着物リメイク ベスト作りました
べすと
この冬はとにかく寒いし、節電のため出かけた先も気温が低い場所が多いので、例年より一枚多く着て出かけることが多いです。
支度の仕上げにコートを着ると....ありゃりゃ、パンパン。
ダウンの下に沢山着ると鏡に映る我が姿はまるでハムのよう。
むむむ。ま、見かけハムなのは仕方ない、寒いだもん。
問題なのは袖。
ダウンに腕通そうとすると下に着てるものの袖がつかえちゃう。

ダウンのコートはボディ部分は余裕が大きいのに、袖部分は細い。まさかダウンの下に沢山着込む人がいるという前提で作られてないのですよね。
べてぃは腕が冷えて困るという体質じゃないので、この問題を解決するにはベストだ!と思いついて、作ってみました、綿入れベスト。

綿入れと言っても中に入っているのはシート状になった化繊の綿です。
化繊綿は続々高機能のものが登場していて、薄いのに温かい。べてぃが使ったのは「シンサレート」というもの。
新宿オカダヤで量り売りで売ってます。

シート状なので、裏布にキルティングして表布と裏布の間に綿が入るように縫製。

丸の部分にぽちぽち縫い目が見えるのは、手縫いで綿を縫い付けた跡。ミシンでキルティングする方が確実に合体できるけど、ミシンキルトは用心しないと布が伸びて模様がゆがむので、着物のリメイクの時はべてぃは手でちくちくしてます。そんなにがっちり縫い留めなくても綿のシートはしっかりしているのでずれたりよれたりはしないし。

布は表はウールの着物地。裏は帯。シルクです。
ウール+シンサレート+シルク。温かい組み合わせ。

裏側表の布は昔着物コレクター、池田重子さんのお店で反物で売っていたもの。
反物とは言ってもウールの中古なので確か千円ぐらいだったはず。縦糸が黒、横糸が赤の強い紫。太さの違う糸の織りで、見る角度や光の状態によって色味が違って見える不思議な布です。

裏は元は帯でした。
確か世田谷ボロ市で見つけたもの。
丸帯でした。しっかりした布だけど帯にしては薄い布。体に当たる側にシルクを持ってくると温かいし、表の紫とこのラベンダーカラーがよくあうので、この組み合わせに。

模様裏地の模様を拡大。

丸い中に見えるのは中国の古代文字のような。珍しい模様です。
この模様が全面にちりばめられた丸帯。どんな方が身につけられたものか?どんな着物に合わせてらしたんだでしょう?

着物、帯のリメイクは、これを身につけられた人はどんな人だったのかしらん?と想像膨らませながら作業するのが楽しいのです。

パンツの上にお尻まで隠れる厚手ウールのワンピースと綿入れベスト。
これで残りの冬も温かく。

スポンサーサイト
2012/02/07(Tue) | ちくちくお裁縫 2012 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/372-bcb0a695
前のページ ホームに戻る  次のページ