畑仕事は進まないけど富士山は一足先に秋?
収穫
キュウリが目に見えて短くなり、味も落ちてます。
全く水をやってないトマトは糖度は高いものの玉が小さくなって皮が厚く硬くなってしまいました。なので湯むきして食べる日々。東京はずっと快晴&高温でしばらく全く雨が降ってないですからね。トマトはカラカラのアンデス出身だから水はやらないと決めてるのですけど、こう皮が硬くなるとちょっと水まいてみようか?と弱気になります。
皮が硬いのは水のせいなのか、それとも土づくりのせいなのか?それとも玉をつけすぎ?例年よりも相当数多く収穫できてますからね....もう限度を超えてるとか?花も次々についてるし、幹も元気なんですけど、よく考えるともう八月も終盤なんですよね。

それにしてもこの暑さ。
べてぃの5年日記によると(ただ今4年目)過去3年は今の時期は急激に気温が下がって、夜もクーラーなしで眠れるようになってたようです。そして5月に植えたキュウリは既に収穫終えて撤収済み。次の作物に向けて菜園は土に戻してました。
今年は5月植えキュウリくんは味は落ちたもののまだまだ実が次々についてるんですよね。こうなると撤去してしまうのをためらうのであります。
富士山
野菜はそんな状態ですけど、富士山だけは何故か一つ季節を先取りしてるかのごとく、毎日のように姿を見せてくれています。8月にこんなに沢山富士山が見えるなんて、初めて。
これは昨日の夕方の様子。
富士山
これは一昨日。朝はうっすら霞を通して見えるような見えないような....という日も夕暮れ時には夕日をバックにシルエット富士山となってお姿拝見できます。
富士山
これは先一昨日。

昨日は収穫終わった後放置していたコーン、インゲン、ゴボウなどの後を耕してケイカルすき込みました。
日中最高気温は34度、風もぴたりとやんで、クーラーつけて家にとじこもっているしかないような日でも夕方の広い菜園は風がぴゅ~っと吹き抜ける空間です。
作業の合間に美しい夕焼け見上げてると、どこからともなく吹いてくる風。その風を全身に受ける瞬間、べてぃは何となく大自然と自分が一体化したような気がします。他では感じることのできないこの感覚は毎年、この季節だけのお楽しみです。
スポンサーサイト
2012/08/27(Mon) | 今日の富士山 2012 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/552-a4cf1853
前のページ ホームに戻る  次のページ