受粉してないのに実になるズッキーニの不思議
マラカス
妙な形のこれはズッキーニ。
何かに似てる?...べてぃのデータにある中で一番近いのはマラカスです。チャチャチャ。

今年は苗で買ってきて菜園に植えた二株のズッキーニの内、一つは最初から茎が伸びない病気でした。それでも収穫3本できたけど、そこで終了。もう一株は6本収穫したところで終了。去年は二株の内、一株からは15本、もう一株からは5本の収穫だったことを考えるとえらく収穫少ないです。
ということで、今年はもしかすると行けるのかも?とズッキーニの二期作に挑戦中。

ただ今菜園に一株、そしてベランダに一株、種から育てて6月23日に移植した子が育っています。
マラカスズッキーニはベランダで育った子の第一子なんです。
それにしても何でこんな変な形なんでしょう...。

全体
ベランダの隅の鉢はただ今こんな感じ。
東京の気候だと、例年ゴールデンウィークに苗を植え付け、7月中旬ぐらいまでのまだ夏とは言っても最高気温には達しない時期に実をつけるズッキーニ。猛暑の続く最近の東京の真夏を乗り切れるのか?と疑問持ちつつも植えてみたら、結構立派になりました。
最初は雄花ばっかりだったのに、ここのところまとめて雌花が開花。
でも不思議なことがあるのですよ。
実
実は一番手前の実はアサイチで雄花、雌花そろって見事に開花していたのでべてぃが人工授粉したものです。ちゃんと受粉は成功したらしく、つやつやの実が毎日驚くほどの成長ぶりをみせています。
ところが後ろの二つの実はまだ花が咲いてないんです。
咲いてないということは受粉してないってことのはず。なのにえらく花の元にある実のもとが大きいんです。まだ花が青い時から日に日に大きくなるのが気になってました。そして花全体が黄色く膨らんで来て(写真の日)、明日の朝は咲くのね~と思ってましたが、咲く気配ないまま花はしぼんでいって、その結果
未受粉?
雌しべはこんなことに。
今まで受粉せずにしぼんで行った雌花は沢山目にしましたが、こんなに大きくなってるのも初めてです。べてぃの指と比べてもらえばわかるように、スーパーで売ってるサイズの太さです。なんで?普通は雌花の元についてるのは1センチ直径ぐらいなのに。受粉もしてないのに雌花がえらく大きくなるこの現象...不思議です。

実は最初の写真のマラカスは雄花が咲いてない時に開花。あ~ぁ、こりゃ実にならないね、残念、と思っていたのに気が付いたら巨大な実になっていてびっくりしたものです。どこかからズッキーニの花粉を持ってやって来てくれた親切な虫さんがいたのかも~と単純に喜んでました。でももしかするとマラカスは受粉しないまま巨大になったものだったのかも。調理してみたら普通のズッキーニのように柔らかくならず、食べられるけどしゃきしゃきした歯ごたえのままでした。お味もイマイチ。

そう。最近になって気づいたのですが、一株しかない環境では受粉が難しいのですよ。キュウリやゴーヤのように沢山花の咲くものはベランダに一株でも大丈夫なのですが、なにせズッキーニはそれほど沢山花は咲かず、それに雄雌開花の時期がそろうとは限らないのです。シーズンだと、市民農園ならかなりの数の人が植えているので虫さんの仕事で自然受粉も簡単なのですけど、このシーズンには他の区画にズッキーニの姿はなし。残念。
なのでベランダと菜園、どちらかで雄花が咲くと都合しあって人工受粉してるのですけど、なかなかうまく行きません。
巨大
受粉した子はこんなに巨大に。
今日収穫の予定です。右側に見えるのは受粉してない子。もしかすると未受粉のまま、マラカス二号になるのかも?と思ってそのまま置いてあります。さてどうなるか?
もし未受粉のまま実がなるとすると...このズッキーニは聖母マリア?...ひぇ~。もっと大切にしなくちゃ。
スポンサーサイト
2013/08/06(Tue) | ベランダガーデン2013 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/737-1ab3a18c
前のページ ホームに戻る  次のページ