初収穫は金冠トマト。トマトの季節始まる。
金冠トマト
今年のトマト初収穫はミニトマトの「ピッコラルージュ」1個と「ゼイタクトマトゴールド」2個。
ピッコラルージュはそのまんまの姿で食卓へ。
さぁ口へぽいっと...とヘタをつまんでよく見ると....ん?
この金冠は何?写真ではよくわからないかも。でも金粉をちりばめたような金色の丸。今年初収穫トマトは金冠模様。時々あるんです。いっぱいあびた太陽が乗り移ったかのようにボディに金箔のせたような模様をつけたミニトマト。どういう現象なんでしょうか?大抵金の丸がついてるぐらいで、こんなに金冠バッチリついたものは珍しいです。
今年のトマトは幸先良し!と思ったのだけど.....
水没
実は初収穫のゼイタクトマトゴールドは恒例の水没チェックしてみると、なんだぁ~、がっかり。ぷかぷか浮いちゃいました。
あ、去年のべてぃのブログを読んでいらっしゃらない方にはわからないですね、水没チェック。
トマトがとれるとべてぃは水につけてみます。糖度が高くて重いトマトは沈むので、美味しい印なんです。

ミニトマトは普通沈みます。でも大玉で沈むものは少ない。トマト栽培歴10年ぐらいで去年、ゼイタクトマトで初めて水底に沈み込む大玉トマト栽培に成功して感動したべてぃです。今年もゼイタクトマトは全部水に沈むに違いないと思っていたのに。がっかり。手に持った感じはずっしり重くて、スーパーで買う普通のトマトとは違うんですけどね。
食べてみるとやはり味が薄いです。むむむ。これじゃ丹精込めて自分で育てなくてもスーパーで買ったトマトと変わらない....がっかり。でもま、無農薬だしとれとれだから体には良いんですけどね。
先日の台風4号で水分沢山吸っちゃったし、その前も菜園の土が流れるほど激しい雨が何回か降ったから、沢山水分吸って育っちゃった、そのせいでしょうか。
ま、まだ初物なので、ゼイタクトマト、これからに期待です。

白茄子の花越後白茄子の花です。
黒い皮の茄子より色が薄いラベンダー色。
下を向いて葉っぱの陰に咲く楚々とした姿が雪国生まれの慎み深い令嬢の姿。

白茄子
そんな花が実になるとこんな様子。
小さい時はまるで卵だったのに、大きくなるにつれて長く成長。
まだ見慣れぬ目には不思議な景色です。お味は....とろっとろです。苗ポットのラベルの宣伝文句は嘘じゃなかったです。白茄子と千両二号を一緒にオリーブオイルで焼いて食べてみました。千両二号も十分美味しい茄子ですが、一緒に食べて比較してみると食感に大きな違いがあります。食感は味を決める大きな要素。白茄子、うまいです。

皮が口に残る感じが極めて少ない越後白茄子。比べちゃうと千両二号の皮がえらく硬く口に当たるような気がしました。今までこの調理法で千両二号を美味しいなぁと思って食べていたべてぃですが、実と皮が一体になってとろっとろで融ける食感の越後白茄子を食べてしまうと、加熱調理用茄子としては白茄子圧勝。品種によってこんなに違うものなんですね。びっくり。
千両二号は浅漬けにしたりすると非常に美味しいです。今度は白茄子を生で食べてみて比べてみなきゃ。
スポンサーサイト
2012/06/29(Fri) | 菜園は今 2012 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/501-ae2d6b86
前のページ ホームに戻る  次のページ