ベランダの玉ねぎ、みょうが ぐいぐい
玉
野菜たちの成長が加速度ついています。
種から育てて、菜園に植えた残りの苗をヘチマの後のプランターに植えた玉ねぎはただ今こんな感じ。
苗が沢山余ったので、密植してペコロスにしようと思って植えたものです。
密植度も日当たりも同じ条件のはずなのに玉の大きさがかなり違う状態。何故?
一番大きい子がこれ。ちょうどスーパーで売ってる大き目ペコロスのサイズかな。まだ成長中なので、大き目に育った玉から収穫して食べることにします。
新玉ねぎ、おいしい~。

ベランダの子がこんなに育っているのに、肝心な菜園の玉ねぎは全然育たず。
同じ種袋から育てた苗なのに。マルチ張らずに育てたから、やはりこの冬は寒かったからだと思います。霜柱のせいで根っこ浮いちゃったりしてどんどん数が減って行って、今まで残った子も玉はごく小さいから苗が痛んじゃったのに違いないです。やはりマルチが必要でしたね。

残り物苗、最後に残っちゃって捨てるのも勿体ないよね....と、ダメもとで土が3,4センチしか入ってない、何か花が植えてあった後の土に突っ込んでおいたものも、ちゃんと玉ねぎになりました。

玉ねぎ栽培は菜園の方でもあまり回数経験がなく、プランター栽培は初めて。プランターで育つのかなぁ??と思ってましたが、結構強いし簡単のようです。こんなに少ない土でもちゃんと育つとは。得した感じ。
でもま、玉は超ミニですけどね。これは2センチぐらい。

みょうが
こちらはミョウガのプランター。
葉っぱ青々。毎日どんどん成長中。
mint
去年の春植えたローズマリー、ミント、タイムの寄せ植えは冬をちゃんと越えました。
この鉢にもこぼれ種で生えたカスミソウがいっぱい。
お料理にちょっとあると便利な3種類のハーブ。他の植物を駆逐してどんどん成長するミントを同じ鉢に植えると、他の子がダメになるか?と思いつつも、それぞれ別の鉢にするほど沢山必要ないものなので、ま、良いか~と寄せ植えにしたもの。とりあえず1年は全員生存。今年はカスミソウまで参戦して、さてどうなるか?この中で一番弱そうなのはタイムです。
富士山
そして今朝の富士山。
もうべてぃの家から富士山が見えるシーズンは終わり...と先日書いたばかりですが、昨日、今日とくっきり。
スポンサーサイト
2013/05/08(Wed) | ベランダガーデン2013 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/697-28f00526
前のページ ホームに戻る  次のページ