着物リメイクで重ね着用のタンクトップ
シャツ
ニット素材の布で作ったシャツ。前後の長さを変えたフィッシュテール。先日紹介した白のものは普通に袖つけてましたが、今回はもっと簡単なフレンチスリーブで作ってみました。
縫う場所が少ないからどんどん進む....ふんふんふんっと鼻歌うたいつつ出来上がってみると....むむむ。なんだか襟ぐりがえらく広いような。試着してみるとブラの紐が丸見えではないの。
どういうこと??...って、理由は簡単。
伸びたのよ。べてぃさん、あなたが縫ってる間に襟ぐりの布が、びろろ~んと。ま、縫製技術が未熟ってことやわね。
ひ、ひぇ~。

そうなんです。伸縮性の強いニット素材は余程気をつけないと縫ってる間に伸びちゃうんです。
肩線は伸び止めテープ張ってから縫ったので大丈夫。でも襟ぐりはそのまんまなのと、この布は今までにない伸びっぷりの布で、気をつけたつもりだったのにべてぃの腕ではダメでした。
ま、仕方ない。そういう時は下にあれを着るのです。
ということで、このシャツに合いそうな布をタンスから引っ張り出して、作ってみましたタンクトップ。
タンクトップ
以前、若い時の着物の布で結婚式の写真を入れる袋を作って欲しいというご依頼をいただいて作って差し上げた時に、残り布は必要ないからと、いただいたものです。かなり派手なのでべてぃの好みとしてはこれだけで洋服作ったりする用途には使えないのでタンスに眠っていました。
布
染めと刺繍の組み合わせで模様が描いてある、しっかりしたシルク。着物だなぁという模様です。
着たところ青いシャツの下に着るとこんな感じ。
これで下着も見えず、下向いた時に胸がパカパカしたりもしません。

ついでに下からも少し見える長さにしてみました。

白シャツの下前に紹介した白いシャツの下に合わせるとこんな感じになります。

白シャツはかなり薄い素材なので、下に着るものの柄が透けて見えます。下を変えると別のシャツの様に変身。

作った時は七分丈の袖だったものを半袖に直して真夏も着ています。なにせ流行のスタイルのものが着られるシーズンは短いから、流行ってる内に沢山着ないとね。模様のはっきりしたタンクトップが一枚増えたのでこの白シャツの登場も増えそうです。
スポンサーサイト
2012/08/15(Wed) | ちくちくお裁縫 2012 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
--ふむふむ--

今日も、ふむふむと読ませていただきました。
いろいろ教えて下さって嬉しいです。タンクトップも華やかですてき!斜めの切り替えで(私には到底できないけれど)、おしゃれ感がアップしますね!!
by: toshiemum * 2012/08/15 19:06 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: ふむふむ--

toshiemum様
ありがとうございます。
斜めにはぎ合わせているのは実はこのラインが、ほどいた着物布の端なんです。
タンクトップは体にフィットしないとダメだし、フィットするサイズをかぶって脱ぎ着するには伸びないとダメ。伸縮性のない着物布でタンクトップつくるには、普通は服の縦方向に布の縦方向を合わせるところ、斜めに布を使います。そのため身頃の真ん中に斜めに縦線同士を縫い合わせた切り替えが入り、脇は布目に対して45度のラインを縫うことになるので、脇を縫う方が難しいのです。でも多少伸びても問題ないから、これを作るのは簡単なんですよ。
布を斜めに使うことで縦にも横にもものすごく伸びるので、フリーサイズです。
by: かみたけべてぃ * 2012/08/17 12:01 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/543-ed209e10
前のページ ホームに戻る  次のページ