ある日忽然とベランダに現れた花、名前がわかりました
ゼフィランサス
何年前でしょう。ある夏の朝、カーテン開けるとやたらと目立つ黄色い花を発見。
春先は黄色い花が多いけど、夏に東京で咲くこんなに目だつ黄色い花は思い当たらず。それも植えた記憶なんてまったくないのに、何でこんな可愛い花が突然ベランダに現れたのか??

観察してると一つの花は1,2日の命なんですけど、数日間を置いては次々に花芽が上がってきて、結構長いこと楽しめます。植えてもいないのにこんな花に巡り合えるなんて、得した気分♡ きっと鳥さんか風が種を運んで来てくれたのね~ありがとう!感謝感謝。
ところがシーズン終わって掘り返してみると、なんと根本に球根を発見。
ん?んん??それも結構大きい球根。ミニ水仙の球根と似てます。こんなサイズのものが鳥さんのフンに混じってるはずはなし、風で飛ぶはずもなし....いったいどういうことよ??
謎のまま数年。
タネ
花が終わると後にこんな丸い実のようなものがつきます。そしてしばらくすると皮がはじけて中から黒い種が沢山こぼれる....もしかするとこの種を蒔くと球根に変身して花が咲いたりして?と思って実験。水やり忘れることのない木の類の植わっている鉢にぱらぱら。
そしてとにかく物忘れの激しい今日この頃。種のことなんてすっかり忘れてたら....いつ蒔いたものか??ですけど、最初の写真のように沢山咲きましたよ、可愛い花が。種蒔いた次の年はムスカリに似た細長い葉っぱがちょろっと出ただけで花は咲かず。そのまま放置しておくと花に。きっと土の中で種→小さい球根→大きい球根になってある程度大きい球根になったら花が咲く、そんなことのようです。自然のまま放置しておけばこぼれ種でどんどん増えて、可愛い花が群生する。全くの手間いらずです。な~んて素敵♡。
サンショウ
ただ今べてぃのベランダでは色んな鉢が一斉に黄色化。そして元住人の居場所を横取りせんばかりの勢いです。
実はこの鉢の元住人は山椒。
わかりますか?真ん中で細い葉っぱの陰で小さくなってる背の低いのがそう。今年は葉っぱもちょろちょろっと小さいままでした。植え替えしてあげないと....。

池袋の子とは違う芸風のど根性植物なわけですが、この子も「君の名は?」と花に向かって問いかけ続けて早や5年以上はたってます。調べるすべもなし。べてぃの家の近所でも道端に同じ形の白い花が群生して、年々どんどん広がっている場所があるので、同じ花だなぁと思いつつ、名無しのごんべえさんで過ごしてきました。ところが出会いは突然に。何と今日名前が判明しました。
それも他の方のブログを見ていて偶然に。
ものすご~く可愛いわんこ、にゃんこ、そして育てておられる花たちとの日常をつづられている素敵なブログで、お邪魔すると癒されるので頻繁に見せてもらってるあるブログ。べてぃのベランダと違って白い方がお庭に群生しているのに名前がわからない....という記事を書いていらしたら、訪問者の方が名前を教えてくださっていました。それを読んでやっとべてぃの永年の疑問もとけたわけです。
ああ、インターネットってすごい。

この黄色い花はヒガンバナ科のゼフィランサス属の仲間のようです。ゼフィランサスには色々種類があるようで、おそらくシトリナ?黄色いのもいくつか種類があるようなのでべてぃの知識では特定できませんけど。
白くて近所に群生してるのはゼフィランサス属の一つカンディダかな。和名は たますだれ のようです。
ウィキペディアで見ると、おお~いかん!!葉に毒がある!!
ひぇ。
実はニラのプランターに種が落ちたらしく、葉っぱがにょきにょき。菜っ葉、似てるんですよ。気づかずに一緒にカットして料理、口に入れてから妙に硬いのと変な味がするので気づいたことがあります。勿論食べずに捨てたわけですけど....あの変な味の正体は毒だったのね。反省。
色んな鉢に蒔いたりせず、ちゃんと管理しなければ。学習しました。
モロヘイヤと言い、身近なところに毒素を持つ草花があるもんなんですね。要注意はキノコだけではないようです。
スポンサーサイト
2012/09/29(Sat) | ベランダガーデン 2012 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/573-387b7539
前のページ ホームに戻る  次のページ