お気に入りのニットシャツを分解して型紙化→同じものを作ってみました
分解
もう10年ぐらい着た薄手ニットのシャツです。
何でもない普通の形なのですが、着るとすっきり見えて愛用していました。しかし何せお気に入りのものは登場回数も多く、元々が化繊混紡の素材なのでよれよれ。毛玉も気になるので何度か毛玉取りをしたりして生きながらえていたのですけど、流石にもう今シーズンはあきらめようと決意しました。
こういうシャツも市販のもので自分にぴったり、何故かスタイルが良く見える...みたいなものに出会えるのは数少ないです。そこで思ったことは「そうだ!分解して型をとって同じものを作ればよいじゃ~ん!!」なんでこんな簡単なことに早く気づかなかったのか。毎年、よれよれして来てるけど同じのは売ってないから...と目をつぶって着て来たのですよ。

で、分解した姿がうえの写真です。
型紙とるための分解なので、袖は片方だけ平面化。
ほぉ~。こうなってたんだ。
肩
分解して平面に戻してみると、色々と気づきがあります。
プロの方なら完成品見ただけでこの程度のことはわかるのでしょうが、何せ素人は平面にしてみてわかることが多いです。
たとえば肩山が結構高いなぁ...そして袖幅は細いんだ...そして最も特徴的なのは身頃の肩の部分。
写真左が後ろ身頃の肩、右が前身頃の肩。それに袖がついていました。
多くの服は後ろ前の身頃が肩の頂点で合体されていますが、このシャツは後ろ身頃が肩の頂点を越えて前に到達。その分前身頃の面積が狭くなっています。
肩
これが完成したコピーのシャツの肩部分。
ほぉ~。なるほど。だからすっきり見えてたんだ!と納得。
実はべてぃは背が低いのに結構肩が立派なんです。着るものに気を付けないと肩部分がごっつく見えます。ほんのちょっとの違いなのですが、こうやって肩線が前にきていることで、目の錯覚でなで肩風に見える+体の面積が小さく見える、で、ちょこっと華奢に見えるのではないかと思います。
襟ぐり
そしてもう一つ、分解してみたからこそわかったテクニックはこれ。
ニット布の襟ぐり始末は普通、バインディングと言って身頃と同じ布を紐状にしたものでくるんで、上からステッチかけて処理します。でもこれが難しいのですよ。カーブしている襟ぐりに張った伸びる生地の細い紐の上を
紐から落ちないように、端から同じ幅のところを縫うは至難の業。べてぃは未だに完璧にきれいに縫えたことがありません。バインディング処理でなければ見返しをつけて処理。どちらも綺麗に仕上げるのはテクニックが必要なんです。

でもこのシャツの襟ぐりの処理はこんなに簡単でした。
ただ縫い代を内側に折って端をミシンで身頃にとめるだけ....おお~!伸び止めテープすら張ってないです。
こう書いてしまうと何が珍しいのか???と思われると思いますが、直線じゃないカーブの襟ぐりをこんな簡単な処理で終えてしまおうという発想というか、思い切りはなかなかすごいです。もしかすると高級品じゃないから、手順を減らすための苦肉のアイディアかも。
でもこれで大丈夫なんだ!ということがわかっただけでも素人的にはかなりの発見です。この状態で10年も着続けても別段変形したり外れてきたりもしなかったわけなので、この程度のカーブならこの超簡単仕上げで十分なのであるということがわかりました。
なるほどなるほど。
べてぃ的にはかなりの発見なので、勿論、コピーした服の襟ぐり処理はこれで。縫い代は伸ばしながらアイロンかけて端をロックミシンで処理し縫い代と身頃をミシンで合体して一丁上がりです。バインディングに苦労してミシンかけてもきれいに出来たためしがないのですが、これなら簡単。きれいにできました。
完成
完成形がこれ。
元のものより丈だけ長くしてみました。他は元のものをコピーです。
素人がお裁縫する上で一番困難なのは型紙づくりです。教室通って色々縫って見ると、縫う上でのテクニックもとてつもなく奥深いものがあり、学べば学ぶほど縫うということにも困難さを感じるわけですが、お裁縫の入り口で一番困難を感じるのはやはり型紙だと思います。本についてくるものはそのまま使ってもなかなかぴったりのものはないんですよね。なので着古した自分の体にぴったりの服があったら、分解して型紙にするという手はあると思います。ただ長いこと着た服は体の立体に合わせて平面じゃなくなってたりするので、伸びた部分の寸法を適宜修正したりするテクニックは必要になりますが。
今度は古くなったパンツもやってみようかな...。
スポンサーサイト
2013/11/23(Sat) | ちくちくお裁縫2013 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

気にいってたものが、なんとなくしっくりいかなくなったり。ちょうどいいのはだんだん傷んできたり。
こんな時べてぃさんは自分で作れる。いいなあ~
分解してみるってのが、いいですね
とっても着やすそうです◎。
by: くろうさぎ * 2013/11/26 22:46 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

くろうさぎ様:簡単な服を縫うのはやってみると意外に簡単だったりしますよ。
最大のハードルは型紙なので、ご興味おありなら、手持ちの服の分解→型紙化はお勧めです。
by: かみたけべてぃ * 2013/11/29 15:01 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/780-e2708ad9
前のページ ホームに戻る  次のページ