自然薯掘り第二段
となかい
シャンシャンシャンシャン...サンタをのせたトナカイがやってくる。
一足先にクリスマス気分?
絵本のトナカイの角ってこんな感じですよね。
二株
でも実は角じゃなくて自然薯でした。
先日一株だけ掘ってみた後、やはりソラマメのために場所をあけようと決意。残り2株も掘ってみました。
出てきたのはこれ。
最初の一株よりも胴回りが大きいので、皮むいても鉛筆みたいにはならなさそう。それにしてもボコボコ。
べてぃのイメージしていた形とは全然違う...。

洗うと一番イメージに近い出来上がりだったのはこの子。
お肌ボコボコなので皮むくとかな~り小さくなっちゃいましたけど、とろろにして炊き立て新米にのせて食べたら...

う。うま~い!!
今まで食べたとろろの中で圧倒的一番。味が濃いんです。

ジャガイモは掘りたてと1週間たったものは全く味が違います。イモ類は保存がきくから、いつ食べても同じかと思ってましたが、それは違うのはジャガイモについては経験済。もしかするとヤマイモ系もとれたては美味しいのかも。こんなに美味しいんなら、来年も植えなきゃ。隅っこに植えておけば場所もとらないし、全くの手間いらず。完全放置栽培だもん。素晴らしい。

全量
ひょろひょろ種イモ3本からの収穫全量がこれ。
体積てきには相当な倍率への変身です。でもボコボコなので、皮むくと食べるところがちょこっとしか残らない。スーパーで売ってる自然薯はもっとお肌つるつるのような気がするんですけど。プロの育て方には何かコツがあるんでしょうか。
でもま、見た目はさておきお味は抜群。もう毎日とろろご飯です。でもこの量じゃあっという間に終わりです。来年はもっと沢山たべるぞ~。

ほうずきそして問題の食用ホウズキは気が付くと突然沢山の実がついていました。
夕方の写真なので光が足りず不鮮明ですけど、一番したの大きい実の上に一節ごとにぽつぽつと小さい実がついています。

むむむ...いつの間に。
夏からここまで花は沢山咲くのに結実せず、待ちに待ってようやく2つ実を確認したものの熟れる気配なし。諦めていたところに沢山結実。どういうこと?ちなみに最初にできた2つの実は未だ熟してる感じはなしです。

もしかするとこの秋の気温を今から夏がやってくると思って呑気にしてたところが急に寒くなって「ああ~!早く子孫を残さねば!」と急に焦りだした?不思議です。
いきなり数十個の実を確認。さてちゃんと熟れるのか?
スポンサーサイト
2012/11/25(Sun) | 菜園は今 2012 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
--うまそう~っ--

自然薯うまそうです! 来年私も植えてみようと思いますっ!
by: yuderakka * 2012/11/27 20:01 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: うまそう~っ--

> 自然薯うまそうです! 来年私も植えてみようと思いますっ!

お勧めよ~。手間いらずだし、病気も少ないらしい。それにゆでらっかさんの広い畑なら何年も植えっぱなしにできるから、立派な芋ができるはずです。
うちの子も大きい芋になってたらおすそ分け出来たのになぁ...半分ぐらいは皮むいたら鉛筆サイズなので、埋め戻して来年収穫することにしました。
by: かみたけべてぃ * 2012/11/28 10:10 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/607-a334720f
前のページ ホームに戻る  次のページ