を育てるのは難しいのです。最初の頃は良くわからなくて、キュウリも種から挑戦して2年間、全く収穫なしでした。2年も失敗してから「ああ、接ぎ木苗にすれば良かったんだ!」とやっと気付いたアホです。3年目からは病気に強い接ぎ木苗を購入。以来、一応収穫はできているんだけど、一昨年は大豊作だったのに去年は2株からの総収穫23本で終了。ま、去年はきゅうりには暑過ぎたのもあるけど。トマトは確実にある程度の収穫があるけど、きゅうりはなかなか難しいというのがべてぃの経験です。

プランター栽培で新しい土使えば連作障害はないわけで、ふふふ、これで来年も歯ごたえパリパリ美味しいキュウリが食卓にのるのじゃ~。今年、思いつきできゅうり植えてみて良かった。
スポンサーサイト
2011/08/07(Sun) | ベランダガーデン | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/220-c93961d7
前のページ ホームに戻る  次のページ