着物リメイクのブラウス二枚
もう一枚
夏の一重の着物をリメイクして作ったブラウスです。

紗、絽?とにかく透けた地に模様。大分前に確か平和島の骨董市で千円ぐらいで買った着物です。
骨董市を歩いてこういう布に会えると心の中でガッツポーズ。でも最近こういう素敵な布に会える幸運は激減してます。夏の着物は特に消耗が激しいので、見つけても生地が傷んでいたり汚れが激しかったりで、使える部分がごく少ないことが多いです。それに最近は素敵な模様で状態の良いものは骨董店が買い上げてしまわれるのか、骨董市に格安で出ていることが減ってるのではないかと思います。
構造
模様を壊してしまうと勿体ないので胸のタックすとらず、単純なシャツの形に脇に布をプラス。両脇の布は前中心でボタン一個でとめて着用。着ると垂れて動くと揺れるデザインにしてみました。
脇の布が垂れることでウエストが絞られて体に沿います。

数年前につくったものですが、今年の流行にもあってるのでしばらくタンスに入ってましたが、また着よう。
ブラウス
同じ布で作ったもう一枚。
先日紹介したヤマトタケルをイメージした帯地のブラウスもこの形の応用です。
単純な長方形をつなぎ合わせた形。
着用着るとこうなります。

透けているので下にタンクトップ着用。

下に着るものの色でまた表情が変わるので、いろいろと楽しめます。

しゃりしゃりした絹で、透けるぐらい目が粗い布なので、夏に着ると肌に張り付かないし、涼しく快適。ただ一つ難を言うと、やはり着物なので何度も洗濯を繰り返すという前提で布が出来てません。普通のブラウスと同じ感覚でバンバン洗濯してると生地の傷みが目に見えて激しいので、洗濯は勿論手洗い。大切に着てます。

畳む
長方形を重ねた平面的なデザインの良いところは、収納に場所をとらないこと。着物の知恵です。畳むとこんなにぺったんこ。重ねて収納可です。
こうやって改めて見てみると着物の布はやはり素敵です。しばらく骨董市から足が遠のいてますが、掘り出し物見つけにまた行きたくなりました。
スポンサーサイト
2012/06/15(Fri) | ちくちくお裁縫 2012 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/489-8d709e7b
-
管理人の承認後に表示されます【2012/06/19 11:28】
前のページ ホームに戻る  次のページ