大根週に一本、白菜週に一玉計画
発芽
8月26日にセルトレイに蒔いた冬野菜の苗はただ今ぐいぐい成長中。
去年は同じころに種蒔いたけどあまりの暑さに発芽せず。9月に入って再度蒔きました。でも今年は見事に発芽。
写真は9月5日の様子。双葉の状態。白菜、ブロッコリー、キャベツは皆アブラナ科の野菜。双葉の段階ではどれがどれだか???べてぃには判別不明。なので種まいたときにプラスチックトレイをカットしたラベルをつけてあります。
苗
そしてこれが9月14日。この時期になると種類がわかります。手前が白菜、奥が茎ブロッコリー。
ぽっと
14日にセルトレイからポットに移植。根っこ張るスペースが増えて、成長加速。
今日の様子
これが今朝の様子。大分大きくなりました。
昨シーズンの白菜は全く巻かず、見事に広がったマリーアントワネットのスカート状態になっちゃっいました。今年はちゃんと巻いた白菜に仕上がるか?でも去年何であんな形になったのか、謎のまま探究することもなく今シーズン突入してるから.....ま、運を天にまかせて。去年よりは播種時期が早いから行けるんじゃないかと。な~んて楽観的。

冬野菜は葉物は別として白菜、大根、キャベツ、収穫しても人口の少ない家では一日で消化するのは不可能。何日分もあります。できることなら「週に一玉、週に一本」ぐらいのペースで時間差で収穫適期を迎えられると素晴らしい。おお!では播種も畑への植え付けも週一でずらしちゃえば収穫も週一になるんじゃないの?!とひらめき、一昨年実験。

結果は....ある時期に播種したものから発芽せず、ある時期に畑に定植したものから成長せず。ま、それまでにずらして植えたものは多少成長に早い遅いがあるからある程度の成功は収めたとは言えるでしょう。でも手間かかるわりに成果はやった~!という感じでもなかったので去年は小細工せず、一時に。

自然を相手に素人ファーマーの浅知恵で立ち向かって人間の思うようになんてまらぬのであるなぁ。
とか言いつつ、今年も大根は週に一本ずつ蒔くという小技を使って何とか収穫期の分散を図ってるべてぃでした。白菜も播種は一度にしたけど、苗植え付けはずらしてみようかな~。
こういう試行錯誤が楽しいのです、菜園。
スポンサーサイト
2011/09/19(Mon) | 菜園は今 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/264-78d3a0e4
前のページ ホームに戻る  次のページ