今年最後の皿、カップ焼き上がりました
内
今年最後の窯で焼きあがったカップです。
実は右の黒い方は数年前に焼いた愛用品です。超気に入りで毎朝コーヒー飲むのに使っていたら、ある日突然、取っ手がぽろっととれました。あらら~。残念。
そこで同じものを作ってみようと思って作ったのが左側です。
土も釉薬も同じ、サイズも同じになるように縮み率を計算してつくったのに、サイズも色もこんなに違う出来上がりになっちゃいました。
外
赤土に黒マットをかけた上に刷毛で白萩という薬で模様を描いたものです。
刷毛目までマネしてみたのですが、どうやら焼いている間に縦にずいぶん縮んだようで、そのせいでサイズも違い、色味も違う出来上がりになってようです。もしかすると白萩の量が多かったのが原因かも。

こういうところが陶芸の面白いところでもあり、難しいところでもあります。
思ったようには絶対ならない。逆に思いもかけない出来上がりになったりもします。
旅館とかで使われている大量のおそろいの陶器がサイズも形も色も全く同じなのはものすご~く不思議。でもあれもきっと焼いた回が違うと微妙に違ってるはずです。
垂れる
思ったのとは違いますが、この内側の模様は火の神様のプレゼントです。カップの中にオーロラが。
皿に
そして取っ手がとれてしまった方は取っ手がついていた部分をグラインダーで削って、削りあとに釉薬をのせ、再度焼いてもらうことで取っ手なしのお皿としてリメイクしました。よく見ると取っ手の痕が残ってはいますが、自分で使うのなら気にしなければ良しです。
もう一度焼いて皿にリメイクするというのは先生のアイディア。一度焼いて、破損したものをもう一度釉薬のせて焼くことができるということを今回初めて知りました。気に入ってる器ならやる価値ありです。
小皿
あと二枚、これも今回焼きあがったものです。
模様
裏に型押ししてみました。
もりつけ
晩酌のツマミはちょこっとずつ色んなものを食べたい!そんな気持ちで作ってみました。
中に盛られてるのはセブンイレブンの豆サラダとスーパーで買った蕪漬けなんですけどね。器には手をかけてるのに料理は手抜きです。はは。
スポンサーサイト
2013/12/25(Wed) | 陶芸 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
コメント
----

こんにちは~
同じ土に同じ釉薬とは思えない、偶然の色模様。
素敵に仕上がりましたね。
オーロラ模様がいいですね・・・
つまみの量と品でべてぃさんの呑み助度がわかります。私と同じにおいがしますよ・・・(笑)
よい年をお迎えください。
by: くろうさぎ * 2013/12/26 12:47 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

くろうさぎ様:陶芸をされているくろうさぎさんにお褒めいただくなんて、嬉しいです。まん丸とか全体真っ白とかのきちんとしたものじゃなくて、色も形もどこか へろへろ~っと揺らぎのあるものが好みなので、このカップの感じは気に入ってます。自分の腕の結果じゃないですけどね。

つまみの量と品で呑み助度がわかる...わかるところが呑みの経験値が多い感じで親近感を感じます。仲間仲間(^^)
くろうさぎさんも良いお年をお迎えください!!
by: かみたけべてぃ * 2013/12/26 18:35 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bettykam.blog129.fc2.com/tb.php/790-11fe0f43
前のページ ホームに戻る  次のページ