雪の名残のイヤミの歯...結構危険
イヤミ

一昨日の夜の帰り道、ふと見上げると空中にこんな風景が。
おお~!!
イヤミの歯だ!! ....年がばれますね~。わかる人にはわかる話題でした。はは。

雪が降って既に一週間近くもたっているのに、未だ雪の名残が色んなところにあって面白い半面結構危険です。
イヤミの歯、知らずに歩いていて頭直撃されたら、こぶが出来るぐらいじゃ済まないインパクトのはずですから。
鍵盤
こちらの屋根のはイヤミというより鍵盤?
30センチ近くも屋根からせり出した氷の塊。面白いけど危険だわ~...と、わかっちゃいるけど近くに行って写真とらずにはいられない。
にょき
ここで落ちてこられたら頭直撃だなぁ...と思いつつも目いっぱい近づいて撮ってみました。
砲撃準備OK! って感じです。
幸い砲撃にはあわずにすみました。

屋根を観察してみると、東京の屋根には雪止めがついているお宅と全くなにもないお宅があるようです。雪止めってつけなきゃいけないのかと思ってましたけど、特に規制はないのですね。雪が降ったら足元は気をつけなきゃというのはすぐにピンと来ますけど、頭上に気をつけなきゃ!というポイントは見逃しがち。
急いでる時なんか頭上には注意は行きにくいから要注意です。

すぎちゃん?
でも雪の名残は危険だけじゃなくてこんなものにもなってました。
「スギちゃん」だそうです...そう言われてよく見ると、ノースリーブ?
2メートルほどもある巨大な雪像に東京でお目にかかるとは思ってませんでしたよ。極寒の冬の贈り物です。


スポンサーサイト
2013/01/19(Sat) | 街で出会ったオモシロ2013 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/636-a431814b
前のページ ホームに戻る  次のページ