自然薯、出来るかな
自然薯
今期から菜園の面積が広くなったおかげで、今まで植えていた野菜の植え付け株数増やしてもまだちょこっと余裕があります。ふふふ。
何を植えようかなぁ~と思っていたところでお向かいの区画に何やら不思議なニョロニョロがネットに巻きつき始めてるのを発見。区画の主はいつも声かけてくださるおしゃべり大好きな方です。ちょうど出会ったので、植えてあるものの正体をお尋ねすると「大和芋」とのこと。
なに、大和芋?大和芋ってヤマイモのあの大和芋ですか....べてぃはヤマイモの類は山で育てるものだと思い込んでて、市民農園で育つものだとは考えてなかったので何植えようか?と思った時も選択肢の中に全く入ってこない野菜でした。そうか!ヤマイモも自分で育てられるんだ!と、さっそくホームセンターへゴー。

で、買ってきたのがこれ。
2袋だけ売れ残っていた「短形 自然薯」。
お向かいさんに教わったこと。→普通のヤマイモはえらく長くなって普通の畑じゃ無理。大和芋は短いから畑でも大丈夫だし、掘り起こすときも簡単よ。
なるほど!で、大和芋の種イモが欲しかったわけですが、時すでに遅し。大和芋はなかったけど、ラベルによるとこの短形自然薯も「40センチほど耕して植える」とあるので、名前の通り短いはず。
写真見ると、長くなる代わりに横に太って豚の太もも的形状に仕上がると見ました。

ヤマイモの種イモなんて初めて。既に先っちょに芽がついてます。ただ今芋の全長22センチというところ。
ネットで調べると芋を3つほどに切ってそれぞれ種イモとして植えるとあるけど、芽が出てないボディ部分からホンマに芽が出るのか?だし、下手にカットして病気の原因になるのは嫌なのでこのままで植えることに。
初の自然薯育成、さぁどうなるのか?
むかごも出来るみたいだし、秋はむかごご飯だ。ふふふ~楽しみ♡
水害
昨日は快晴だったのにホームセンターで苗見ている間に黒雲迫ったかと思ったら突然の豪雨。ホームセンターから見えるベランダには布団が....ああ~、教えてあげたい!と思ったけど教えに行ってる間にも布団ずぶずぶになるの確実の大雨なので見なかったことにして店で雨宿り。30分ほど店内うろうろしてたらすっかりお天気復活して、日本の天気はホンマどうなって行くんでしょうか。

先日の大雨の被害が目に見える形で残っていたので写真とってみました。
水がたまってしまってしばらくプール状態になっていて、時間をかけてひいた結果ひび割れ状態になってます。実はこの区画、前の期のべてぃのお隣さんです。プロ農家みたいなおじさんが使っていて、あまりに見事に立派な野菜ができるのですごいなぁ~と思っていたのだけど、この様子を見るとあの大きくて虫食い一つない野菜は化学肥料たっぷりと農薬の成果ということだったようです。有機物沢山入れて土を作っていたら、プールになるほど水はけの悪い土になってないと思うので。な~んだ。

スポンサーサイト
2012/05/07(Mon) | 菜園は今 2012 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/451-12c1e883
-
管理人の承認後に表示されます【2012/05/10 23:46】
前のページ ホームに戻る  次のページ