不断草の根、そして巨大カエルに腰抜かしそうでした
苗
ベランダで種から育てた不断草(スイスチャード)は菜園の土づくりが遅かったのでこんなに大きくなっちゃいました。ポットから抜いてみると根っこはぐるぐる巻き。ちゃんと根付いてくれるかなぁ~と不安に思いながら植え付けしようとすると....
根
不思議なことを発見。
写真ではわかりにくいかも....でも肉眼で見るとこの根っこは鮮やかなピンクです。茎の延長。
これって珍しいです。根っこは基本的に白です。太陽光の当たらぬ土の中にいるから白なんだろうと思ってましたけど、同じように土の中なのにこの根っこはピンク。まぁ茎が緑以外のカラーの野菜自体が珍しいのですけどね。
そういえばホウレンソウの根も赤いです。葉っぱは緑だけど。
不断草とホウレンソウは同じアカザ科の仲間。アカザ科の根っこは赤い??あ、でもオカヒジキもアカザ科ですが、確か根っこは赤じゃなかったはずです。むむむ、よくわからない。

そして今日の本題はこちら。カエル話です。
カエルが怖い人はここから先は見ない方が良いかも...。

台風18号は関東直撃ということでかなり身構えてましたが、意外や意外、べてぃの住んでいるあたりは雨はかなり降ったものの強風は短時間で済みました。おかげで菜園の被害も少なくて済んでほっとしました。
菜園の被害はトマトの支柱が微妙に傾いたことと、背の高くなった万願寺唐辛子が傾いたこと、そして支柱などしてない空芯菜が倒れちゃったことぐらい。
あ~あ、空芯菜が倒れちゃって...と通路に倒れ込んでる葉っぱをどけてみて、腰ぬかしそうでした。
理由はこれ。
カエル
か、かえる~。それも特大。
頭からお尻まで10センチは充分あります。それも肉付き良し。腕なんてべてぃの指ぐらいの太さ。
ひぇ~。小さいアマガエルぐらいなら子供の時、つかまえて遊んだことあるけど、食用になりそうなこんな巨大なカエルにお目にかかったのは初めてです。怖い~。
どこからやってきたのでしょう?市民農園始めて以来、カエルにお目にかかるのは初めてです。小さいのも見たことありません。
ここまで大きいというと、近くに住んでたのが台風に驚いて移動してきたとか?むむむ。別に害はないけど、居つかれると菜園に行くたびにぎょっとするのでどこかに行ってくれないかと、支柱で突っついてみると....「きゅ~」という声が。え、カエルってきゅ~って可愛い声出して鳴くんだ!!??
ぐわぐわ とか げろげろ とかだと思ってました。こんなおっさんカエル(え、もしかすると乙女だったりする?)がよもや きゅ~ とか弱々しげに可愛く鳴くとは予想外。

そして支柱を通して手に伝わってくる重量感はハンパない。その重量感とぶるぶる感が...う。気持ち悪いぞ。
何回か突っつくと、きゅーきゅー言いながらのそのそ移動。でも...
でかい
本人は隠れたつもりなのかも知れませんが、完全に頭隠して尻隠さず。
ニラの株と株の間に頭突っ込んだままフリーズ。

むむむ。
結局しばらく観察してても動く気配はないので、そのまま置いて帰ってしまったわけですが、後で考えるとスコップにのせて近所の林にでも連れて行けば良かったかも。う~ん。次に行くのが怖い...ま、ヘビじゃなくて良かった。もしこれがヘビだったら、世の中で一番怖いのはヘビであるべてぃはきっとPTSDで(大袈裟)二度と畑仕事できない体になっちゃいそうです。

虫動物全般に詳しいお友達に写真送ってみると、「ヒキガエルだね」という答えが返って来ました。
ヒキガエルってこんなに大きくなるんだ。
カエル突っついて観察するなんて、何十年ぶりの体験。畑仕事してると都会暮らしではあまり体験しないことに出くわします。
スポンサーサイト
2013/09/20(Fri) | 菜園は今 2013 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/755-d3e1ccab
前のページ ホームに戻る  次のページ