トマトジュース作ってみました
トマトジューストマト大豊作。
大玉の収穫最盛期は過ぎましたが、ただ今ミニトマトが毎日50から60個は採れます。
ざっと累計してみると2本のミニトマトの昨日までの収穫数は...ここまで書いてから電卓たたいてみると、な~んと、べてぃもびっくりの791個。ホンマか?

青いまんまで落ちてしまったものとか、収穫が遅れて熟れ過ぎ、自分で落ちちゃったために家に持ち帰らなかったものは除外しての数です。まだ収穫は続いているので、最終の数はどこまで行くのか....去年までと比較して圧倒的に多いのだけは確実。これもやはりETOのおかげ?それともコウモリさんのおかげ?それともジャングル栽培のおかげ?今年は新しいことを沢山試したので、効果をあげた要因分析がしにくいです。おそらくどれもが貢献してるはずだけど、効果検証はしづらいですね。

いくら美味しくても毎日毎日だと飽きるので、目先を変える方法を考え続けるわけですが、中でも一番ゼイタクなのがこれ。
トマトジュース。
ミキサーでじゃ~っと作ったのじゃなくて、煮ました。テレビでトマト農家の奥さんがやってらしたのを真似して。
作り方は簡単。
トマト
トマトをザクザク切って、煮ます。水など入れず、トマトだけ。
あまり沸騰させないように、弱火でとろとろ。果肉を柔らかくして裏ごしできるようにするのが目的なので、煮詰まらないよう、底が焦げないよう、気をつけて煮ます。時々へらでつぶしながら。
へらで簡単につぶれるようになったらざるでこします。そして落ちたジュースだけを冷蔵庫で保管。ちょっと塩を加えて。濾してのこった実や皮はソースにするとかジャムにするとか使い道はありそうですが、べてぃの冷凍庫、冷蔵庫は既に夏野菜のストックでパンパンなので、捨てます。ふふふ。ゼイタク~。

最近、トマトを大量に食べるとやせる?とかでトマト需要が激増、カゴメの株価高騰してます。でも生のトマトじゃ効果はないみたいで、熱を通したトマトにこそ効果があるらしいです。それも結構大量にとらないとダメ。となるとやっぱトマトジュースですよね。べてぃは流行りのダイエットブームにのるつもりはさらさらないのですけど、大豊作の野菜の消費が外見改善に結びつくのならなおよろし。

自家製トマトジュースはトマトの味そのまんま。
完熟収穫糖度の高いトマトでつくると、う~ん。うまい。
写真の鍋の量でグラス4、5杯分できました。一杯にミニトマト何十個分の栄養がギュッと凝縮。自分で育ててなければ勿体なくてとてもできないです。
大地とお天道様に感謝しつついただきます。



スポンサーサイト
2012/08/18(Sat) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/545-4d86bc25
前のページ ホームに戻る  次のページ