反省を活かし....?
朝からずっとテレビにくぎ付け。原発の状況は刻々と深刻さを増しており、恐くてなりません。
このブログは自分の趣味や身の回りの発見を楽しくお伝えできたらと思って始めたもの。
こんな深刻な事態になってしまい、しばらく更新はやめようと思っていました。
ところがべてぃの帰宅難民の記事を読んでくださっている見知らぬ方がかなりいらっしゃるのに気付き、自分が体験したことをこういう形でお伝えするのにも意味があるのかも...と思い直し、ブログ再開することにしました。

しばらくはあの日のこと、そしてその後の状況や感じたことなと書いて行くつもりです。

べてぃは筋金入りの小心者です。
だから用心深い。
だからいつも荷物が多い。
東京に住むようになってからはハイヒールを履くのをやめました。出かけた先で万が一地震にあったりしても、歩いて帰れるように。そして数年前から災害時帰宅マップをバッグに入れています。
用心深すぎると、バカにされても来ました。今回もバカにされそうだけど、結果的にそうなって欲しい!真剣に思います。

実は今、岡山のウィークリーマンションでこれを書いています。
びっくりですよね。

震災3日後の月曜午前中の報道を見て急きょ決断。即、JRの駅ネット会員登録して新幹線の席を確保。大急ぎで荷づくりと冷蔵庫の食べ物を廃棄。ブレーカー落として東京のマンションを離れ、夕方の新幹線に乗って夜には岡山到着。

何故、岡山か?ここはべてぃが社会人としての第一歩を踏み出した懐かしの土地なんです。


震災翌日、土曜の午後に避難していた友人宅から帰宅。
帰宅当日は家の片づけで終了。
翌日曜はしばらく家にこもれるよう、お風呂やバケツ、災害用にと買っておいた折りたたみのビニールタンクなどに水を満杯にため、食糧、カセットコンロのボンベや電池など買い出しに。
カセットボンベは買い出しに来た人が多いらしく、一家族一セットのみしか買えなくなってましたが、在庫はまだ沢山ありました。食糧はどの店も普段どおりに豊富にあふれてました。
帰宅して手持ちの充電式電池も充電。
災害用の手まわし発電のラジオやふって発電する懐中電灯の動作確認OK。
念のためご飯も炊いておにぎりつくる。などなど。
籠城準備万端!

でもそんな活動をしながら原発のニュースを追って行くと、これはただ事ではない。
日曜の夜の時点では経過を見ているにすぎなかったのですが、月曜朝からこれはまずい...と小心者の血が騒ぐ。小心者というのは普段は決断力がないもんなんですね。
何か大きなことを決めるのには時間がかかる。

でも金曜の被災で学んだのは「初動がすべてを決める」。
ここで迷って時間を無駄にしちゃいかんと自分を奮い立たせて、無駄になったら幸い!と、突然決意しました。

今も関東の方はほとんどが通勤に苦労し、生活も不便な中で頑張っていらっしゃいます。
こんな記事を書くべきではないかとも思いました。
べてぃは会社員ではありません。
つい最近、お友達に声かけてもらって、週に一度か二度、ある職場のお手伝いするようになったばかりでした。それがあるので東京離れるわけにはいけないと思っていたのですが、そちらの職場はしばらく休業とのこと。

こんな非常事態に東京にいても何かのお役にたつ能力もないくせに消費は一人前。電気だって水だって食糧だって消費します。
そういう身は東京から出てしまうこと自体が最大の貢献ではないか?と思い、こういう行動に至りました。ただ今べてぃの家は消費電力ゼロです。

勿論、その前に単純に東京にいるのが怖かったから...。
べてぃは田舎生まれなので、新宿のあのものすごい人の群れの中で帰宅難民になり、都市で被災するということの怖さを痛感しました。災害自体恐いけど、面積あたりにあまりに沢山の人が集まっている恐さが重なる。
すみません。小心者と笑ってください。


移動の荷物はホンマに重かった。何故なら旅行の荷物に加えて、なんと寝袋、水、食糧持参だったから。
はぁ??と思われたことでしょう。ね、小心者の行動はこうだからバカにされる。

原発の放射能汚染のこともあるけど、べてぃが一番恐れていたのは、今回の地震が他の大きな地震を誘発するんじゃないかということ。地球は一つの球。ニュージーランドの震災直後の今回の件は全く無縁とは思えないのです。論理的説明は全くできないけど。純粋文系頭。

最悪なのは住み慣れた自宅を離れ、移動の途中で大きな地震で見知らぬ土地で避難民になること。なにせ東海道新幹線は大地震が来る来るとずっと言われている地域を走る。小心者は想像力の塊。なので持ってきた荷物の多くは避難グッズで、着るものなんかほんのちょこっとだけ。自宅にいた方が良いんじゃないか?というのは最後まで相当迷いました。

京都に着いた時は心底ほっとしました。
そして岡山に到着。ホンマに嬉しかった。

ホテルに二泊。ウィークリーマンションをいくつか下見して、当面の住所を決定。
昨日の夕方から六畳一間の生活が始まりました。
先のことは全く未定です。
社会人としてスタートしたこの土地で六畳一間という大学生のような生活をする。何だか不思議な感じ。
原点に戻れと言われているのか?

岡山のテレビもずっと震災のニュースです。
財政難の岡山市も一億円の義援金を決定。街ゆく人のインタビューでも「節電してます」という人沢山。
でも残念ながら、東西日本はヘルツ数が違うから、西の余剰電力はほとんど東に送ることはできないらしいです。
明治時代の(でしたよね?)制度をそのままにしてきたのが悔やまれます。
でも気持ちだけでも...ということで、べてぃもエアコンつけず、寝袋かぶってこれ書いてます。
持ってきた甲斐があった。
今日は岡山も寒いのです。今さっき雪が舞っていました。でも東北はもっともっと寒い。

日本人全員が一丸となってこの難局を乗り切らねば。









スポンサーサイト
2011/03/16(Wed) | 東日本大震災  | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
コメント
----

私も小心者です。べでぃさんの心理、とてもよくわかります。そして、反省をきちんと活かして行動につなげた、さすが!! 岡山から冷静な視点で発信してください。
by: yuderakka * 2011/03/18 07:10 * URL [ 編集] | page top↑
----

岡山生活、どうですか~?
せっかくやし、楽しんでね~。
なんかええやん、6畳一間!
by: お針子 * 2011/03/18 08:56 * URL [ 編集] | page top↑
--六畳一間、ちょっと古い畳生活--

にも馴染み始めました。必要最低限物資も大体手に入ったし。でも楽しむところには全く至らないなぁ。
毎日テレビに釘付け。
東京は不便な生活だよね。食糧が消えた映像とか見て驚きました。でもyuderakkaさんもお針子さんもしっかりしてるから準備万端だろうから大丈夫だよね。それに高層マンション住まいじゃなくて良かった。停電可能性があると、階段で上がり降りになるよね。寒い中での停電は辛い。
体調管理、気をつけてください。
by: べてぃ * 2011/03/18 12:35 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/73-1a95b5f6
前のページ ホームに戻る  次のページ