平面に袖つけただけの簡単カーディガン、工夫してみました
カーデガン
最近流行の長方形に穴開けてそこに袖をつけただけの簡単カーディガンにアレンジしてみました。
平面に置くとこんな完成姿になります。

工夫したのは何かと言うと....基本の形のカーデガンはお腹が冷える!ここを改良しました。
このブログをよく読んでくださっている方には既に耳タコでしょうが、べてぃは筋金入りの冷え性です。お腹冷やしてはいか~ん!人によって冷える部分は違うようですが、べてぃは背中よりお腹です。背中だけ覆ってお腹は丸出しの平面カーデガンは「オシャレは我慢じゃ~」と思っても、やっぱり寒いのですよ。
で、何とかお腹を隠す方法はないかと考えてこの形に。

着用前を開けて着るとこう。

袖付けから前の布が垂れてひらひらした感じが特徴の、よくある平面カーデガンです。

下の水玉は関係ないスカーフです。素っ裸のボディの写真は如何なものかと思ったので...わかりにくくてごめんなさい。

着用そして閉じるとこうなります。

単に前の上端を交差してとめられるようにしただけなんですけど。
開けて着た時に目立たないように、下に来る側には小さいスナップ、上に来る側には目立たないボタンをつけています。

ちょっと余裕のあるサイズの平面布を交差して一点でとめているだけなので、首の下部分にドレープが出来て、開けて着た時とはまた違う表情に。

そしてお腹は両側の布に覆われて保温OKなんです。これだけで温かさは全然ちがいます。

畳む
平面に袖だけカーデガンの良いところは畳むとぺったんこ、平面になること。
着物思想の洋服です。
収納が簡単だし、持ち運びも簡単。
完成
こうやって四角に畳んでバッグに入れて置いても変なシワにはならないから、気温の上下が激しい今の季節の外出のお供です。
どうかな~?
スポンサーサイト
2012/11/09(Fri) | ちくちくお裁縫 2012 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/597-9b9dbd9e
前のページ ホームに戻る  次のページ