虫はどこからやって来るのでしょう?
虫食い
冬の菜園の主役、アブラナ科の野菜たちはとにかく虫の大好物。ベランダで育苗中も勿論菜園に移植後もずっと防虫ネットかけて大切に育ててるのに、何故か毎年見事に虫の餌になってしまいます。
何故??
数日前の写真ですけど、防虫ネットの中はこんな状態。
既に白菜の苗は穴だらけ。むむむ....虫がいるに違いない。水やりもネット越しにできるし、沢山とめてあるピンをはずしてネットをあけて虫さがしするのは結構面倒なんです。無精者べてぃは去年は穴が開いてるのを気にしつつも、ま、多少の穴ぐらい....とタカをくくってそのままにしてたら、白菜は見事、ヨトウ虫そのほかの巣になってしまいました。菜園主となって5年。既に野菜につく虫には慣れっこになったので、自分で食べる分には多少の虫は大丈夫。よく洗えばよろしい。でも虫が内側に潜んでるかもわからない野菜は人に差し上げることはできないので、今年は面倒でもネットはがして定期的に虫退治しよう!と決意。
一回目を敢行してみると....。いるいる。
まだウエスト1ミリに満たず、肉眼で発見するのがぎりぎりのチビから既にウエスト3ミリぐらいのまで。
どうりで穴だらけのはずです。
退治してもまだ見逃してるのやこれから生まれてくるのもいるはずなので、結構マメにやらないと。この段階で農薬使ってしまえばもしかするとこれから先安泰なのかも....とちょっと誘惑されますけど、いやいや、自分で育ててる野菜なので、農薬は使わない主義。マメに頑張るってことで。

それにしてもこの虫たち、どこから来たんでしょう?
ホームセンターで買った苗について来た?土に卵がいた?それともネットの張り方が悪くて隙間から親が入ってきた?でも蝶々がネット内で飛んでるのは見たことないし。う~ん。わかりません。苗は菜園に植える前に葉っぱ全部チェックして卵はついてなかったはずなんですけど。そして今回発見した虫たちはヨトウムシとかの土から来る虫ではなくて、おそらく蝶々系の子。ぷくぷくの青虫でした。
謎~。

そしてもう一つ虫話を。
最近、立て続けに見て不思議に思ってることです。虫が嫌いな人がいらしたらごめんなさい。
発見
何の変哲もないアスファルトの道の写真....じゃないんです。
実は虫さん結構車の通る道を横断中。目をこらして見ていただくと写真真ん中にいます。
散歩中
おお~!君は確か去年、べてぃのベランダの山椒の鉢植えを丸ハゲにしてしまった犯人。アゲハの子。
目に見える黒いのは実は模様。下の方にホンマモンの目がある不思議な模様は何か役に立っているのか?と不思議だった子です。

なんでこんなところを歩いているの?それも驚くほど速いんです。
実はここ二週間ぐらいの間に3回も虫の道路横断に遭遇。なんで?秋の初めは虫さん引っ越しシーズンなんでしょうか?

三匹の内一匹はミノムシでした。
道路の上を枯葉の塊のようなものがもぞもぞ動いていてびっくり。よく見ると枯葉をまとった虫が移動中。
これは後で理由が判明しました。ただ今べてぃの家の周囲の一戸建てのお宅は庭師さんを入れての庭木剪定シーズン。お正月に向けてなのか?秋になるとイナセな格好の庭師のお兄さんが高いところの枝をチョキチョキ。きっと枝にぶら下がって呑気に眠っていたミノムシくんは葉っぱと一緒に地面に落ちて、何事ぞ?とびっくりして目をさましたのでしょう。あわてて引っ越し中を目撃したに違いありません。珍しいもの見ちゃった。
他の二匹は蝶々の子。
なんであんなにあせって熱いアスファルトの上を横切ってたんだろう?

虫たちはどこから来てどこへ行くのか?謎は深まるばかりです。
スポンサーサイト
2012/10/12(Fri) | 菜園は今 2012 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/580-f3dd2655
前のページ ホームに戻る  次のページ