夏用にパイプ枕つくってみました
カーテン昨日今日と東京は快晴。梅雨明けは近そうです。
気温上昇に伴ってベランダの緑のカーテンの密度があがってます。

ヘチマの花が咲き始めたので、見た目はぐぐっと華やかに。
一気に南国気分です。
きゅうりぶらぶら、へちまは青空に向かって伸びる。夏だなぁという景色になってきました。
四角豆は南国育ちらしく気温上昇に伴って勢いがついてきました。蕾がついてるので、近日中に花が見られそう。紫の美しい花が咲くらしいので楽しみにしています。
でも毛深いキワーノは未だ花らしきものが見られません。どういうこと??

パイプ
梅雨があけるとあの恐ろしい熱帯夜地獄がやってくる....うう。考えるだけで怖い。
少しでも快適に過ごせるようにと思って、夏用の枕、つくってみました。

先日ホームセンターに行った時に西川の枕コーナーで色々と枕を研究してきました。最近は枕と言っても色々あるんですね。横向き寝と上向き寝を両立させるために真ん中は低いのに両端が肩の幅に盛り上がってる枕とか。あんなに高さの違う枕に沿って理屈通りに人間はスムーズに寝返り打てるんでしょうか?気になって寝られないんじゃないか?とか思っちゃいました。
形も色々、素材も色々。う~む、日本人のモノづくりへのこだわりはこんなところにも。

素材的に涼しいのはやはりそば殻とかチップ系のはずです。
でもべてぃは硬い枕すると朝首がガチガチになってるのでそば殻はパス。売り場のベッドに枕のせて試着(じゃなくて試寝?)させてくれるのですが、そもそもベッドの硬さが自宅のものと違うとその高さであっているのかどうかわからないんですよ。
そうか、だったらつくってしまえば良いんじゃん!と思い立ちました。

中身の素材はパイプ。空気スースー通るはずなので体温がこもらないんじゃないかと。
そして袋はタオルを二枚。
一度、洗濯用の大きいネットにパイプを入れてベッドに置き、寝てみてサイズや中身の量を確認。
決めたサイズに袋を縫うのはじゃじゃっと5分。四隅縫うだけですからね。
枕完成
完成品がこれ。
寝返り打って大丈夫なロングサイズ。
これに枕カバーをかけて使います。
枕カバーも麻にすると気持ち良さそうなので、今年はトライしてみようかとお思っています。
ただ今この枕使用2晩。
朝起きた時に枕と接してる部分が熱いという感じがかなり減りました。おお!効果あるじゃん。
とりあえず袋は単純な四角で間仕切りなどせずに単純な袋に作ったので、中身が偏るか?と思ったけど、意外に大丈夫そうです。

ネットで見るとパイプ素材はこういうプラスチック素材だけじゃなくて青森ヒバパイプとかもあるみたいです。炭やヒノキチップなんかも涼しいかも。しばらく使ってみてまた違う素材もトライしてみようか...。


スポンサーサイト
2012/07/11(Wed) | ちくちくお裁縫 2012 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/512-4c63fc38
前のページ ホームに戻る  次のページ