アンコールワット化進行中
ロッカー時々通る道沿いの野菜無人スタンドです。

昔は普通の無人スタンドのように、単なる屋根付きのテーブルに野菜が並べてあったのだけど、ある日突然最新設備化。冷房機能付きロッカーです。

無人スタンドって農家の方が朝収穫した野菜を並べてそのまま置いておくと時間がたつと野菜たちはぐったり。特に夏は葉物はすぐにぐったりするから売れ残りも多いはず。自分家の庭先のお店ならマメに商品補給するという手があるけど、このスタンドのそばにはお家はないので、代わりに機械化を断行されたのでしょう。
それに無人スタンドってお金払わずに持って行っちゃう人も多いみたいだから、その防止の意味もあるはず。それにしても相当な投資のはずです。すごいなぁ。

買う時は窓の外から中身を吟味してコインロッカーと同じくコインを入れるとドアが開きます。何度か買ってみたらやはり夏はひんやり鮮度も維持されていました。

でもここ2年ぐらいは通りかかっても中に野菜が入っているのを見たことがありません。べてぃの近所は東京とは言ってもまだ畑が残っている地域。でも農家の高齢化は進んでいるから、このスタンドの持ち主の方も畑をやめられたのかも。残念です。

以来しばらくただの道沿いの風景として気にも留めない存在になっていたのだけど....何故か今日は視覚に訴えるものが。何?何だか前と違う...そう。ロッカーの中に何やら緑の物が。見ると青々美しい葉っぱが中に。それも真ん中の一列、最上段を除いて全部の窓に。
うむむ。最近錆びてきてちょっと汚くなってきたから模造品の葉っぱを飾りにしてみたのかしらん??でもそんな飾りつけても何の意味もないような...と、間近によってじっくり見ると。ありゃりゃ。こりゃ、プラスチックの葉っぱじゃなくて、本物の葉っぱだ。
無人スタンド
回りを見ると、ありました。同じ葉っぱ。

隣の空き地に今が盛りと茂ってる葉っぱ。窓から見えるということは...機械の隙間から侵入した枝がにょろにょろ伸びてただ今6段のロッカーの5段目まで到達。残すはあと一段。ひぇ~。
ど根性植物はこんなところにも!!

持ち主の方は気付いていらっしゃるのだろうか??放っておくと機械、壊れるよね。
連絡先がわかれば報告するんだけど。連絡先不明。

ここは東京。それも通勤時間帯には列をなして毎日沢山人の行きかう道沿いの最新設備でさえも、マメに手入れしないと自然にのみこまれちゃうんですね。
無人野菜スタンドのアンコールワット化だ。

アンコールワット数年前アンコールワットで撮った写真です。
立派な建造物が人間が住まなくなって打ち捨てられ、ジャングルにのみこまれたまま長い間忘れ去られていました。結果がこんな状態。巨木の根っこに建物が呑みこまれてます。写真では見たことあったけど、実際に現地に行ってみると「ああ、自然の前に人間は小さい」と心底思いました。

今日は長崎の原爆の日。
原爆投下は戦争終結のための正しい手段だったというアメリカ人は多いです。
そして原発は安全だと言い続けて来た日本の政治家や科学者。
すべてを自分の手の内でコントロールできると錯覚してしまった人間が多いのかもわかりません。
原発のことだって、事故が起こってみて初めて真実を知って、こんなよくわからないものをきちんとした体制も整えないまま、安全だと言い張って進めて来たんだと唖然としました。

人間は全知全能ではないし、自然の前には本当に小さな存在です。人間が越えることのできない大きな力に対する畏怖の気持ちを忘れてはいけないということ、そして人間が手を突っ込んではいけない領域があるのではないか?ということを、この特別な日に改めて考えるべきではないかと思います。
スポンサーサイト
2011/08/09(Tue) | 街で出会ったおもしろ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/225-068f8574
前のページ ホームに戻る  次のページ