モロヘイヤの種発見
種
未だジャングル状態で葉っぱ青々のモロヘイヤ。
最近雨の日が多いので、1,2日菜園に足を運ばずにいて次に行くと花がいっぱい。次の世代を残そうと頑張ってるんやねぇ~と思いつつ、種つけないように花のついている枝をバシバシカット。
種とさやに毒があると知って以来、短時間で処理しようと何枚かまとめてむしっていた葉っぱむしりはやめました。ちゃんと座って一枚一枚確認しながらむしる。時間かかるけど、ま、仕方ないね~でも種はいつできるんだろう??と思っていたら、とうとう発見しましたよ、種のさや。
おお!ゴマのさやのようです。結構大きい。
こんなに大きいんなら間違って調理してしまっても食べる時に気づくはず。

内側中身を確認してみました。
白い種の元らしきものが詰まってますけど、まだ種にはなってない状態。全体が一体化してギュッとつまっていて重いので、水に沈みます。
葉っぱは沈まないから、水につけて葉っぱだけすくえばOk。でも....

小さいの
種のさやも最初から大きいはずはないわけで、もう一つ、小さいの発見。
それも先の方が切れて半分になった状態。先半分はどこに行ったんでしょう。もしかすると葉っぱに混じってる?と、毒があると知ってから、モロヘイヤには神経質気味。
このサイズはまだ比重軽いらしく、見事水に浮かびました。ありゃりゃ。
水につけて選別できるなら、むしる時に万が一混じってしまっても大丈夫だと思ったのですけど。残念。
見た目も一番先についているまだ開いてない若い葉っぱとよく似ています。
種とそのさやに毒ができるのってどのサイズからなんでしょう?小さいのは大丈夫とかはないのかしらん...調べても詳細がわからないので、口にはしないに越したことはないです。

こりゃやはり、時間かけてよく目で見ながら葉っぱを一枚一枚丁寧にむしるしかないですね。

東京は今日は最高気温23度の予想です。ひんやり。心地よい気温のはずですけど、なにせ未だ夏対応の体のまんまなので、急激な気温の低下で体がついていけてない感じ。きっとモロヘイヤもびっくりしてるはずです。きっと「は、早く種作らねば~!!」とあせってるのでは。
スポンサーサイト
2012/09/25(Tue) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/570-e655ffe1
前のページ ホームに戻る  次のページ