着物リメイクのスカート
スカート
春分の日の東京は日差しもたっぷりで暖かいです。
この季節になるとそろそろ真冬に着ていたものを仕舞って、春物作らなきゃ....と気持ちだけはあるけれど、体に気持ちがついて行かない。菜園の作付計画もまだ全然手つかずだしね。今日は春分の日です!とかテレビで言われて、それならと重い腰上げて、もう今シーズンは着ない真冬の衣類を片づけることにしました。

その一つがこのスカート。
着物リメイクの巻きスカートです。そして実は表地と裏地の間に薄い化繊綿(シンサレート)を挟んで作ったもの。冷え性べてぃは冬にスカートはくなんてとんでもない!と思っていたけど、何と言ってもこの綿入りスカートは温かいので真冬の愛用品なんです。
綿入りと言っても見た目にはわからない薄い仕上がりなので、自分から言わなければ気づいた人はまだないです。パンツを綿入れにするのは難しいけど、こういう単純な形のスカートなら綿入れも可。冷え性さんにはお勧めです。
うしろ
後ろはこんな感じ。
布は6種類をはぎ合わせています。ほとんど男物の着物や羽織だったもの。
光の加減でこの写真では青い布がえらく目立ちますが、実物はそうでもない....というか見る角度や光の加減で色んな色合いに見えるのが面白いので気に入ってます。
ちなみに青い部分はよくあるお父さんの縦縞の着物地。黒、茶、青。無地、縞、一部地模様の布の組み合わせです。

この冬は普通の布の服づくりに忙しくて着物リメイクから遠ざかってました。骨董市にも行ってないし。でもやはり着物リメイクは布合わせていくのが楽しいので、そろそろ再開しようと、ただ今バッグ制作中。
今までのとは違う新しい素材づかいを思いついたので、その思いつきを形にしようと布と格闘中です。イメージどおりに仕上がるかな。
スポンサーサイト
2012/03/20(Tue) | ちくちくお裁縫 2012 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/409-28ac5be6
前のページ ホームに戻る  次のページ