着物リメイクで羽織風?コート
着用
先日「座ってると着物に見える?洋服」の一部として写真をのせたコートです。
元は着物。
花車の地模様の黒のしっかりしたシルクです。
かなり前に確か世田谷ボロ市で、格安の山の中から見つけたものだったと記憶しています。
傷みもほとんどないし、色あせもなし。不祝儀ではない、目出度い模様の真っ黒の着物なんて珍しいと思うし、こんな粋な着物をお召しになっていたのはどんな方だろう?と、元の持ち主に思いを馳せてしまう、そんな着物でした。
状態の良い布は大きな面積の洋服にリメイクすることができます。
で、こんなものに変身。

ちなみに元の着物をそのままで袖だけつけたのかしらん?と思われる方もいらっしゃるかもわかりませんが、前の合わせがないように、着物は全部ほどいて反物に戻し、きれいに洗ってからこの形に縫っています。

後ろ後ろ姿はこんな感じ。
後ろから見た人はちょっと大きめの羽織を着ていると思われるかも

模様
地模様はこんな模様です。
光の加減で模様や布の様子が見え方変わるのがこの布の特徴であり、素敵なところです。

さんご
一見真っ黒なので、アクセントにサンゴ玉の飾りをつけました。
赤いのがサンゴ。これも骨董市で購入。
周囲の黒いのはプラスチックビーズです。サンゴがえらく重いので、少しでも軽くしようと軽いものをチョイス。脱ぎ着するために片側はフックをつけて簡単にはずせるようにしてます。

裏裏地。

こちらも元は着物です。
昔の着物の裏が紅絹だったのがおしゃれだな~と思って、黒に朱を合わせてみました。
それにこの裏の布は非常に柔らかくて肌触りが良いし、保温性も高まるので全体に裏地として使っています。

これを作った頃は、いかにも着物リメイクの洋服だとわかるものを作っていました。
この服なんかがその典型。一般的な洋服とはかなり違うので、作ってはみたものの、普段に街を着て歩くのは目立つから結局歌舞伎見に行くときだけ登場する「衣装」になってたりします。
このコートも着たのは今回で二回目。一回目も歌舞伎見物で着て、そのまま箪笥に。そのまんま永遠にタンスの中ではいかん!と今回引っ張り出してみたわけです。

利用頻度は低いけど、こういうのって作ってる過程が楽しいんですよね~。
創作意欲がめらめら燃えます。

平面
平面に置いてみるとこうなります。
ね。洋服です。一応。

新春浅草歌舞伎には「梅と末広がりの扇」の模様の帯リメイクの襟と「花車」模様のこのコートを着て行ったのは先日お伝えしたとおりです。するとなんと、お芝居の中に出てくる花魁のかまぼこ帯(おいらんが体の前に垂らす形で着用している豪華な帯)の模様も「梅」「扇」「花車」そして「ツル」でした。
自分では気づかなかったけど、イヤホンガイドの解説で帯の模様の解説があり、「お正月を祝う気持ちがこの帯に表現されています」とのこと。
おお~!奇遇!と驚きました。
べてぃは着物についての知識なんてほとんどないのにね。
たまたま12月の世田谷ボロ市で、梅と扇模様の帯が手に入ったのでそういう組み合わせになったわけですから、何だか正月早々、今年は当たるかも....って、何が当たるのかは?ですけど、ちょっと嬉しかった浅草歌舞伎でした。宝くじ買ってみるか?はは。



スポンサーサイト
2013/01/22(Tue) | ちくちくお裁縫2013 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/637-6a4472ef
前のページ ホームに戻る  次のページ