セーターをカーディガンにリメイク
hachi
朝起きたらそこは白銀の世界。
明日から3月だというのに、これはいったい.....チューリップの鉢も上にこんなに雪のせて。
右がマリリン、左がアンジェリケ。
マリリンと一緒に植えてある白いパンジーは雪に押しつぶされて「ぐ、ぐるじぃ....」と。雪はらってもすぐに積から、我慢してもらいましょう。布団着てた方が温かいし....とテキトーなことを言う。

こんな寒い日は家でお裁縫に限ります。
べてぃは愛着のある服が捨てられませぬ。どう考えても使いようのないものは処分するけど、素材も形もお気に入りでいつか復活できそうなものは捨てられない。でもそのまま着るのもちょっと....というものはちょこっとリメイク。
セーター
これは随分昔のセーター。タグを見ると「R&D]のブランド名表示。同年代の皆さんならわかるはず。懐かしい~。R&Dとかロペとか。ひゃ~いけないいけない。年がばれちゃう。へへへ。
このまま着ても今年ならおかしくないけど、分厚いくて非常に温かい素材なのでカーディガンにした方が出番が多いかもと、早速カットする部分に接着新張って....
2
じょきじょき。

カーディガン前の合わせを深くすると前身頃だけ狭くなっちゃうので、ボタンをとめるのは市販のコードを使ってループにしてみました。縫い代の処理も裏にテープ張って合わせ部分は極力少なく。

ついでにつけ襟も制作。
材料はコートについてきたつけ襟。本体の方は既に廃棄したけどつけ襟だけ何かに使えるかもととっておいたもの。長かったし襟の角度が合わなかったので、サイズ、形リメイクしてみました。

kannsei
襟つけるとこんな感じに。
今年はファーが流行ってるし、これがついてる方が温かい。
本体に小さいボタンつけて、着脱可能なつけ襟として作ってみました。襟なしで着ることもつけて着ることもできる2way。

ゴミとして捨てられそうになったこともあったものが見事に復活。作った本人的には満足の出来です。時々リメイクしてもイマイチで、完成後に捨てちゃうことも途中でやめちゃうこともあるんです。
あれこれ試行錯誤しつつ進めたから5時間ぐらいかかっちゃったけど、やり方決まったらリメイク作業自体は簡単なもの。2時間もあればいっちょあがりです。
タンスの肥やしは宝の山なのだ。
スポンサーサイト
2012/02/29(Wed) | ちくちくお裁縫 2012 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/389-acf0149b
前のページ ホームに戻る  次のページ