きゅうり、ゴーヤ撤去。茄子更新剪定。
sisito
伏見唐辛子ただ今収穫真っ盛り。
とれたて野菜は美しい。黄緑に輝くこのお肌。下にちょろっと見えるウブゲ肌はオクラです。

唐辛子と言っても辛いわけじゃない京野菜。例年、万願寺唐辛子を植えていたんだけど今年は苗を買いに行った時にちょうど万願寺がなくて、ま、同じようなもんだろうと伏見にしてみました。なんとアバウトな.....。
育ててみると万願寺の方が実が大きい。肉詰めなんかにもできるので、やっぱ来年は万願寺かな。
ピーマンは病気になっちゃったりしてべてぃの菜園で豊作だったことはありません。でも万願寺、伏見唐辛子は病気にもならず花の数だけ確実に実がつく感じ。伝統野菜と言っても簡単栽培。味もピーマン的。狭い菜園で収量アップを狙うにはピーマンよりも伏見、万願寺。これです。

crop
昨日の収穫。バジル、モロヘイヤ、ナス、伏見唐辛子、ミニトマトにオクラ、ちびゴーヤ。

天気予報を見ると西日本はまだ35度に手が届きそうな気温のようですが、東京は一足早い秋の気配。これから先は30度越えることもなさそうです。なんと嬉しい!実はべてぃは5年日記をつけています。去年の今日はどんな農作業したっけ?とかが一目でわかって便利なんです。一年前の昨日の欄を見ると「今夜で47日連続熱帯夜。辛い.....」とありました。去年、暑かったよね~。
こんなに早く熱帯夜から解放されるなんて、べてぃは万歳したい気分だけど、夏野菜はえらく早い夏の終わりに元気なし。きゅうりはまだ花はついてたけど葉っぱも元気なく、これ以上置いても収穫は見込めないので、昨日撤去しました。ゴーヤも同じく撤去。
ナス科の後にはアブラナ科のものを植える予定です。耕して苦土石灰まきました。

そして茄子もちょうど全部の実を収穫できたので更新剪定。近くのプロみたいなおじさんの区画はもう大分前に更新剪定済ませてすでに秋ナス収穫に向けて準備万端の様子。もうちょっと早く剪定しなきゃいけないんでしょうが、小さい実がついてたりすると枝をバッサリカットするのは勇気がいるのです。この甘い判断がきっと秋の収穫を減らすのでしょうが、ま、仕方ない。
枝の剪定と一緒に根っこもカットして肥料やって終了。
根っこカットはNHK野菜の時間の藤田先生お勧めの方法。え、根っこ切るの?と驚いたけど、更新剪定のタイミングで根を切ることでより根の張りが良くなって増収につながるんだとか。野菜はたくましい。切られたらそれを補うように前以上に成長するんだもんね。あ、カットと言ってもハサミじゃなくて、周囲をスコップでザクザクです。

今年はモロヘイヤとバジル大豊作。でもバジルって沢山収穫できても使い道がないのよね....。モロヘイヤの方は冷凍モロヘイヤで売ってるから、冷凍できるはず。でもバジルは冷凍は無理だよね、きっと。
ただ今モロヘイヤは巨大なジャングル状態。
周囲に植えてあるものに日光が当たらなくなるので、こりゃいかん!と大胆にカットするんだけど、雨なんかで2,3日菜園から足が遠のくと、あら不思議。前以上のジャングルになってる。食べても食べてもなくならない魔法の食べ物状態です。先を切ると脇目がぐい~っと育つからね。
食べて精力のつく野菜は野菜自体の勢いが違う。そんな象徴みたいな野菜です、モロヘイヤ。

nira
こっちは先日ご紹介したニラ。種ができ始めました。
こんなに可愛いころんとした愛らしい種袋。
スポンサーサイト
2011/08/30(Tue) | 菜園は今 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
--無責任だけど--

ちゃんとした作り方は知らないのだけど、バジルてペストソース作ったら? にんにくとエクストラバージンのオリーブオイル、パルメザンは好みかな? 個人的には好物。
by: OKCfan * 2011/08/31 11:19 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: 無責任だけど--

> ちゃんとした作り方は知らないのだけど、バジルてペストソース作ったら? にんにくとエクストラバージンのオリーブオイル、パルメザンは好みかな? 個人的には好物。

やっぱその手だよね~。保存食を作るほどマメに料理する人じゃないので、もっとあっという間にできるものはないか?とか思っちゃうんだよね。切って炒めるとか....無精である。新しいエクストラバージンオイルの封を切ったばっかだし、やるかな....。
by: かみたけべてぃ * 2011/08/31 18:42 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/243-b751e9cb
前のページ ホームに戻る  次のページ