東福寺の紅葉は色づき始め
も
再びin京都です。
半年ぶり...かな。4月末、岡山広島滞在から東京へ戻る途中に立ち寄ってガラガラ&新緑の京都を満喫して以来。
今回の目的は勿論、仏像彫刻展です。一応自分の作品も出品したので。
今日は作品搬入日。
展示会本番はカメラ禁止。でも搬入日だけ、それも出品者に限りカメラ可なので今年は搬入日から自分の作品もってやってきました。はるばるきた甲斐はある作品がいっぱい。その話はまた後日にでも。

早く目が覚めたので昼前に京都着。搬入時間までにまだまだ時間があるのでまずは東福寺へ。
あの新緑はその後どうなっているのかしらん.....。
ネットの紅葉予報では東福寺は色づき始めとの情報でした。
そう、正しい。
全体は濃い緑の海。ごく一部だけ写真のように緑から赤に変色しつつある途上の葉がある程度だけど、東福寺のかえでのエネルギーはやはり季節を問わず圧倒的です。今日は平日というのもあり、人でも少ない....とは言っても震災後のあのがらがらと比べると人口密度高いけど。でももう少しすると渋谷の交差点みたいな状態になるので、紅葉は少なくてもちょっとずらして今の季節に訪れるのは正解かもわかりません。

春はピンクのハートだったカエデの種はこんな風に変身。風さえ吹けばいつでも飛んでいって子孫残すぞ~って状態です。
もみじ
スポンサーサイト
2011/11/04(Fri) | 旅先のオモシロ&美し:京都 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/303-fa89bf12
前のページ ホームに戻る  次のページ