穴窯で焼いた酒器 と 食用ホウズキ
額縁
夏野菜の変化が激しい季節なので、どうしても話題が野菜に偏ってしまってます。
でもお裁縫も陶芸も変わらずやっているので、しばらく書いてなかった間に幾つかお皿が焼き上がりました。
写真は新しいお皿。
このスタイルは額縁皿というのだそうです。平面に縁つけて、底はちょこっと5ミリぐらいの足つきです。
本当は黒地に真ん中緑の丸の日の丸旗みたいなお皿にするつもりで絵具と釉薬に工夫してみたのですが、どうやらイメージどおりに仕上げるには白い土を使わねばならなかったようなのに土の色が濃かったようで、見事失敗。でもま、窯変の出る釉薬を使ったので微妙な模様が出て、予定とは全然違うけど自分の好み的には悪くないものに完成しました。
このサイズの平らのお皿は初めて作ったのですけど、結構便利です。

のってるのはミニトマトと食用ホウズキ。
ホウズキは甘酸っぱい、他に似た味のものがないフルーツ?野菜?です。去年育てて美味しかったので、今年も。ただ今毎日収穫あり。
左
そして年に一度の穴窯焼きの作品、今年は日本酒を入れる片口をつくりました。
杯の方は去年の穴窯作品です。
先生に去年と同じく使うのは「備前の土」と言われたので同じような焼き上がりになるのかと思っていましたが、備前の土と言ってもブレンドが違うようで、去年の作品は金粉飛ばしたのか?という感じの模様が出ましたが、今年はそれはなくて、もっと黒っぽい焼き上がり。
片口はべてぃの手で持って親指が引っかかる場所に凹みをつけてみました。
右
右側はへこみなし。
ちょうど日本酒一合入るサイズに焼き上がりました。
暑い夏の夕ご飯のお供はビールと冷酒。活躍してます。

スポンサーサイト
2013/07/12(Fri) | 陶芸 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

使いやすそうな方口と杯です。
これで今年の夏はばっちりですね・・・
by: くろうさぎ * 2013/07/16 12:25 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

くろうさぎ様:
 ありがとうございます。陶芸上級者のくろうさぎさんに見ていただくようなものではないのですが、自分でつくったものの記録のために始めたブログなので、一応のせてます。
片口、冷酒用に便利です。

by: かみたけべてぃ * 2013/07/20 15:28 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/726-05a36443
前のページ ホームに戻る  次のページ